ユーザー プロフィールの更新

ユーザー プロフィールを更新するには、Google 管理コンソールを使用するのが最も簡単です。ユーザー プロフィール情報は、ユーザーを追加するときに入力するか、下記の手順に沿って更新します。管理者がグローバル ディレクトリを有効にしていれば、ユーザーは連絡先管理ツールを使用するときや、アドレス欄に入力するときに、他のユーザーのプロフィールを確認することができます。

更新できる情報

管理コンソールで追加、編集、削除できるプロフィール情報は次のとおりです。

  • 予備のメールアドレス(ユーザーに連絡できるドメイン外のアドレス)
  • 電話番号と住所
  • 従業員 ID、従業員タイプ、タイトル
  • マネージャのメール、部門、コストセンター

連絡先の表示やカレンダーでの会議室の予約には、以下の項目が重要です。

  • 組織
  • 部門
  • 役職
  • マネージャ
  • 場所
  • ウェブサイト

ユーザーのメインのメールアドレスや表示名も変更できます。ユーザー名の変更をご覧ください。

プロフィールを更新するその他の方法

管理者が管理できるプロフィール情報の一覧と、Directory API を使用してプロフィール情報を更新する方法については、G Suite Admin SDK、Directory API リファレンスをご覧ください。Google Cloud Directory Sync(GCDS)を使用して、ユーザー プロフィール情報を管理することもできます。詳しくは、ユーザーデータを Active Directory または LDAP サーバーと同期するをご覧ください。

プロフィール情報の表示方法

ウェブ上の G Suite の多くのアプリでは、ユーザーの名前にカーソルを合わせるとユーザー プロフィール情報が表示されます。

連絡先情報はウェブ上やモバイルアプリ内にも表示され、ユーザーの顔や名前をクリックまたはタップすると多くの場所で利用できます。

カレンダーでの会議室の自動予約

カレンダーでは、ユーザーのデスクの場所をもとにして、インテリジェントに会議室の候補が表示されます。カレンダーでビルディング、設備や機能、リソースを定義済みの場合は、ユーザー プロフィールにデスクの場所を追加できます。こうすると、会議を設定する際に、ユーザーの場所に近く、ゲスト数に適した規模で、離れた場所の相手と通話するための AV 機器のある会議室が候補として表示されます。

管理コンソールでプロフィールを更新する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [ユーザー情報] をクリックします。
  6. 次のいずれかをクリックして、ユーザーのプロフィール情報を編集します。
    • 連絡先情報 - 予備のメールアドレス、電話番号、住所
    • メール エイリアス - 追加のメールアドレス
    • 社員情報 - 従業員 ID、役職、従業員の種類、マネージャのメール、部門、コストセンター
    • カスタム属性フィールド - 管理者がユーザー プロフィールのカスタム属性を作成した場合、値を入力、編集


      変更するカテゴリを選択します

      ヒント: フィールドに情報を追加すると、新しいフィールドが表示され、別のエントリを追加できるようになります。右側にあるメニューをクリックして、自宅職場など、エントリの詳細情報を指定してください。エントリを削除するには、右側にある削除アイコン 削除 をクリックします。

  7. 右下にある [保存] をクリックします。
  8. (省略可)ユーザーのアカウント ページに戻るには、右上の上矢印アイコン 上矢印 をクリックします。

グローバル ディレクトリに変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

関連トピック

ユーザー プロフィールを更新するその他の方法については、次のトピックをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。