検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ダウンロード、ログイン、インポート

G Suite Sync for Microsoft Outlook をインストールする

G Suite Sync for Microsoft Outlook®(GSSMO)は、Outlook を使い続けながら G Suite アカウントや G Suite for Education アカウントを管理するための、Microsoft Outlook 向けプラグインです。 GSSMO により、Outlook の Google プロファイルとクラウドの G Suite アカウントとの間でメール、連絡先、予定表の予定、Outlook のメモ、仕事の同期が可能になります。そのため、どちらのインターフェースからも、いつでも同じ情報にアクセスできます。

GSSMO でサポートされる Windows および Microsoft Outlook のバージョンをご確認ください。

 

  1. ウェブで G Suite アカウントにまだ一度もログインしていない場合は、ログインして Google の利用規約に同意してください。
  2. 次のいずれかの方法で、Outlook を実行するパソコンに GSSMO をインストールしてください。 GSSMO をインストールすると G Suite Migration for Microsoft Outlook もインストールされ、Outlook データを G Suite に読み込めるようになります(さらに多くの機能が実装される予定です)。

    各自で GSSMO をダウンロードする場合
    1. ドメインの管理者である場合は、Google 管理コンソールでドメインに対して GSSMO を有効にします。詳しくは、要件と設定についてのページをご覧ください。ドメインの管理者でない場合、既に設定済みであると考えられるためこの手順は省略してください
    2. GSSMO ダウンロード ページにアクセスし、記載されているシステム要件を十分にご確認ください。インストールを続行する前に、ご使用のバージョンの Outlook や Windows に必要な更新プログラムをすべてインストールしてください。
    3. 上記と同じダウンロード ページで、大きなダウンロード ボタンをクリックし、 GSSMO をダウンロードしてインストールします。
    管理者がユーザーの代わりにダウンロードする場合

    大規模な組織の場合、管理者がユーザーの代わりにインストール ファイルを準備する場合もあります。この場合、下記に従ってインストールしてください。

    1. Windows の [コントロール パネル] の [SCCM プログラム ウィザードの実行] を開きます。プログラムの一覧から [ GSSMO] を選択し、[実行] をクリックして GSSMO をインストールします。
    2. Windows の [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を開きます。次に、[ GSSMO] > [Set up a GSSMO user] を選択します。

インストール後、G Suite アカウントにログインするよう求められます。次に進むには矢印をクリックします。