Gmail の管理者権限を委任する

特定のユーザーに限られた管理権限を割り当てることで、組織の Gmail サービス管理を共有できます。大企業には何千通ものメールが届くことが多いため、Gmail 関連のタスクを管理する管理者権限を一部のユーザーに割り当てることにより、作業負荷のバランスをとることができます。

割り当てることができる Gmail の権限

カスタムの役割は、次のいずれかの Gmail の権限を使用して作成することができます。

  • 設定。メール転送、コンテンツ コンプライアンス ルールおよびアクションを設定します。
  • メールログ検索。メール メッセージを追跡および監査し、セキュリティの問題を調査します。
  • 管理者検疫にアクセス。ユーザーに管理者検疫へのアクセス権を与え、メール メッセージを管理します。
  • 検疫対象メールにアクセス。ユーザーに検疫対象メールへのアクセス権を与え、メール メッセージを管理します。

ユーザーに管理者権限を割り当てるには:

  1. ユーザーに与える Gmail 権限を含むカスタムの管理者の役割を作成します。

  2. 1 人以上のユーザーにカスタムの管理者の役割を割り当てます。
  3. 保存します。

管理者の権限を確認する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

役割を割り当てたら、ユーザーの権限を確認します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。

  3. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。

  4. ユーザーのアカウント ページの下部にある [すべて表示] をクリックします。

  5. [管理者の役割と権限] をクリックします。

検疫対象メールへのアクセスと管理

ユーザーに検疫管理権限を設定すると、そのユーザーは所属するグループに関連付けられている検疫対象メール メッセージにログインして管理することができます。

詳細

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。