共有ドライブへのコンテンツ移行

管理者は組織内のファイル編集者に対し、共有ドライブへのコンテンツ移動を許可できます。また管理者は、組織の既存のドライブ フォルダを共有ドライブに移行することも可能です。

ユーザーがファイルを移動できるように権限を設定する場合は、組織部門などに対する設定への影響も考慮してください。特に必要がなければ、共有ドライブと他のフォルダや組織外部との間でコンテンツを移動しないでください。ファイルを共有ドライブに移動すると、チームの共同作業に役立ちます。ただし、権限の競合を避けるために、慎重に作業を進めることが重要です。

注: いずれの場合も、ユーザーがファイルまたはフォルダを移動するには、移動先ドライブにおける「投稿者」、「コンテンツ管理者」、「管理者」のいずれかのアクセス権が必要です。

外部ユーザー

  • 特権管理者および代理管理者は、外部ユーザーがオーナーになっているフォルダおよびファイルを移行することはできません。その外部ユーザーが、移行先の共有ドライブのメンバーであっても同様です。
  • 外部ユーザーは、管理者の権限がある場合も、組織内の共有ドライブにフォルダを移動することはできません。
     

始める前に

ファイルやフォルダを共有ドライブに移動することによる影響をご確認ください。
  • ファイルを移動すると、その所有権が共有ドライブに変更されます。
  • 移動後は、新しい共有ドライブのメンバーのみがファイルにアクセスできます(ファイルがユーザーに直接共有されている場合は除く)。
  • フォルダを移行すると、フォルダ構造ごと移行先の共有ドライブに移動します。元のフォルダを直接参照しているリンクがある場合、移行先の共有ドライブ フォルダを参照するように更新する必要があります。
  • [対象の共有ドライブのメンバー以外のユーザーが、その共有ドライブ内のファイルにアクセスできないようにする] の設定が有効になっている場合を除き、それぞれのファイルに明示的に付与された権限は保持されます。フォルダに付与された(またはフォルダから継承された)権限はコピーされません。
  • フォルダの権限は保持されません。共有フォルダへのアクセス権を持つユーザーは、共有ドライブへのフォルダの移動後はアクセスできなくなります。ユーザーが引き続きアクセスできるようにするには、ユーザーを共有ドライブのメンバーに追加します。フォルダ内のファイルへの直接のアクセス権を付与されたユーザーは、フォルダの移動後もそのファイルにアクセスできます。
  • 移動されたファイルは、ドライブのその他の場所([マイドライブ] など)から削除されますが、ユーザーの [共有アイテム] および [最近使用したアイテム] からは引き続きアクセスできます。
  • 特権管理者が共有ドライブにコンテンツを移動すると、非表示のファイルも移動され、共有ドライブのメンバーに表示されるようになります。
    • 他のユーザーとフォルダを共有した際にそのフォルダ内の特定のファイルの共有を停止すると、そのファイルは非表示になります。
    • フォルダを共有ドライブに移動すると、非表示のファイルを含むすべてのファイルが表示されるようになります。
  • 管理者は、管理コンソールの共有設定から共有ドライブ内のファイルへのアクセスを管理したり、共有ドライブ外にコンテンツを移動したりできます。
  • 共有ドライブのメンバーは、各自のアクセスレベルに基づいてファイルを管理できます。たとえば、共有ドライブの管理者とコンテンツ管理者は共有ドライブ内のファイルやフォルダを移動できますが、共有ドライブのファイルを別の共有ドライブに移動できるのは管理者だけです。
ユーザーに他のユーザーのファイルを共有ドライブに移動することを許可する
ファイルのオーナーと管理者は、いつでもファイルを共有ドライブに移動することができます。ファイルのオーナーは、組織内に属しており、かつ移動先の共有ドライブのメンバーである必要があります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [移行設定] をクリックします。
  4. [ユーザー オプション] の横にある [ユーザーに共有ドライブへのファイルの移行を許可する] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
管理者としてドライブのフォルダを共有ドライブに移行する
ユーザーに共有ドライブを使ってもらえるよう、管理者と代理管理者は [マイドライブ] 内の既存のフォルダを共有ドライブに移行することができます。
  1. 既存のフォルダを移行する場合は、管理者アカウントに閲覧者以上のアクセス権を付与するようユーザーに依頼します。移行できるのは、組織内のユーザーがオーナーになっているフォルダのみです。
  2. フォルダ移動先の共有ドライブのメンバーとしてあなたの管理者アカウントを追加してもらいます。
  3. ウェブブラウザで drive.google.com を開き、管理者アカウントにログインしていることを確認します。
    1. 右上にあるアカウントのプロフィール写真をクリックします。
    2. いったんログアウトして、再び管理者アカウントにログインします。
  4. ブラウザのウィンドウで [マイドライブ] と [共有ドライブ] のフォルダを開き、移行するマイドライブのフォルダと移行先の共有ドライブのフォルダを表示します。
  5. マイドライブのフォルダを共有ドライブのフォルダにドラッグします。
  6. 確認を求めるメッセージに同意して、移行プロセスを開始します。​​

管理者による移行の権限をユーザーに委任する

マイドライブから共有ドライブにフォルダ全体を移行する権限を組織内のユーザーに付与することができます。

重要: 前述の「始める前に」にあるとおり、委任されたユーザー自身が操作による影響を理解していることをご確認ください。たとえば、マイドライブのフォルダ構造に基づいてファイルへのアクセス権限が付与されている場合、ユーザーはファイルにアクセスできなくなることがあります。​

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ユーザーの名前をクリックして、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  4. [管理者の役割と権限] をクリックします。
    • [管理者の役割と権限] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。
    • ユーザーの現在の役割で付与された権限を表示するには、[権限を表示] をクリックします。
  5. [カスタムの役割を作成] をクリックします。
    ヒント: 詳しくは、カスタムの管理者の役割を作成するをご覧ください。

  6. [権限] タブで、[サービス] 次に [ドライブとドキュメント] 次に [共有ドライブへのファイルやフォルダの移動] チェックボックスをオンにします。

  7. [変更を保存] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。