Gmail のメール コンテンツを閲覧する

管理者が調査の一環で Gmail のメール コンテンツを閲覧する必要がある場合は、調査ツールを使うことで、メールの検索とコンテンツの閲覧が可能です。

重要: Gmail のメール コンテンツを閲覧するには、特権管理者が調査ツールの設定を調整し、組織内の管理者がアクセスできるようにしておく必要があります。詳細と手順については、調査の設定を行うをご覧ください。

始める前に

Gmail のメール コンテンツを閲覧するには、コンテンツの詳細を表示する権限が必要です。詳しくは、調査ツールの管理者権限をご覧ください。

メール コンテンツを閲覧する

手順 1: 調査を開始する
  1. 調査ツールを使用するにはログインします。
  2. [データソース] リストから、[Gmail のメール] または [Gmail のログのイベント] を選択します。
  3. [条件を追加] をクリックします。
  4. メニューを使用して、閲覧するメールを検索します。詳しくは、調査ツール内で検索をカスタマイズするをご覧ください。
  5. [検索] をクリックします。
  6. 検索結果で、調査する Gmail のメールの件名またはメッセージ ID をクリックします。

メッセージ ヘッダーが表示されます。メールのコンテンツを閲覧するには、その理由を入力する必要があります(手順 2 を参照)。

手順 2: メールを閲覧する理由を入力する
  1. メッセージ ヘッダーの上部にある [メッセージ] をクリックします。
  2. メール コンテンツの閲覧が必要な理由を入力します。入力した理由は、管理コンソールの監査ログに記録されます。 
    ヒント: チケット番号や、メールの閲覧を弁護士が承認しているかどうかなど、重要な情報は必ず記載するようにしてください。
  3. [確認] をクリックします。
手順 3: メールを閲覧して対応する

メールを閲覧する理由を入力すると、そのコンテンツが表示されます。その後、メールに対して次のような対応を取ることができます。

  • メールを削除
  • 迷惑メールに分類
  • フィッシングに分類
  • 受信トレイに送信
  • 検疫に送信

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。