会議の品質と統計情報を確認する

Meet 品質管理ツール

この機能を使用するには、品質ダッシュボードの管理者権限が必要です。

Meet 品質管理ツールを使用すると、組織での Google Meet ビデオ会議で生じた問題に対応し、その根本原因を特定することができます。たとえば、ミーティング指標の概要の表示、ミーティングの検索やデバッグ、ネットワーク統計情報(ジッター、パケットロス、輻輳)、ネットワーク接続遅延(RTT)、マイクレベル、出力音声レベルの表示、システム(CPU)の統計情報の表示が可能です。

注: 品質管理ツールには過去 30 日間のデータが保存されています。詳しくは、データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

Meet 品質管理ツールを開く

IT 管理者

Meet 品質管理ツールにアクセスするには、適切な権限がある管理者アカウントにログインする必要があります。

Meet 品質管理ツールを開く

 

Google 管理コンソールからツールにアクセスするには、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] を開いて [Meet 品質管理ツール] をクリックします。すでにログインしている場合は、任意の管理ページの検索バーで会議コード、主催者、参加者を検索することもできます。

情報をフィルタし、ツールへアクセスを許可する

すべて開く  |  すべて閉じる

情報を表示して、データをフィルタする

各種ビュー

""

ミーティング ビュー

組織内のユーザーが主催または参加したミーティングが表示されます。

""

参加者ビュー 

ミーティングに参加した組織内のユーザーが表示されます。

""

Google ミーティング ルーム ハードウェア

ミーティングで使用された組織内の Google ミーティング ルーム ハードウェアが示されます。

 

 フィルタと並べ替え

データをフィルタして並べ替えることで、次のことを行えます。

  • ミーティングを検索する
  • 特定期間の会議室のデータを確認する
  • 特定の場所のデータを確認する
  • 問題のあるミーティングまたはデバイスを見つける
  • 特定の日に開催されたミーティングを見つける
  • 参加者が 50 人を超えたミーティングを見つける

データをフィルタするには:

  1. [フィルタを追加] をクリックします。
  2. リストからフィルタを選択します。
  3. フィルタの値を設定して [適用] をクリックします。
  4. (省略可)フィルタしたデータを並べ替えるには、列見出しをクリックします。

 概要バー

選択したビューに応じて、ミーティング、参加者、デバイスの統計情報が表示されます。

 ミーティング、参加者、デバイスの統計情報

統計情報 説明
長さ ミーティングの平均時間。
ミーティング ミーティングの総数。
参加者の接続回数 接続エンドポイントの総数
デバイスの接続回数 ミーティングで使用された Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスの総数。
ネットワークの輻輳 ネットワークの制約によりデバイスが高画質の動画を送信できなかった時間の割合。
パケットロス ネットワーク上で失われたパケットの割合。これには、クライアントから Google に送信されるパケットと、クライアントが Google から受信するパケットが含まれます。
ジッター クライアントと Google 間で送受信中のパケットの遅延変動。
フィードバックのスコア ミーティングの終了時にユーザーが付けた評価。

 

ミーティングの統計情報と詳細を確認する

予定に関する統計情報を確認するには:

  1. 左側にあるミーティング ビュー アイコン "" をクリックします。
  2. リストからミーティングをクリックすると、イベントのタイムラインなどのミーティングに関する詳細情報が表示されます。

表示 説明

ミーティング情報ビュー

ミーティングに関する情報。ミーティング コード、日付、ステータス、開始 / 終了 / 継続時間、主催者のメールアドレスなどが含まれます。録画された場合は、録画ステータスもここに表示されます。

参加者から届いたフィードバックの平均評価や、ライブ ストリーミングに関する情報も表示されます(情報がある場合)。ライブ ストリーミングの視聴数は、ユーザーがミーティングに参加して視聴するたびにカウントされます。たとえば、1 人のユーザーが参加と退出を繰り返せば、視聴数は複数回カウントされます。

注: サードパーティ デバイス(相互運用ゲートウェイ)から接続するユーザーによる画面共有フィードは、標準の画面共有フィードとは異なり、他の参加者には通常の動画フィードのように表示されます。

ミーティングの参加者ビュー

ミーティング参加者のリスト。進行中のミーティングについては、利用可能になった時点で詳細が更新されます。

ミーティング参加者が多い場合は、フィルタを追加して特定の参加者を見つけることができます。電話番号が同じでもエンドポイントが異なれば、別の参加者として表示されます。

参加者の名前をクリックすると、詳細を確認できます。Meet 品質管理ツールでは次の情報が収集されます。

  • 参加者による操作(マイクやカメラのオンとオフの切り替えなど)
  • 画面共有の詳細(参加者が画面を共有した時間の長さなど)
  • ネットワーク プロトコルの変更(UDP、TCP)
  • ネットワーク接続の種類(有線、Wi-Fi、モバイル接続)
  • ミーティングへの参加をリクエストして許可された参加者について、参加を許可したユーザー
  • ミーティングから退出させられた参加者について、退出させたユーザー
  • 音声と動画の送受信の詳細
  • 画面共有の送受信の詳細

タイムライン ビュー

ミーティングの経緯を視覚化したタイムライン。

デフォルトでは参加者 6 人分までの情報が表示され、名前または参加時刻で並べ替えることができます。アイコンにカーソルを合わせると、詳細情報が表示されます。

参加者セクションに表示される情報:

  • 参加日時と参加に使用したデバイス。
  • ミーティング中に 1 人の参加者が複数のデバイスで参加した場合は、複数のデバイスが表示されます。たとえば、パソコンでビデオ通話に参加しながら、音声出力にモバイル デバイスを使用している場合などです。
  • ミュート "" とミュート解除 "" の操作

エンドポイント アイコンをクリックすると、1 人の参加者のアクティビティや、ミーティング中に発生したシステム イベントの詳細なタイムラインが表示されます。これを使用して、ユーザーが体験したミーティング品質を可視化したり、問題の原因を解決したりすることができます。

タイムラインに表示される情報:

  • 音声、動画、ネットワークのイベント。参加者のエンドポイントでのミーティング中の動作を示すもので、たとえば、ミーティング参加者が音声や動画をミュートした時刻や、ネットワークの種類を(例: Wi-Fi からモバイルに)変更した時刻がわかります。
  • システム指標グラフ。システムやネットワークのイベントと参加者のミーティング体験を時系列で相関させることができ、次の情報が表示されます。
    • 受信音声エネルギー - ローカル クライアント側のマイクが受信した音声エネルギー。
    • 再生音声エネルギー - ローカル クライアント側のスピーカーで再生された音声エネルギー。
    • 接続遅延 - ローカル クライアントと最寄りのデータセンター間の STUN ping ラウンド トリップ時間に基づくラウンド トリップ時間(RTT)。
    • 送信動画パケットロス - ローカル クライアントから最寄りの Google データセンターに送信された動画のパケットロス。
    • 受信動画パケットロス - ミーティングに参加しているリモート クライアントから送信された動画を、最寄りの Google データセンターからローカル クライアントが受信した際のパケットロス。
    • CPU 使用率 - システムの CPU 使用率を、ログに記録されたデータポイント間(通常は 10 秒間隔)の平均値として測定したもの。

アクティビティ セクションに表示される情報:

  • 画面共有の開始および終了時刻
  • 録画の開始時間と終了時間
  • ライブ ストリーミングの開始時間と終了時間

技術統計情報ビュー

ネットワークとシステム、音声と動画、プレゼンテーションに関する情報(詳細は下記をご覧ください)。

ミーティング詳細の主要な統計情報の説明

ネットワークの輻輳 ネットワークの制約によって Meet クライアントが高画質の動画を送信できなかった時間の割合。
ラウンドトリップ時間 パケットが Google に送信されてから応答が戻ってくるまでの時間。
ジッター クライアントと Google 間で送受信中のパケットのネットワーク遅延変動。
CPU 負荷 ユーザーのデバイスの平均 CPU 負荷。
タイプ

参加者が使用したデバイスがアイコンで表示されます。

  • Meet ハードウェア ""
  • Jamboard ""
  • 電話 ""
  • 動画ストリームの音声出力に使用された電話 ""
  • パソコン ""
  • Android ""
  • iOS ""
  • 相互接続ゲートウェイ ""
  • 不明なデバイス ""
ビットレート 送受信された音声または動画情報の量、単位はビット毎秒(bps)。
パケットロス クライアントと Google の間でデータを送受信するときにネットワーク上で消失したパケットの割合。
入力信号 マイクが受信した音声。
  • なし - マイクが音声を受信していないか、検出できない。
  • - 参加者が沈黙しているかデバイスから遠く離れているため、あるいはマイクのゲイン設定が低すぎるため、マイクが受信する音声信号が弱い。
  • 適正 - マイクの音量が許容範囲内である。
出力信号 受信してオーディオ カードに送信された音量。使用されている周辺機器またはミュートされたスピーカーは、この数値に反映されません。
  • なし - 受信した音声に音量が認められない。原因としては、誰も声を出していないこと(想定内)、またはマイクに問題があること(想定外)が考えられます。
  • - 受信した音声の音量が非常に小さい。原因としては、参加者の声が聞き取れないことや、ほとんど話していないことが考えられます。
  • 適正 - 受信した音声の音量が許容範囲内である。
フレームレート クライアントが送受信した 1 秒あたりの動画フレーム数。
ユーザーが Meet 品質管理ツールにアクセスできるようにする

カスタムの管理者ロールを作成してユーザーに割り当てることで、Meet 品質管理ツールへのアクセス権を付与できます。この方法は、管理コンソールのその他の権限を付与することなく、ユーザーがミーティングの品質に対してトラブルシューティングを行えるようにする場合に便利です。

: Meet 品質管理ツールへのアクセス権をユーザーに付与するには、特権管理者である必要があります。

カスタムの管理者ロールを作成する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[管理者の役割] に移動します。
  3. [新しいロールを作成] をクリックします。
  4. ロールの名前と説明を入力し、[続行] をクリックします。
  5. [管理コンソールの権限] で [Google Meet] 次に [Meet の設定の管理] までスクロールし、[品質ダッシュボードへの管理者権限] チェックボックスをオンにします。
  6. [続行] をクリックし、変更を確認して [ロールを作成] をクリックします。
  7. [ユーザーへの割り当て] をクリックします。
  8. 管理者権限を付与するユーザーを検索して選択します。リストにユーザーが見つからない場合は、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  9. [ロールを割り当て] をクリックします。

既存のカスタムロールをユーザーに割り当てる

  1. 管理コンソールのホームページで [ユーザー] をクリックします。
  2. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。リストにユーザーが見つからない場合は、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  3. [管理者ロールと権限] 次に [ロールを割り当ててください] をクリックします。
  4. [品質ダッシュボードへの管理者権限] 権限があるロール名の横にあるアイコン "" をクリックしてオンにします。
  5. [保存] をクリックします。

注: カスタムロールを割り当てられたユーザーは、管理コンソールではなく、直接リンクを使用してツールにアクセスできます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。