有料の Drive Enterprise サービスを設定する

 

Drive Enterprise サービスの中断を避けるには、サブスクリプションの請求先アカウントを設定して月々のお支払いを開始できるようにしていただく必要があります。

支払い情報はいつ設定すればよいですか?

Drive Enterprise のお申し込み時にお支払い情報を入力していただいた場合は、すでに請求先アカウントが設定されています。試用期間が終了すると、有料のサブスクリプションが自動的に開始されます。

お申し込み時にお支払い情報を追加しなかった場合は、無料の試用期間中にお支払い情報を追加していただく必要があります。他の Google サービス(Cloud Identity Premium など)でお支払い情報をすでに設定されている場合でも、お支払い情報をご設定いただく必要があります。Drive Enterprise のご利用を希望されない場合は、試用期間中にサブスクリプションをキャンセルすればお支払いは発生しません。詳しくは、Drive Enterprise の無料試用についてをご覧ください。

メールアドレスの所有権を確認済みのお客様は、お支払い情報を設定するためにドメインの所有権もご確認いただく必要があります。Google はお客様のデータを保護するため、メールアドレスの所有権を確認済みのサービスで設定した請求先アカウントを削除します。該当するお客様は、もう一度お支払い情報を設定してください。

手順 1: お支払い情報の設定を開始する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. [登録] で、[Google Drive Enterprise] の横にある [お支払い情報を設定] をクリックします。
  4. 画面の手順に沿って Drive Enterprise のお支払い情報を設定します。

手順 2: お支払い方法を選択する

お支払い方法の詳細については、下記をクリックしてご覧ください。

請求先の国と通貨(後から変更することはできません)

お取り扱いしているお支払い方法と通貨については、利用可能なお支払い方法(国別)をご覧ください。

選択した国と通貨によって、サブスクリプションのお支払いにご利用いただけるお支払い方法が決まります。

重要: 請求先の国や通貨を、お支払い情報の設定完了後に変更することはできません。

料金プラン

Drive Enterprise のフレキシブル プランでは、Cloud Identity Premium と同様にいつでもユーザーを追加、削除できます。ユーザーやストレージについて年間契約は結ばれません。

Drive Enterprise の料金は、アクティブなユーザー数と、その月に使用したストレージ容量に対してのみ発生します。詳しくは、Drive Enterprise のお支払いの仕組みについてのページをご覧ください。

請求先アカウントの種類(後から変更することはできません)

Drive Enterprise サービスを個人と法人のどちらで使用するかを指定します。

重要: この設定をお支払い情報の設定完了後に変更することはできないため、慎重に選択してください。

税務ステータス

アカウントの種類に [ビジネス] を選択すると、デフォルトで法人の税務ステータスが設定されます。

アカウントの種類に [個人] を選択した場合、税務ステータスが登録済みか未登録かを選択します。税務ステータスが登録済みであるということは、付加価値税(VAT)ID 番号を持っていて、入力する意志があることを意味します。VAT ID をお持ちでないか、VAT ID を入力する意志がない場合は、未登録の税務ステータスを選択します。

アカウントの種類に [ビジネス] または [登録済みの個人] を選択して VAT ID を入力すると、サービスのご利用料金に適切な税額が加算されて請求されます。VAT ID を入力しないと、請求料金が割高になることがあります。

詳しくは、台湾の税金をご覧ください。

税務ステータス

アカウントの種類に [ビジネス] を選択した場合は、税務ステータスを選択します。すべての法人アカウントは、物品サービス税識別番号(GSTIN)またはその他の税務情報を入力できます。

アカウントの種類に [個人] を選択した場合、税務ステータスが登録済みか未登録かを選択します。税務ステータスが登録済みであるということは、GSTIN を持っていて、入力する意志があることを意味します。GSTIN をお持ちでないか、GSTIN を入力する意志がない場合は、未登録の税務ステータスを選択します。

アカウントの種類に [ビジネス] または [登録済みの個人] を選択して税務情報を入力すると、サービスのご利用料金に適切な税額が加算されて請求されます。税務情報を入力しないと、アカウントの請求料金が割高になることがあります。

詳しくは、インドの税金をご覧ください。

アカウントの種類に [ビジネス] を選択すると、有効な付加価値税(VAT)ID を入力できます。有効な VAT ID を指定することで、アイルランドの VAT 23% が課されるのを防ぐことができます。

詳しくは、EU の税金をご覧ください。

お支払い方法

毎月のご利用料金に対するお支払い方法を入力します。お支払いには、230 か国超で主要なクレジット カード(Visa®、Mastercard®、American Express® など)をご利用いただけます。

拠点国やご利用通貨によっては、ご利用料金を銀行口座から直接引き落とし(口座振替)できる場合があります。

お取り扱いしているお支払い方法と通貨については、利用可能なお支払い方法(国別)をご覧ください。

よくあるご質問

支払い情報を入力しようとするとエラーが表示されるのはなぜですか?

お支払いに関するエラー メッセージでトラブルシューティングの手順をご覧ください。

自動支払いが行われるタイミング
  • G Suite、Google Drive Enterprise、Cloud Identity Premium - 無料試用期間が終了して有料版サービスのご利用を開始された場合、翌月初めにご利用料金をご指定の方法にてお支払いいただきます。たとえば、5 月に有料サービスのご利用を開始された場合は、6 月の初めより請求が始まり、その後は各月の初めに自動的に請求が行われます。
  • ドメイン登録 - ドメインのご購入時より、ご利用料金をご指定の方法にてお支払いいただきます。ドメイン契約を自動更新される場合は、毎年の更新日の 7 日前に契約が更新され、翌月初めにご利用料金をご指定の方法にてお支払いいただきます。

詳しくは、毎月の費用を確認するをご覧ください。

口座振替が可能になるまでに要する時間

新しい銀行口座からの振り替えをご希望の場合、事前にご本人様確認をさせていただきます。確認にかかる時間は、お客様が拠点とされている国によって異なります。以下をご確認ください。

  • 英国 - 口座の確認に 2 日ほどお時間をいただいています。お客様側での手続きは必要ありません。
  • 米国または欧州(英国以外)に拠点がある場合 - 口座振替を開始するにあたり、お客様に口座の所有証明を行っていただく必要があります。この証明はテスト デポジットの振り込みによって行います。口座の確認には最長で 10 日ほどかかる場合がありますが、通常はそれほどかからずに完了します。
Google がお客様の銀行口座を確認中の場合は、[お支払い] ページに「お支払い情報を確認中です」や「委任の処理待ち」という内容のメッセージが表示されます。お支払い情報を初めて設定される場合、口座の確認が完了するまで有料サービスをご利用いただけません。
前払いはできますか?

はい。ご利用のアカウントにクレジットを追加することで、月々のご利用料金を前払いすることができます。詳しくは、手動での支払いや早期払いを行うをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。