移行ツールを使用して管理対象外ユーザーを移行する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

Google Workspace 管理者は、管理対象に含まれないユーザー用の移行ツールを使用して管理対象外ユーザーをドメインに招待することができます。管理対象外ユーザーが存在するかどうかを確認して、そのユーザーにドメインへの招待状を送信できます。

管理者は移行ツールを使用して、組織内の Google Workspace のメールアドレスと一致するメールアドレスを持つ管理対象外ユーザー アカウント(競合するアカウント)を表示できます。表示された個々のユーザーにメールを送信して、個人アカウントを Google Workspace アカウントに移行するようリクエストします。後でリクエストのステータスを確認したり、必要に応じてリクエストをキャンセルしたりすることもできます。

従業員がアカウント移行のリクエストを承諾した場合、管理者にユーザーデータへのアクセス権が付与され、そのアカウントを管理者が管理できるようになります。リクエストを拒否または無視した場合、管理者がそのユーザー用に新しい Google Workspace アカウントを作成すると、そのユーザーには管理対象外の個人アカウントのメールアドレスを変更するよう求めるメッセージが表示されるようになります。この場合、個人アカウントのデータにアクセスしてそれを管理できるのは、その従業員のみです。

注: 

  • 複数のユーザーに対するリクエストの一括送信は、手動で行うことも、CSV ファイルを使用して行うこともできます。詳しくは、CSV を使用して管理対象外ユーザーを移行するをご覧ください。
  • 管理対象外の一般ユーザーがファミリー グループのメンバーになっている場合、そのユーザーを管理対象の Google Workspace アカウントに移行することはできません。

アカウント移行の影響

管理対象外の個人の Google アカウントを Google Workspace の管理対象ユーザー アカウントに移行すると、アカウントは次のようになります。

  • 個人のアカウントに戻すことはできません。
  • ルート組織部門に追加されます。アカウントの移管後は、ユーザーを別の組織部門に移動できます。詳しくは組織部門についてのページをご覧ください。

管理者によってサービスが設定されている場合、移行したユーザー アカウントに次のサービスへのアクセス権が付与されます。

これらの記事に記載されていないサービスについては、個人のアカウントを管理対象アカウントに移行した後に必ずしも正常に機能するとは限りません。

個人のアカウントを移行した場合、一部の Google サービスのデータとコンテンツが失われます。たとえば、Google AdSense、Google アナリティクス、Google Finance、Google マップ、Google マイビジネス、Google Nest、Google Pay またはウォレット、Google Play アプリ、YouTube などのサービスが該当します。

ユーザーには、アカウントを移行する前に自身のアカウント情報を確認してダウンロードしてもらうことをおすすめします。

始める前に

  • TXT レコードまたは CNAME レコードによるドメインの所有権確認が済んでいることをご確認ください。詳しくは、ドメイン所有権の確認についてのページをご覧ください。
  • Google アカウントを作成する前に MX レコードを変更した場合は、ユーザーに移行リクエストが届くように、転送ルールまたはキャッチオール アドレスを設定します。詳しくは、MX レコードの変更によるメールの返送を回避するをご覧ください。
  • 個人アカウントを管理対象アカウントに移行すると、現在のすべての Google Workspace ポリシーが管理対象アカウントに適用されるため、アカウント データが失われる場合があります。たとえば、アカウントに割り当てられているライセンスが不十分な場合や、保持ルールが適用されている場合に、データが失われることがあります。

潜在する競合を見つけて移行リクエストを送信する

競合しそうなアカウントを持つユーザーを確認する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。

  3. ページの右上にある [その他] > [管理対象に含まれないユーザー用の移行ツール] をクリックします。
    [管理対象外のユーザー] ページに、現在管理対象外となっている全ユーザーのリストが表示されます。

管理コンソールのホームページで、管理対象外ユーザーのリストを開くこともできます。

  1. ホームページの右上にある開くアイコン "" をクリックします。
  2. [ツール] の [管理対象に含まれないユーザー用の移行ツール] をクリックします。
いるはずのユーザーが表示されない理由
  • 同期データの更新が追いついていない。通常、これが発生するのは、ドメインの所有権の証明を行ったばかりの場合や、管理対象外のアカウントを最近作成した場合です。すべてのアカウントが表示されるようになるまでには、最長 24 時間ほどかかることがあります。
  • ユーザーがエイリアス ドメインに属している。エイリアス ドメインのアカウントは移行できません。アカウントを移行できるのは、メールアドレスのドメインがプライマリ ドメインまたはセカンダリ ドメインである場合のみです。
  • ユーザーの組織のメールアドレスが、アカウントの予備のメールアドレスとして設定されている。アカウントを移行できるのは、ユーザーのメインのメールアドレスが組織のメールアドレスである場合のみです。このユーザーを作成すると、既存のアカウントから予備としての組織のメールアドレスが削除されます。
  • ユーザーのメールアドレスにサポートされていない特殊文字が含まれている。アカウントを移行するには、特殊文字を使用しないユーザー名に変更する必要があります。
アカウントを組織に移行するようユーザーにリクエストを送信する

アカウントの移行リクエストがまだ送信されていない場合は、ユーザーの [リクエストのステータス] 列に [未招待] と表示されます。

[未招待] のユーザーのみを表示するには:

  1. [フィルタを追加] 次に [リクエストのステータス] をクリックします。
  2. [未送信] を選択して [適用] をクリックします。 
    選択したユーザーのリストが表示されます。

1 人のユーザーに移行リクエストを送信するには:

  1. ユーザーのメールアドレスにカーソルを合わせます。
    最後の列の右側に [移行リクエストをメールで送信] が表示されます。
  2. [移行リクエストをメールで送信] をクリックします。
    移行リクエストが送信されると、確認メッセージが届きます。ユーザーのステータスが [招待済み] に変わります。 

    注: 複数のユーザーに対するリクエストの一括送信は、手動で行うことも、CSV ファイルを使用して行うこともできます。詳しくは、CSV を使用して管理対象外ユーザーを移行するをご覧ください。

複数のユーザーに移行リクエストを送信するには:

  1. 未招待ユーザーのリストの上部にある [ユーザーのメール] ボックスをクリックします。
    画面に選択したユーザー数と [移行リクエストをメールで送信] ボタンが表示されます。
  2. [移行リクエストをメールで送信] をクリックします。  
    移行リクエストが一括送信されると、確認メッセージが届きます。各ユーザーのステータスが [招待済み] に変わります。

    詳しくは、ユーザーによる移行リクエストへの対応をご覧ください。
アカウントの移管リクエストを管理する

組織の管理対象の Google アカウントに移行するよう求められたユーザーの [リクエストのステータス] 列には、[送信済み] と表示されます。左側の [送信済み] を選択して [適用] をクリックすると、リクエストを保留にしているすべてのユーザーが表示されます。

移行リクエストの送信後には、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • 移行リクエストを再送信する
  • 移行リクエストをキャンセルする
1 人のユーザーに移行リクエストを再送信するには:
  1. ユーザーのメールアドレスにカーソルを合わせます。
  2. [移行リクエストを再送信] をクリックします。
    移行リクエストが送信されると、確認メッセージが届きます。ユーザーの [送信したリクエスト] の数が 1 増えます。

    注: 複数のユーザーに対するリクエストの一括再送信は、手動で行うことも、CSV ファイルを使用して行うこともできます。詳しくは、CSV を使用して管理対象外ユーザーを移行するをご覧ください。

複数のユーザーに移行リクエストを再送信するには:

  1. 招待済みユーザーのリストの上部にある [ユーザーのメール] ボックスをクリックします。
    画面に選択したユーザー数と [移行リクエストを再送信] ボタンが表示されます。
  2. [移行リクエストを再送信] をクリックします。  
    移行リクエストが一括送信されると、確認メッセージが届きます。各ユーザーの [送信したリクエスト] の数が 1 増えます。

1 人のユーザーの移行リクエストをキャンセルするには:

  1. ユーザーのメールアドレスにカーソルを合わせます。
  2. [移行リクエストをキャンセル] をクリックします。
    キャンセル リクエストが送信されると、確認メッセージが届きます。ユーザーのメールが [送信済み] リストから削除され、ユーザーの [リクエストのステータス] が [未招待] に変わります。 

    注: 複数のユーザーに対するリクエストの一括キャンセルは、手動で行うことも、CSV ファイルを使用して行うこともできます。詳しくは、CSV を使用して管理対象外ユーザーを移行するをご覧ください。

複数のユーザーの移行リクエストをキャンセルするには:

  1. 招待済みユーザーのリストの上部にある [ユーザーのメール] ボックスをクリックします。
    画面に選択したユーザー数と [移行リクエストをキャンセル] ボタンが表示されます。
  2. [移行リクエストをキャンセル] をクリックします。  
    キャンセル リクエストが一括送信されると、確認メッセージが届きます。各ユーザーのメールが [送信済み] リストから削除され、ユーザーの [リクエストのステータス] が [未招待] に変わります。

ユーザーの対応状況を確認する

ユーザーによる移行リクエストへの対応

管理者が送信する移行リクエストのメールには、[アカウントを移行] というリンクが含まれています。ユーザーがこのリンクをクリックすると、個人の Google アカウントにログインしていない場合はログインするように求められます。

移行を開始するにあたって、ユーザーは規約に同意する必要があります。契約について詳しくは、ユーザーのデータへの影響をご覧ください。

ユーザーが移行を承諾すると、ステータスは「承諾しました」に変わります。これらのユーザーのみを表示するには、左側の [承諾しました] を選択します。

ユーザーが移行リクエストを拒否した場合

ユーザーがメールの [リクエストを拒否] をクリックすると、ステータスは [不承認] に変わります。管理対象の Google アカウントを作成すると、次回のログイン時に個人アカウントの名前を変更するよう求められます。

リクエストを拒否したすべてのユーザーを表示するには、左側の [不承認] を選択します。ユーザーが誤って拒否した場合、管理者は新しい移行リクエストを送信できます。

ユーザーが移行リクエストを無視した場合

管理者は、組織の管理対象の Google アカウント内に、ユーザーと同じメールアドレスでアカウントを作成することができます。管理対象の Google アカウントを作成すると、次回ログイン時に個人アカウントの名前を変更するよう求められます。

ユーザーのデータへの影響

ユーザーが転送リクエストを承認すると、次のことができるようになります。

  • アカウントを管理する。

    注: 新しい Google アカウントでは、移行前にユーザーが作成した Google サイトや予備カレンダーを管理できません。

  • アカウント内のデータにアクセスし、削除する。
  • Google サービスへのアクセスを制限する。

ユーザーが個人アカウントの名前を変更すると、個人アカウントのデータは次のようになります。

  • 個人アカウントにとどまる。
  • 安全で、自分だけがアクセスできる。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false