Office 365 クラウド アプリケーション

SAML(Security Assertion Markup Language)を利用して、Google Cloud の認証情報で企業向けクラウド アプリケーションにログインできます。

Microsoft Office 365 用に SAML 経由での SSO を設定する

Microsoft Office 365 アプリケーション用に SAML 経由でのシングル サインオン(SSO)を設定する方法は、次のとおりです。

始める前に
手順 1: ImmutableID を設定する

Office 365 では、ユーザーを一意に識別するのに ImmutableID 属性が使用されます。Google と Office 365 間で SSO を使用するには、各 Office 365 ユーザーに ImmutableId が必要です。また、SSO 時に Office 365 に送信される SAML 名前 ID 属性が ImmutableId と同一である必要があります。

Office 365 ユーザーの ImmutableID は、ユーザーの作成方法によって異なります。一般的なシナリオは次のとおりです。

  • Office 365 ユーザーが存在しない場合、Google でユーザーの自動プロビジョニングを行うように設定すると、デフォルトでユーザーのメールアドレス(ユーザー プリンシパル名)に ImmutableID がマッピングされるため、設定の必要はありません。下の手順 1 に進みます。
  • Office 365 管理コンソールでユーザーが作成された場合、ImmutableID は空白になります。これらのユーザーに対しては、PowerShell の Set-MsolUser コマンドを使用して、ユーザーの UPN(ユーザー プリンシパル名)に一致する ImmutableID を Office 365 で設定します。

    Set-MsolUser -UserPrincipalName [ユーザー名]@[ドメイン名].com -ImmutableId [ユーザー名]@[ドメイン名].com

    Set-MsolUser を使用してすべてのユーザーを一括更新することもできます。具体的な手順については、PowerShell のドキュメントをご覧ください。

  • Azure Active Directory 同期でユーザーが作成された場合、ImmutableID はエンコードされた Active Directory objectGUID です。この場合は次の手順を行います。
    1. PowerShell を使用して Azure AD から ImmutableID を取得します。たとえば、すべてのユーザーの ImmutableID を取得して CSV ファイルにエクスポートする場合は次のコマンドを実行します。

      $exportUsers = Get-MsolUser -All | Select-Object UserprincipalName, ImmutableID | Export-Csv C:\csvfile

    2. Google でカスタム属性を作成して、各ユーザーのプロフィールに Office 365 ImmutableID を入力します。手順については、新しいカスタム属性の追加ユーザー プロフィールを更新するをご覧ください。GAM(オープンソースのコマンドライン ツール)または Workspace Admin SDK を使用して、プロセスを自動化することもできます。

ImmutableID の詳細については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

手順 2: Google ID プロバイダ(IdP)の情報を入手する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [SAML アプリケーションに対するシングル サインオン(SSO)の設定] に移動します。

    この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  3. [シングル サインオン(SSO)の設定] で [SSO の URL] と [エンティティ ID] をコピーして保存し、証明書をダウンロードします。

次に、Office 365 に切り替えて手順 3 の設定を行います。その後の手順 4 で、管理コンソールに戻って SSO の設定を完了します。

手順 3: Office 365 を SAML 2.0 のサービス プロバイダ(SP)として設定する
  1. 新しいブラウザタブで、Office 365 アプリケーションに管理者としてログインします。
  2. テキスト エディタを使用して、Google からコピーした IdP データをもとに PowerShell 変数を作成します。各変数に必要な値は次のとおりです。
    変数
    $DomainName “[ドメイン名].com”
    $FederationBrandName “Google Cloud Identity”(または任意の値)
    $Authentication “Federated”
    $PassiveLogOnUrl
    $ActiveLogOnUri 
    “SSO の URL”(Google IdP 情報)
    $SigningCertificate “完全な証明書を貼り付ける”(Google IdP 情報)*
    $IssuerURI “エンティティ ID”(Google IdP 情報)
    $LogOffUri “https://accounts.google.com/logout”
    $PreferredAuthenticationProtocol “SAMLP”
    *$SigningCertifcate 変数は 1 行のテキストである必要があります。それ以外の場合はエラー メッセージが表示されます。
  3. PowerShell コンソールを使用して Set-MsolDomainAuthentication コマンドを実行し、フェデレーション用に Active Directory ドメインを設定します。具体的な手順については、Microsoft PowerShell のドキュメントをご覧ください。
  4. (省略可)フェデレーションの設定をテストするには、次の PowerShell コマンドを使用します。

    Get-MSolDomainFederationSettings -DomainName [ドメイン名].com | Format-List *

注: ドメインをすでにフェデレーション設定済みの場合にフェデレーションを Google に変更するには、上の表と同じパラメータを使って
Set-MsolDomainFederationSettings コマンドを実行します。

手順 4: Google を SAML ID プロバイダ(IdP)として設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [アプリを追加] 次に [アプリを検索] をクリックします。
  4. 検索欄に「Office 365」と入力します。
  5. 検索結果で、Office 365 SAML アプリケーションにカーソルを合わせ、[選択] をクリックします。
  6. [Google ID プロバイダの詳細] ページで、[続行] をクリックします。
  7. [サービス プロバイダの詳細] ページで次の設定を行います。
    1. [署名付き応答] チェックボックスをオンにします。
    2. [名前 ID の形式] を [PERSISTENT] に設定します。
    3. カスタム属性を作成して Office 365 Immutable ID を Google ユーザーのプロフィールに追加した場合は(上記の手順 1 を参照)、[名前 ID] でそのカスタム属性を選択します。それ以外の場合は、[名前 ID] を [Basic Information > Primary email] に設定します。
  8. [続行] をクリックします。
  9. [属性のマッピング] ページで、[フィールドを選択] メニューをクリックし、次の Google Directory の属性を対応する Office 365 の属性にマッピングします。
     
    Google Directory の属性 Office 365 の属性
    Basic Information > Primary Email IDPEmail
  10. [完了] をクリックします。
手順 5: Office 365 アプリケーションを有効にする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Microsoft Office 365] を選択します。
  4. [ユーザー アクセス] をクリックします。
  5. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. (省略可)特定の組織部門に対してサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] をオンにします。
    3. 親組織部門のサービス設定が変更された場合に自分の設定を維持するには、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織部門のサービスのステータスがすでに [上書きされました] に設定されている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親組織と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 親の設定が変更された場合でも、新しい設定を保存します。

    詳しくは、組織構造についてのページをご覧ください。

  7. (省略可)ユーザー グループに対してサービスを有効にする
    アクセス グループを使用すると、組織部門内の一部のユーザーや、異なる組織部門の複数のユーザーに対してサービスを有効にすることができます。詳細

  8. Office 365 のユーザー アカウントのメール ID が Google ドメイン内のものと一致することを確認します。
手順 6: Google と Office 365 間の SSO の動作を確認する

Office 365 では、ID プロバイダ(IdP)を起点とする SSO とサービス プロバイダ(SP)を起点とする SSO の両方がサポートされています。以下の手順に沿って、いずれかのモードの SSO を確認します。

IdP を起点とする SSO

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Microsoft Office 365] を選択します。
  4. 左上の [SAML ログインをテスト] をクリックします。

    Office 365 が別のタブで開きます。開かない場合は、表示された SAML エラー メッセージの情報を参考にして、必要に応じて IdP と SP の設定を更新し、SAML ログインを再度テストしてください。

SP を起点とする SSO

  1. https://login.microsoftonline.com/ を開きます。
    Google ログインページに自動的にリダイレクトされます。
  2. ログイン認証情報を入力します。
  3. ログイン認証情報が認証されると、Office 365 に自動的にリダイレクトされます。
手順 7: 自動プロビジョニングを設定する  


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false