管理対象モバイル デバイスのパスワード要件を設定する

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

管理者は、管理対象デバイスの画面ロックまたはパスワードを必須にすることで、組織のデータを保護できます。高度なモバイル デバイス管理を使用すると、パスワードの最低要件を設定することに加え、ユーザーがパスワードを定期的に再設定することを義務付けることができます。

ユーザーへの影響を理解する

  • パスワードの要件を満たしていないユーザーには通知が送られます。パスワードを更新するための猶予時間は 24 時間です。猶予時間が経過すると、ユーザーは要件を満たすパスワードを設定するまで作業データにアクセスできなくなります。
  • 基本的なモバイル デバイス管理を使用していて、パスワードの設定を要求する場合、Android 5.1.1(Lollipop)以前のデバイスを使用しているユーザーは、Google Apps Device Policy アプリをインストールする必要があります。パスワードの要件は Apple® iOS® 7 以前のデバイスには適用されません。

パスワードの要件を設定する

基本オプション: 画面ロックまたはパスワードの設定を必須にする
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [パスワードを設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
  6. [パスワードの安全度] の横にある [基本(任意の画面ロック)] を選択します。
  7. (省略可)基本的なモバイル デバイス管理を使用していて、Android 6.0(Marshmallow)より前のデバイスでパスワードの設定を要求する場合:
    1. [Android 6.0(Marshmallow)より前のバージョンを搭載したデバイスでパスワードの設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
    2. [パスワードの設定を必須にする] をクリックします。
      該当するデバイスのユーザーは、Device Policy アプリをインストールするよう求められます。
  8. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
詳細オプション:(推奨)安全なパスワードの設定を必須にする
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [パスワードを設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
  6. パスワードの安全度を選択します。
    • 標準 - PIN またはパスワードの設定を必須にします。画面ロックのパターンは使用できません。パスワードには、任意の文字を自由に組み合わせることができます。
    • - 文字、数字、記号をそれぞれ 1 つ以上使用する必要があります。この設定は Windows® Phone 7、Phone 7.5 デバイスではサポートされていません。
  7. (省略可)[] を選択した場合、次のことができます。
    1. [カスタマイズした高度な Android パスワードの安全度設定を適用します] チェックボックスをオンにする。
    2. パスワードの文字、数字、特殊文字のオプションを選択する。
  8. [最少文字数] の横にパスワードの最少文字数を入力します。 
    安全なパスワードでは、3 文字以上を使用する必要があります。
  9. (省略可)パスワードを定期的にリセットすることをユーザーに対して要求するには、[パスワードの有効期限の日数] チェックボックスをオンにして、その日数を入力します。 
    この設定は Android 3.0(Honeycomb)以降のデバイスでサポートされています。
  10. (省略可)期限切れのパスワードの再使用を防ぐには:
    1. [記録してブロックする期限切れパスワードの数] チェックボックスをオンにします。
    2. 再使用できなくする以前のパスワードの数を入力します。 
      たとえば、「2」に設定すると、ユーザーは直近の期限切れパスワードの 2 つを再使用できなくなります。
      この設定は Android 3.0 以降のデバイスでサポートされています。
  11. 設定時間が経過したデバイスの画面をロックするには、[次の時間が経過したら自動的にデバイスをロックする] プルダウン メニューで時間(分)を選択します。 
    デバイスによって設定時間に制限があり、Apple® iPhone® デバイスは 5 分、iPad® デバイスは 15 分です。
  12. (省略可 - この設定をご利用の際はご注意ください)ユーザーが無効なパスワードを入力したときにデバイスを自動的にワイプするには:
    1. [無効なパスワードを次の回数入力した場合にデバイスをワイプする] チェックボックスをオンにします。
    2. 数値を入力します。
      たとえば、「5」に設定すると、パスワードの入力に 4 回失敗しても影響はありませんが、5 回失敗するとデバイスが自動的にワイプされ、初期状態にリセットされます。
  13. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
安全性の低いオプション:(非推奨)パスワード要件を無効にする
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [パスワードを設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオフにします。
  6. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。