Google エンドポイント管理でパソコン版ドライブを使用する

サポート対象エディション: Frontline、Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic と Business。 エディションの比較

管理者は、組織にパソコン版 Google ドライブを導入する際に、パソコン版ドライブを使用するデバイスとパソコン版ドライブのインストールに関する情報を確認できます。パソコン版ドライブの使用を、会社で所有しているデバイスに限定することも可能です。

注:  パソコン版ドライブでデータの盗難を防ぐことはできません。ユーザーは、パソコン版ドライブから、別のハードドライブ パーティションのような保護されていない領域にデータをコピーすることが可能です。

デバイス上のパソコン版ドライブに関する情報を確認する

パソコン版ドライブのバージョン番号、最終同期日、デバイス上のオフライン データの量などの情報は、Google 管理コンソールのデバイスリストで確認できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [エンドポイント] をクリックします。
  4. パソコン版ドライブがインストールされているデバイスのみを表示するには、次の手順を実施します。
    1. デバイスリストの上部にある [フィルタを追加] をクリックします。
    2. [管理の種類] 次に [パソコン版ドライブ] 次に [適用] を選択します。
  5. あるデバイスのパソコン版ドライブの詳細を確認するには、そのデバイスをクリックして [パソコン版ドライブ] を探します。確認できるデバイス情報の種類については、ノートパソコンとデスクトップ パソコンのデバイス詳細情報を表示するをご覧ください。

パソコン版ドライブによる同期を会社所有のデバイスに制限する

要件: デバイスを会社所有デバイスのインベントリに登録する必要があります。インベントリにあるシリアル番号とデバイスのシリアル番号が一致しない場合、つまりデバイスがインベントリに登録されていない場合、そのデバイスでパソコン版ドライブを使用することはできません。

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [機能とアプリケーション] 次に[パソコン版 Google ドライブ] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [承認されたデバイスでのみパソコン版 Google ドライブの使用を許可する] をオンにします。
  6. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

個人(会社所有ではない)のデバイスにすでにパソコン版ドライブがインストールされている場合、デバイスの再起動か、パソコン版ドライブによるデバイスのコンプライアンス チェック(3 時間ごとに実施)のいずれかが行われると、パソコン版ドライブにアクセスできなくなります。

トラブルシューティング

「Google ドライブへのアクセスは、管理者が承認したデバイスに限定されています。」

パソコン版ドライブを使用しようとしたときに、このエラー メッセージが表示される場合は、以下の手順を実施してください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false