組織で使用するチャット サービスを選択する

この記事は、Google Workspace 管理者を対象としています。ユーザー向けのヘルプ記事が必要な場合は、Google Chat のスタートガイドまたは 従来のハングアウトのスタートガイドをご覧ください。

管理者は、組織でどのチャット サービスを使用するか指定できます。[サービスのステータス] ページでは、Google Chat と従来のハングアウトの利用を同時に管理できます。詳細

組織で従来のハングアウトを使用していて、ユーザー全員を Google Chat に移行する準備ができている場合は、後述の [Chat を選択] をオンにすると移行が容易になります。[Chat を選択] をオンにする前に、導入ガイドの内容をすべて確認することをおすすめします。導入を手順どおりに行うことで、Google Chat に円滑に移行できるようになります。

チャット設定を有効にする

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Chat と従来のハングアウト] にアクセスします。
  3. [サービスのステータス] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    注: 設定グループに対する設定を変更する場合、チャット サービスを有効または無効にすることのみ可能です。[Chat を優先] のオプションを使用する場合は、組織部門を使用してください。
     
  5. Chat と従来のハングアウトを組織内でどのように使用するかを選択します。
    • Chat を優先(新規のお客様のデフォルト設定、移行する場合におすすめ) - Gmail などのあらゆるサービスで Chat を使うことができます。従来のハングアウトはウェブ上で使用できます。
    • Chat と従来のハングアウト - 従来のハングアウトは Gmail 内に含まれ、どこでも使用できます。Chat もどこでも使用できます(ただし Gmail からは使用できません)。
    • Chat のみ - Chat は Gmail のほか、どこでも使用できます。従来のハングアウトのクライアントは無効になります。
    • 従来のハングアウトのみ - 従来のハングアウトは Gmail のほか、どこでも使用できます。Chat クライアントは無効になります。
    • 両方とも無効 - Chat と従来のハングアウトの全クライアントが無効になります。

    次のように、一部のオプションが表示されないことがあります。

    • チャットルームの履歴を「常にオン」または「常にオフ」にしている場合、[Chat を優先]、[Chat と従来のハングアウト]、[従来のハングアウトのみ] は表示されません(従来のハングアウトでは、チャットルームの履歴を常にオンまたはオフにすることはできないためです)。
    • Google Chat への無効化オプション付きの移行の早期実施(2021 年 6 月 1 日)の対象である旨の通知を受け取った場合、[Chat と従来のハングアウト] を選択できるのは移行を無効化している場合のみです。自動移行が実施される前に自身で移行していた場合も同様です。
    組織内にまだ従来のハングアウトの使用を希望するユーザーがいる場合は、最上位の組織部門に対して [Chat のみ] を選択しないでください。最上位の組織部門に対して [Chat のみ] を選択すると、下位の組織部門に対して別のサービス オプションを選択していても、従来のハングアウトの機能および従来のハングアウトと Google Chat の相互運用がすべてのユーザーに対して無効になります。
  6. [保存] をクリックします。

新機能の有効化など、変更が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

チャット サービスのオンとオフを切り替える方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

[Chat を選択] と [Chat のみ] の切り替え

[Chat を優先] と [Chat のみ] のサービス ステータス設定ではどちらも Google Chat が Gmail 内に含まれますが、この 2 つの設定には重要な違いがあります。

  • 従来のハングアウトから Google Chat にユーザーをアップグレードすることが目的の場合は、[Chat を優先] を選択することで移行を最も円滑に行えます。このサービス ステータスでは、ユーザーは従来のハングアウトを使用しているドメイン外のユーザーとも引き続きチャットできます。

    [Chat を優先] を選択すると、Chat と従来のハングアウトの相互運用の仕組みによって、特定の状況においてチャットの履歴設定がチャットルームのデフォルトの履歴設定よりも優先される可能性があります。詳細
     
  • [Chat のみ] を選択すると、従来のハングアウト サービスは無効になります。この設定が適用されたユーザーは従来のハングアウトを使用しているユーザーと会話できなくなるほか、Google Chat を使用するよう案内するメッセージも表示されなくなります。Chat から送信されたメッセージは従来のハングアウトには表示されなくなります。後で再び従来のハングアウトを有効にしても、それらのメッセージを表示することはできず、それらの会話に対して Chat と従来のハングアウトの相互運用を再度適用することもできません。

    [Chat のみ] を選択すると、ダイレクト メッセージと非スレッド形式のチャットルームにそれぞれ異なるチャットの履歴設定を適用できるようになります。チャットの履歴設定がチャットルームの履歴設定よりも優先されることはなくなります。詳細

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false