ファイル共有を調査する

G Suite 管理者は、機密ドキュメントが外部で共有されていないかどうか、または機密ドキュメントの共有範囲が広すぎないかどうかを調べることができます。

ここでは、組織内の特定のユーザーが外部で共有しているファイルを調査する手順を説明します。

1. 調査を開始する
  1. 調査ツールを使用するにはログインします。
  2. [データソース] メニューの [ドライブのログのイベント] をクリックします。
  3. [条件を追加] をクリックします。
  4. [条件] メニューの [公開設定の変更] をクリックします。
  5. 条件が [外部] に設定されていることを確認します。
  6. [条件を追加] をクリックします。
  7. [条件] メニューの [アクター] をクリックします。
  8. [ユーザー] 欄に、ファイルを共有したユーザーのユーザー名(例: user@example.com)を入力します。
  9. [条件を追加] をクリックします。
  10. [条件] メニューの [日付] をクリックします。
  11. 条件を [以降] に変更します。
  12. [日付] 欄に、ファイルが外部と共有された可能性のある最も早い日時を入力します。
  13. [検索] をクリックします。
2. 検索結果を表示する、書き出す

上記の手順を完了すると、検索結果がページ下部の表に示されます。表には、ファイルが外部と共有された日時、ドキュメント ID、ドキュメントの種類、公開設定、タイトル、イベントの種類(ユーザー アクセスの変更など)、アクターのユーザー名、ドキュメントのオーナーが表示されます。

(アクターとは、なんらかの形でドキュメントの公開設定を変更したユーザーです。)

検索結果を [マイドライブ] フォルダに保存するには、表の上部にあるエクスポート アイコン file_download_grey600_24dp.png をクリックします。

詳細については、調査ツールで検索結果を表示するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。