ドキュメント エディタでチャット機能を無効にする

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドでファイルを共同編集しているときに、従来のハングアウトを使って相手とやり取りすることができます。

G Suite 管理者は、従来のハングアウトをオフにすることで、このチャット機能を無効にできます。詳しくは、ユーザーに対して従来のハングアウトを有効または無効にするをご覧ください。

注: 従来のハングアウトは、G Suite Essentials エディションではご利用いただけません。G Suite Essentials アカウントでドキュメント エディタをご利用の場合、チャットは常に無効になっています。

チャット機能が自動的に無効になる条件

ユーザーが各国の年齢条件を満たさない場合、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのチャット機能は自動的に無効になります。また、チャットの履歴や共有の設定によっても、自動的に無効になることがあります。たとえば次のような場合です。

  • [履歴] をオンにして [ユーザーに履歴設定の変更を許可する] チェックボックスをオフにする。詳しくは、チャットの履歴の設定についてのページをご覧ください。
  • [外部チャット] で ユーザが [組織名] 外の相手にメッセージを送信できる 設定を選択する。詳しくは、外部チャットの設定をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。