Currents コンテンツの共有を管理する

管理者は、組織内のユーザーがどのように Google Currents コンテンツを共有、閲覧できるかを管理できます。たとえば、外部コンテンツの作成または操作に制限をかけることが可能です。

コンテンツの共有とアクセスの設定とは

以下の設定は、特定の組織部門または組織全体に適用することができます。

すべて開く   |   すべて閉じる

ドメイン外のユーザーに対してコンテンツの共有とアクセスを許可する(一般公開モード)
一般公開モードの場合、ユーザーはドメイン内に限定されないコンテンツを作成、閲覧することができます。また、限定シェア コミュニティ(Google Workspace ユーザーのみが参加できる招待制のコミュニティ)を作成し、ドメイン外の Google Workspace ユーザーと交流することも可能です。ドメイン外にコミュニティを作成することはできません。ただし、ドメイン外のコミュニティであっても、2019 年 4 月 2 日より前に作成されたもので、少なくとも 1 人のオーナーが Google Workspace ユーザーである場合は、引き続きメンバーとして残ります。
ドメイン外のユーザーとの全コンテンツの共有とアクセスを制限する(限定公開モード)
限定公開モードの場合、ユーザーは外部のコンテンツ、検索結果、おすすめの閲覧、作成、操作を行うことはできません。投稿はドメイン内限定のもののみ作成でき、評価、フォロー、コメント、投票はドメイン内の投稿またはコミュニティに対してのみ可能です。
注: このモードを有効にする前に作成したコンテンツ(外部コンテンツを含む)の公開設定はそのままで、影響を受けません。
ドメイン外のユーザーとの全コンテンツの共有とアクセスを制限し、外部の Currents コンテンツも制限する(ハイブリッド モード)
ハイブリッド モードの場合、ユーザーはドメイン外のコンテンツを自分で作成することはできませんが、閲覧することは可能です。ドメイン外にある限定シェア コミュニティ(Google Workspace ユーザーのみが参加できる招待制のコミュニティ)に参加したり、そのような限定シェア コミュニティのコンテンツを閲覧したりすることもできます。
注: このモードを有効にする前に作成したコンテンツ(外部コンテンツを含む)の公開設定はそのままで、影響を受けません。

設定を変更する際の検討事項

すべて開く   |   すべて閉じる

新しいユーザー アカウントのデフォルトは限定公開モード
2019 年 4 月 25 日より後に新規に作成された Google Workspace アカウントでは、「限定公開」がデフォルトの共有モードとなっています。ただし、管理者はいつでも共有モードを変更することができます。4 月 25 日より前に申し込まれたお客様のドメインの共有モードは、影響を受けません。
Currents プロフィールの生年月日の編集を許可する
Currents プロフィールの自動作成機能を使用していない場合、ユーザーが Currents プロフィールを作成できるようにするには、管理者が生年月日の編集を有効にしておく必要があります。
プロフィールの公開設定

Currents プロフィールに表示される情報には、名前、プロフィール写真、プロフィールのカバー写真のほか、プロフィールのオーナーが投稿したもの(プロフィール ページの閲覧者が閲覧できるもの)が含まれます。ユーザーの Currents プロフィールを一般に公開することや、一般の検索結果に表示されるようにすることはできなくなりました。ただし、一部の検索エンジンでは、キャッシュされたコンテンツが表示される可能性があります。

次のような場合、組織内のユーザーのプロフィールが組織外のユーザーに見える状態になっています。例:

  • ユーザーが過去に作成した外部の投稿は Currents プロフィールにリンクされます。ユーザーはこのような投稿を削除できます。詳しくは、Currents でのアクティビティを削除するをご覧ください。
  • ユーザーが組織内限定ではないコミュニティを所有または管理しているか、そのようなコミュニティのメンバーである場合、コミュニティのメンバーリストの項目がそのユーザーの Currents プロフィールにリンクされます。ユーザーは、コミュニティのオーナーの権限を別のユーザーに譲渡したうえで、コミュニティから退会することができます。

設定を変更する前に

  • 変更がユーザーに完全に反映されるまでに、最長で 48 時間ほどかかることがあります。一部の設定が他より早く反映されることもありますが、反映の完了には、少なくとも 48 時間の猶予を見込んでください。

  • 変更をユーザーに伝えましょう。コンテンツの共有設定を変更する前に、ユーザーに通知することが重要です。ドメイン外からの投稿など、以前できたことができなくなる理由を説明します。

  • ユーザーによる利用をどの程度制限するかは慎重に検討しましょう。設定の制限を厳しくすると、すでに保有しているコミュニティまたは投稿を変更できなくなることがあります。

    例: 一般公開モードで限定シェア コミュニティを保有している場合に、設定を限定公開モードに変更すると、このコミュニティに投稿したり、コミュニティの名前、説明、写真を変更したりできなくなります。ただし、別のユーザーをオーナーに昇格させたり、コミュニティに追加された新しいコンテンツを閲覧したり、コミュニティを退会したりすることは可能です。

  • コミュニティまたはユーザーをフォローしているユーザーへの影響を確認してください。一般公開モードまたはハイブリッド モードから限定公開モードに変更されたユーザーは、以前にフォローしていたのと同じユーザーまたはコミュニティを引き続きフォローでき、フォローを解除しない限り、フォロー先の新しいコンテンツをこれまでどおり閲覧できます。

設定を変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Currents] にアクセスします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [コンテンツの共有とアクセス] で次のいずれかの設定を選択します。
    • 一般公開モード
    • 限定公開モード
    • ハイブリッド モード
  6. [保存] をクリックします。

Currents コンテンツの共有に関するよくある質問

限定公開モードまたはハイブリッド モードに設定した場合、ユーザーは外部コミュニティに参加することができますか?

限定公開モードでは、できません。ハイブリッド モードでは、ドメイン外にある限定シェア コミュニティ(Google Workspace ユーザーのみが参加できる招待制のコミュニティ)に参加したり、そのような限定シェア コミュニティのコンテンツを閲覧したりすることができます。

ユーザーが外部コミュニティを新規に作成することはできますか?

Currents の共有モードを「一般公開」にした場合は、ドメイン外の Google Workspace ユーザーとの限定シェア コミュニティを新規に作成することができます。限定シェア コミュニティは、Google Workspace ユーザーのみが参加できる招待制のコミュニティです。

ユーザーが既存の外部コミュニティに残ることはできますか?

はい。[コンテンツの共有とアクセス] でどのモードが適用されていても、ユーザーは既存の外部コミュニティのメンバーとして残ることができます。ただし、2019 年 4 月 2 日以降、Google Workspace アカウントを持つオーナーのいない外部コミュニティは削除されています。

外部コミュニティのオーナーまたは管理メンバーには、どのような影響がありますか?

限定公開モードまたはハイブリッド モードの場合、外部コミュニティのオーナーはオーナー権限を維持し、コミュニティを削除したり、メンバー オプションを管理したりすることができます。別のユーザーを管理メンバーまたはオーナーにすることも可能です。

ただし、コミュニティを編集できなくなるほか、スパム、要確認の投稿、参加リクエストに対応するなどの管理関連操作を行うこともできなくなります。

通知にはどのような影響がありますか?

限定公開モードまたはハイブリッド モードの場合、外部コミュニティからの通知は引き続きユーザーに届きます。ユーザーが既存の外部コミュニティのオーナーまたは管理メンバーである場合、そのコミュニティへの参加リクエストは届かなくなります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。