管理対象のモバイル デバイスでパスワードを必須にする

サポート対象エディション: Frontline、Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Essentials、Cloud Identity Free および Premium。 エディションの比較

管理者は、管理対象モバイル デバイスの画面ロックまたはパスワードの設定を必須にすることで、組織のデータを保護できます。モバイルの詳細管理を使用すると、パスワードの最低要件を設定することに加え、ユーザーがパスワードを定期的に再設定することを義務付けることができます。

ユーザーへの影響を理解する

  • パスワードの要件を満たしていないユーザーには通知が送られます。パスワードを更新するための猶予時間は 24 時間です。猶予時間が経過すると、ユーザーは要件を満たすパスワードを設定するまで仕事用データにアクセスできなくなります。

    注: パスワードの要件を猶予時間なしですぐに適用するには、要件を満たしていないデバイスをブロックするコンテキストアウェア アクセスを設定します。それには、デバイスにモバイルの基本管理またはモバイルの詳細管理が適用されていて、ユーザーがコンテキストアウェア アクセスをサポートするライセンスを所持している必要があります。詳細

  • 基本管理を使用していて、パスワードの設定を要求する場合、Android 5.1.1(Lollipop)以前のデバイスを使用しているユーザーは、Google Apps Device Policy アプリをインストールする必要があります。パスワードの要件は Apple iOS 7 以前のデバイスには適用されません。

パスワードの要件を設定する

基本オプション: 画面ロックまたはパスワードの設定を必須にする
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  4. [全般] 次に [パスワードの要件] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
  7. [基本] を選択します。
  8. (省略可)基本的なモバイル デバイス管理を使用していて、Android 6.0(Marshmallow)より前のデバイスでパスワードの設定を要求する場合は、[Android 6.0(Marshmallow)より前のバージョンを搭載したデバイスでパスワードの設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
  9. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
詳細オプション: (推奨)安全なパスワードの設定を必須にする
サポート対象エディション: Frontline、Business Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Cloud Identity Premium。 エディションの比較
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  5. [全般] 次に [パスワードの要件] をクリックします。
  6. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオンにします。
  7. パスワードの安全度を選択します。
    • 標準 - PIN またはパスワードの設定を必須にします。画面ロックのパターンは使用できません。パスワードには、任意の文字を自由に組み合わせることができます。
    • - 文字、数字、記号をそれぞれ 1 つ以上使用する必要があります(または Android デバイスに設定したカスタム強度の設定)。この設定は Windows Phone 7 と 7.5 ではサポートされていません。
  8. [最小文字数] にパスワードの最小文字数を入力します。パスワードの安全度を [強] に設定するときは、文字数に 3 以上の値を指定する必要があります。
  9. (省略可)設定時間が経過したデバイスの画面をロックするには、[画面をロックするまでの時間の設定] メニューで時間を選択します。

    この設定は、モバイル デバイスのデフォルト値よりも優先されます。iPhone の場合、デフォルト値は 5 分です。iPad の場合、デフォルト値は 15 分です。

  10. (省略可)パスワードを定期的に再設定することをユーザーに対して要求するには、[パスワードに有効期限を設ける] チェックボックスをオンにして、その日数を入力します。この設定は Android 3.0(Honeycomb)以降のデバイスでサポートされています。
  11. (省略可)期限切れのパスワードの再使用を防ぐには、[期限切れのパスワードをブロックする] チェックボックスをオンにして、再使用できなくする以前のパスワードの数を入力します。たとえば、「2」に設定すると、ユーザーは直近の期限切れパスワードの 2 つを再使用できなくなります。この設定は Android 3.0 以降のデバイスでサポートされています。
  12. (省略可 - この設定は慎重に行ってください)ユーザーが無効なパスワードを一定回数以上入力したときにデバイスを自動的にワイプするには、[指定した回数を超えて間違えたらデバイスをワイプする] チェックボックスをオンにして、数値を入力します。iOS では、試行回数が Android より 1 回少なくなります。たとえば、次のようになります。
    • Android の場合 - 「5」と入力した場合、5 回失敗するとデバイスがワイプされ、出荷時の設定にリセットされます。
    • iOS の場合 - 「5」と入力した場合、4 回失敗するとデバイスがワイプされ、初期状態にリセットされます。
  13. (省略可)[] を選択すると、Android デバイスでの 1 つ以上の文字、数字、記号の要件をオーバーライドできます。[Android にカスタムのセキュリティ要件を設定する] チェックボックスをオンにして、要件を選択します。
  14. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
安全性の低いオプション:(非推奨)パスワード要件を無効にする
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  5. [全般] 次に [パスワードの要件] をクリックします。
  6. [ユーザーのパスワード設定を必須にする] チェックボックスをオフにします。
  7. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false