ユーザーとデバイスのコンテキスト情報に基づいて、アプリへのアクセスを制御する

コンテキストアウェア アクセスのログイベント

セキュリティ調査ツール
この機能に対応しているエディション: Enterprise Plus、Education Plus

組織の管理者は、セキュリティ調査ツールを使用して、コンテキストアウェア アクセスのログイベントに関連する検索を実行し、その結果に応じて操作を行うことができます。調査ツールでは、アプリへのアクセスが拒否された場合のトラブルシューティング方法を確認できます。通常、ユーザーのアクセスが拒否されてから 1 時間以内に、エントリが表示されます。

詳しくは、コンテキストアウェア アクセスの概要をご覧ください。

セキュリティ調査ツールへのアクセス

  • セキュリティ調査ツールには Google Workspace のプレミアム エディション(Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus) が必要です。
  • Chrome ブラウザを使用して、インストールした Google アプリ(Gmail など)のログにアクセスできます。
  • 調査ツールで検索を実行できるかどうかは、ご利用の Google エディション管理者権限データソースによって決まります。調査ツールで特定のデータソースを検索できない場合は、代わりに監査と調査のページをご利用ください。
  • ユーザーが使用している Google エディションに関係なく、すべてのユーザーに対して調査ツールで検索を実行できます。

コンテキストアウェア アクセスのログイベントを検索する

調査ツールで検索を実行するには、まずデータソースを選択します。次に、検索のための条件を 1 つ以上選択します。条件ごとに属性、演算子、値を選択します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

    Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページの左側にある [セキュリティ] 次に [セキュリティ センター] 次に [調査ツール] をクリックします。
  3. [ データソース] をクリック 次に [ コンテキストアウェア アクセスのログイベント] を選択します。
  4. [条件を追加] をクリックします。
    : 1 つ以上の条件を指定して検索できます。また、2〜3 階層の条件を含むネストされたクエリを使用して、検索をカスタマイズすることもできます(詳しくは、ネストされたクエリで検索をカスタマイズするをご覧ください)。
  5. [属性] をクリック 次に 属性(アクター日付など)を選択します。コンテキストアウェア アクセス ログイベントで使用できる属性の完全なリストについては、下記の属性の説明をご覧ください。
    注: 調査ツールでの検索は、期間の範囲を絞り込むほど結果表示までの時間が短くなります。たとえば、検索を過去 1 週間で発生したイベントに絞り込むと、クエリの対象期間を短くせずに検索した場合よりも速く結果が表示されます。
  6. 演算子を選択します([次に一致]、[次に一致しない]、[次の文字を含む]、[次の文字を含まない] など)。
  7. 属性の値を選択または入力します。属性によってはリストから選択する場合もあれば、値を入力する場合もあります。
  8. (省略可)複数の検索条件を指定するには、手順 4〜7 を繰り返します。
  9. [検索] をクリックします。
    調査ツールの検索結果は、ページ下部の表に示されます。
  10. (省略可)検索を保存するには、調査を保存アイコン をクリック 次に タイトルと説明を入力 次に [保存] をクリックします。

注:

  • [条件作成ツール] タブでは、フィルタ条件を AND/OR 演算子で表します。[フィルタ] タブを使用して、シンプルなパラメータと値のペアを含め、検索結果をフィルタリングすることもできます。
  • ユーザーの名前を変更すると、以前の名前のクエリ結果が表示されなくなります。たとえば、名前を OldName@example.com から NewName@example.com に変更した場合、OldName@example.com に関連するイベントの結果は表示されません。

属性の説明

このデータソースでは、ログイベント データの検索時に次の属性を使用できます。

属性 説明
設定者 操作を行ったユーザーのメールアドレス
アクター グループ名

アクター グループの名前。詳しくは、Google グループで結果をフィルタするをご覧ください。

フィルタ グループの許可リストにグループを追加するには:

  1. [アクター グループ名] を選択します。
  2. [フィルタ グループ] をクリックします。
    [フィルタ グループ] ページが表示されます。
  3. [グループの追加] をクリックします。
  4. グループ名またはメールアドレスの最初の数文字を入力してグループを検索します。目的のグループが表示されたら、そのグループを選択します。
  5. (省略可)別のグループを追加するには、グループを検索して選択します。
  6. グループの選択が完了したら、[追加] をクリックします。
  7. (省略可)グループを削除するには、 をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
アクターの組織部門 アクターの組織部門
アプリケーション 以下のいずれかが表示されます。
  • ユーザーのアクセスが拒否されたアプリケーション
  • (API アクセスの場合)ブロックされた API へのアクセスを試みた呼び出し元アプリケーション。
ブロックされた API アクセス ユーザーのアクセスが拒否されたアプリケーションの API。API アクセスの場合、呼び出し元アプリケーションのアクセスがブロックされた API。
日付 イベントの発生日時(使用しているブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)
デバイス ID デバイスの ID(管理コンソールのホームページ 次に [デバイス] に表示される)
端末の状態 このアクセスの実行に使用されたデバイスの状態(例: 通常、同期されていない(最新でないまたは古い)、組織横断(デバイスが自分の組織に属していない)
イベント 記録されたイベント アクション:
  • アクセスが拒否されました - リストに記載されているアプリケーションについて、リストに記載されているユーザー(アクター)にアクセスが拒否されました。
  • アクセスが拒否されました(モニターモード) - アクセスレベルがアクティブ モードであった場合に、アクセスがいつ拒否されるかを示します。コンテキストアウェア アクセスを実装するをご覧ください。
  • アクセス拒否の内部エラー - 適用サーバーに問題があるため、ポリシーを適用できませんでした(アクセスが拒否されました)。
IP アドレス アクターの IP アドレス
アクティビティ ルールを作成し、アラートを設定する
  • レポートルールを使用して、ログイベント データに基づいてアラートを設定できます。手順については、レポートルールの作成と管理をご覧ください。
  • この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

    アクティビティ ルールを作成すると、セキュリティ調査ツールのアクションを自動化してセキュリティの問題を効率的に防止、検出、修正することができます。ルールを設定するには、ルールの条件と、その条件が満たされたときに実行する操作を指定します。詳細と設定手順については、アクティビティ ルールを作成、管理するをご確認ください。

検索結果に基づいて対応する

この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

セキュリティ調査ツールでの検索後、その結果に基づいて対応方法を選ぶことができます。たとえば、Gmail のログイベントに基づいて検索した後、セキュリティ調査ツールを使用して特定のメールを削除したり、メールを検疫に送ったり、ユーザーの受信ボックスにメールを送信したりできます。詳しくは、検索結果に基づいて対応するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー