リソースの予約を承認または拒否する

組織には、リソースが予約されたときに承認や拒否を行う「リソース管理者」を必要とする場合があります。たとえば、特定の部屋の午前中の予約を教師に限定したい場合は、リソース管理者が確認することができます。

リソース管理者を設定する

リソース管理者は G Suite 管理者でなくてもかまいませんが、その設定は G Suite 管理者が行う必要があります。

  1. 管理者として Google カレンダーにログインします。
  2. 組織全体、またはリソースを予約できる特定のユーザーとリソースを共有します。
  3. リソースをリソース管理者と共有します。リソース管理者の権限を [変更および共有の管理権限] にします。
  4. [カレンダーの情報] タブで、[招待状の自動承諾] を [すべての招待状をこのカレンダーに自動的に追加する] に設定します。
  5. リソース管理者として、リソースの通知を受け取るように指定します。

これで、ユーザーがリソースを予約するとリソース管理者に通知が送られ、リソースに代わって予定を承認または拒否できるようになります。

リソースの予定を承認または拒否する

  1. 上記の手順で、リソース管理者を設定します(まだ設定していない場合)。
  2. リソース管理者として、「新しい予定」という件名のメールを受け取ったら、[詳細] をクリックして予定を表示します。

    ヒント: 個人的に予定に招待されている場合は、リソースの「新しい予定」メッセージの他に、自分に対する「招待」メッセージが届きます。この場合、自分自身の返信と、リソースの代理としての返信の両方を行います。
  3. 予定にアクセスして、リソースを使用できるかどうかを指定し、[保存] をクリックします。

リソースのすべての予定を表示する

  1. Google カレンダーにログインします。
  2. 左側のカレンダー リストからリソースを選択します。G Suite 管理者の場合は、リソースが [マイカレンダー] に表示されます。G Suite 管理者でない場合は、リソースの通知を受け取るように設定した後、[他のカレンダー] に表示されるようになります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。