Gmail で正当なメールが迷惑メールに分類される

ドメイン外の送信者からのメールが、Gmail で誤って迷惑メールとして分類されることがあります。この記事の手順を行うことで管理者は、この問題を解決して再発を防止できます。

トラブルシューティングのヒント

すべてのユーザーが行う操作

組織内のすべてのユーザーに対して、次の操作を行うよう伝えます。

誤って分類されたメールを「迷惑メールではない」に変更する

Gmail では、ユーザー設定と迷惑メールの判断基準を把握するために機械学習が使用されています。手動でメールを迷惑メールではないものとしてマークすることで、ユーザーは自分のアドレスに宛てられたメールの処理方法を Gmail に対して示すことができます。

信頼できる送信者を個人の連絡先リストに追加する

ドメインに属するユーザーは、Gmail で各自の連絡先を管理できます。Gmail では、外部のメールアドレスを個人の連絡先リストに追加すると、そのアドレスから受信したメールが迷惑メールとしてマークされなくなります。

管理者が行う対応

信頼できる送信者に迷惑メールフィルタを適用しない

許可リストを作成し、Gmail の迷惑メールフィルタを適用しない送信者のリストにドメインまたはアドレスを追加します。迷惑メールフィルタ設定に追加されたドメインまたはメールアドレスから送信されたメールは、ユーザーの受信トレイに配信される可能性が高くなります。

注: Gmail で疑わしいメールとして識別された場合は、送信者が許可リストに含まれていても、そのメールは拒否される、または迷惑メールに分類される可能性があります。

外部の送信者が検討すべき対応

信頼できる顧客や取引先の相手などに対し、送信メールの認証を実施するよう伝えてください。Google では、以下のメール認証標準の使用をおすすめしています。 

メール認証のベスト プラクティス

管理者の方には、ドメインに対して以下のメール認証方法を設定していただくことをおすすめします。

  • SPF: あるドメインから送信されたように見えるメールが、ドメイン所有者によって承認されたサーバーから送信されたものであることを受信サーバーで確認できます。
  • DKIM: すべてのメールにデジタル署名が追加され、この署名によって、メールが偽装されていないことと配信中に改変されていないことを受信サーバーで確認できます。
  • DMARC: SPF と DKIM でメールを認証し、不審な受信メールを管理できます。
設定方法の詳細については、なりすまし、フィッシング、迷惑メールの防止を支援するをご確認ください。

Gmail からの一括メール送信のガイドラインを遵守する

Gmail またはサードパーティ送信者からの大量のメール配信を最適化するには、Gmail ユーザーへのメールがブロックまたは迷惑メール扱いされないようにするをご覧ください。

ご不明点がある場合

Google Workspace サポートへのお問い合わせ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false