コンテキスト アウェア アクセスの監査ログ

データを参照して、アプリへのユーザー アクセスをトラブルシューティング

組織の管理者は、コンテキストアウェア アクセスの監査ログを参照することで、ユーザーがアプリにアクセスできないときのトラブルシューティングを行えます。ユーザーのアクセスが拒否されてから通常 1 時間以内に、そのエントリがログに記録されます。

コンテキスト アウェア アクセスの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [監査ログ] 次に [コンテキストアウェア アクセス] をクリックします。
  4. (省略可)確認する項目をカスタマイズするには、右側にある「列を管理」アイコン "" をクリックし、表示または非表示にする列を選択して [保存] をクリックします。

表示できるデータ

データの種類 説明
イベントの説明 ユーザーがアプリへのアクセスを拒否されたなど、ログに記録された操作。
デバイス ID [デバイス管理] > [エンドポイントの確認] に表示されたデバイス ID。
アプリケーション ユーザーがアクセスを拒否されたアプリ。
適用済みのアクセスレベル ユーザーがアクセスしようとしたアプリに割り当てられているアクセスレベル。
IP アドレス ユーザーの IP アドレス。
イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)。

詳しくは、コンテキストアウェア アクセスの概要をご覧ください。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。