Cloud Search のユーザー プロフィールを更新する

管理者は、ユーザー同士が互いのプロフィール情報を見つけやすくなるよう設定できます。組織内のユーザーが Google Cloud Search で同僚を検索すると、設定済みの情報を記載したプロフィール カードが検索結果に表示されます。

次の場合、組織内のプロフィールが自動的に検索結果に表示されます。

  • 組織に対してディレクトリを有効にしている。
  • 次のいずれかの方法で、ユーザー アカウントに連絡先情報および従業員情報を追加している。

ユーザー プロフィールを更新する

プロフィールの更新が必要なユーザーが少ない場合、この方法がもっとも簡単です。多数のプロフィールを更新する必要がある場合は、この次に説明するいずれかの方法で一括更新してください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [ユーザー情報] をクリックします。
  6. 次のいずれかをクリックして、ユーザーのプロフィール情報を編集します。
    • 連絡先情報 - 予備のメールアドレス、電話番号、住所
    • メール エイリアス - その他のドメインのメールアドレス
    • 従業員情報 - 従業員 ID、役職、従業員の種類、マネージャーのメールアドレス、部門、コストセンター、ビルディング ID、階の名前、階のセクション
    • カスタム属性フィールド - 管理者がユーザー プロフィールのカスタム属性を作成した場合に、値を入力または編集


      変更するカテゴリを選択します

      ヒント: フィールドに情報を追加すると、新しいフィールドが表示され、別のエントリを追加できるようになります。右側にあるメニューをクリックして、「自宅」や「職場」など、エントリの詳細を指定してください。エントリを削除するには、右側にある削除アイコン 削除 をクリックします。

  7. 右下にある [保存] をクリックします。
  8. (省略可)ユーザーのアカウント ページに戻るには、右上の上矢印アイコン 上矢印 をクリックします。

注: 変更内容が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

スプレッドシートで多数のプロフィールを更新する

この方法では、プログラミングや Google Cloud Directory Sync を使用せずに、一度に多数のプロフィールを更新できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ページの上部にある [ユーザーの一括アップロード] をクリックします。
  4. 既存のユーザーのデータをCSV(カンマ区切り)ファイルでダウンロードします。
  5. Google スプレッドシートや Microsoft® Excel® などのスプレッドシート アプリケーションで CSV ファイルを開きます。

    ファイルには、各プロフィール属性の列が含まれています。

  6. ユーザーのプロフィール情報を更新するか、入力します。表示しない属性については、列を空白のままにします。

    ヒント: 1 人のユーザーに複数の電話番号や住所を追加するには、列に値をカンマで区切って入力します。

  7. CSV ファイル形式でファイルを保存します。
  8. [アップロード] をクリックしてファイルをアップロードします。

    ガイドラインとおすすめの方法については、複数のユーザーをまとめて追加するをご覧ください。

注: 変更内容が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

プロフィールの一括更新(LDAP または API)

これらの方法では、組織の LDAP ディレクトリや他のソースのデータを使用して多数のプロフィールを更新できます。

プロフィール カードに表示されるアカウント情報

Cloud Search のプロフィール カードに表示される情報は、管理者が設定したユーザー アカウントから取得されます。ユーザーのアカウント ページの [アカウント] に登録されている基本情報、連絡先情報、従業員情報が表示されます。

ユーザー アカウントのデータ プロフィール カード
メインのメールアドレス メール
電話(仕事) デスクの電話
携帯電話 携帯電話
住所
(住所が複数ある場合、優先順位に基づいて職場か自宅のいずれかが表示されます)
所在地
役職 役職
マネージャーのメール 直属の上司(直属の部下も表示されます)

注: 特定のユーザーのプロフィール情報に組織内からアクセスできないようにしたい場合は、ディレクトリでそのユーザーを非表示にすることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。