Cloud Search を有効にする際の考慮事項

組織で Google Cloud Search をご利用になる際は、まずこちらの情報をご確認ください。

Cloud Search の有効化、無効化

対象となる Google Workspace エディションの新しいドメインでは、Cloud Search がデフォルトでオンになっています。Cloud Search を無効にするには、管理者が管理コンソールから行う必要があります。詳細

組織内のいずれかユーザーに対して Cloud Search を有効にした場合、Cloud Search サービスへのアクセスを持たない Google Workspace ユーザーを含む組織内のすべての Google Workspace ユーザーのデータに Cloud Search がアクセスして処理の対象とする可能性があります。これは、精度の高い検索や関連性の高いおすすめの表示を可能にするためです。

権限の変更、コンテンツの更新、ファイルの削除

ファイルの権限やコンテンツが変更された場合、または Google Workspace ファイルが削除された場合、こういった変更は Cloud Search にも反映されます。通常、遅延は最小限ですが、技術的な制約により、一部の変更が反映されるまでに通常より時間がかかることがあります。その場合、変更が反映されるまで Cloud Search には変更前の検索結果のタイトル、スニペット、サムネイルが表示されます。

Cloud Search とグローバル ディレクトリ

グローバル ディレクトリを有効にすると、組織内のユーザーは Cloud Search を使用して、ディレクトリに記載されているユーザーの連絡先情報や社員の詳細情報を検索できるようになります。詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。