検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

既存の Google アカウントを見つけて管理する

 

新しい G Suite アカウントにユーザーを追加する場合は、競合するアカウントを回避するために事前に対処しておくことをおすすめします。競合するアカウントの作成を防ぐには、管理対象に含まれないユーザー用の移行ツールを使って既存ユーザーを見つけ、必要な処置をとってください。

このツールを使用すると、組織のメールアドレスを使って個人用の Google アカウントを作成したユーザーがいるかどうかを調べることができます。該当するユーザーには、既存の Google アカウントを組織の G Suite アカウントに移行するようにリクエストします。リクエストを送信済みのユーザーや、リクエストを受け入れたユーザー、拒否したユーザーを確認することも可能です。

このタスクを実行するには、特権管理者としてログインする必要があります。

ご利用の前に

TXT レコードまたは CNAME レコードを使って、ドメインの所有権を証明済みであることをご確認ください。

潜在する競合を見つけて移行リクエストを送信する

競合しそうなアカウントを持つユーザーを表示します。
  1. 管理対象に含まれないユーザー用の移行ツールを起動します。

    ヒント: 管理コンソール ダッシュボードの右側からでも、このツールにアクセスできます。

  2. 管理対象に含まれないすべてのユーザーが 1 列目に表示されます。これらのアカウントのステータスを見るには、プルダウン リストを使用します。
いるはずのユーザーが表示されない理由
  • 同期データの更新が追いついていない。通常、これが発生するのは、ドメインの所有権の確認を行ったばかりの場合です。すべてのアカウントが表示されるまでには数時間かかることもあります。
  • ユーザーがエイリアス ドメインに属している。エイリアス ドメインのアカウントは移行できません。アカウントを移行できるのは、メールアドレスのドメインがプライマリ ドメインまたはセカンダリ ドメインである場合のみです。
  • ユーザーの組織のメールアドレスが、アカウントの予備のメールとして設定されている。アカウントを移行できるのは、ユーザーのメインのメールアドレスが組織のメールアドレスである場合のみです。このユーザーを作成すると、ユーザーの既存のアカウントからは、予備としての組織のメールアドレスが削除されます。
  • ユーザーのメールアドレスに G Suite でサポートされていない特殊文字が含まれている。アカウントを移行するには、特殊文字を使用しないユーザー名に変更する必要があります。
  • ユーザーがドメイン名を大文字にしてアカウントを作成していた。ユーザーを移行できるのは、ドメイン名が完全に一致する場合のみです。この問題を解決するには、次の操作を行います。

    問題のアカウントを jane@DOMAIN.com と仮定します。

    1. jane@domain.com というアカウントを作成し、すぐに削除します。
    2. ユーザーに、https://accounts.google.com/b/0/EditEmail?followup=https%3A%2F%2Fmyaccount.google.com%2Femail にアクセスしてログインしてもらいます。
    3. ユーザーに [後で実行する] をクリックしてもらいます。
    4. ユーザーに完全なメールアドレスを入力してもらいます。このとき、jane@domain.com のように大文字を使用せずに入力します。届いたメールに記載されたリンクをユーザーにクリックしてもらい、名前の変更を完了します。

    これで、ユーザー(jane@domain.com)がアカウント一覧に表示されるようになります。

G Suite へのアカウントの移行リクエストをユーザーに送信する

アカウントの移行リクエストがまだ送信されていない場合は、ユーザーの [ステータス] 列に「リクエスト未送信」と表示されます。これに該当するユーザーのみを表示するには、プルダウン リストで [リクエスト未送信] を選択します。

管理者が G Suite へのアカウントの移行リクエストを送信すると、ユーザーにメールが届きます。詳しくは、ユーザーが移行リクエストを受け入れた場合をご覧ください。

移行リクエストを送信するには:

  1. 移行するユーザーの横にあるチェックボックスをオンにします。

    : この操作は手動で行う必要があります。複数のユーザーに対するリクエストを一括で送信することも可能ですが、API を使用する場合は現在のところ一括送信できません。

  2. リクエスト メールの送信アイコン Email users a request をクリックします。

ユーザーのステータスが「リクエスト送信済み」に変わります。プルダウン リストで [リクエスト送信済み] を選択すると、リクエストを保留しているすべてのユーザーが表示されます。

アカウントの移行リクエストを取り下げる

G Suite へのアカウントの移行リクエストが送信されたユーザーは、[ステータス] 列に「リクエスト送信済み」と表示されます。プルダウン リストで [リクエスト送信済み] を選択すると、リクエストを保留しているすべてのユーザーが表示されます。

リクエストを取り下げる場合は次の操作を行います。

  1. リクエストを取り下げるユーザーの横にあるチェックボックスをオンにします。

    : この操作は手動で行う必要があります。複数のユーザーに対するリクエストを一括で取り下げることも可能ですが、API を使用する場合は現在のところ一括で取り下げることはできません。

  2. 削除アイコン 削除 をクリックします。

ユーザーのステータスが「リクエスト未送信」に変わります。プルダウン リストで [リクエスト未送信] を選択すると、これに該当するユーザーが表示されます。

ユーザーの判断を表示する

ユーザーが移行リクエストを受け入れた場合

管理者が G Suite へのアカウントの移行リクエストを送信すると、ユーザーにメールが届きます。

メールに記載された [アカウントを移行します] をユーザーがクリックすると、個人の Google アカウントにログインするよう求められます(まだログインしていない場合)。移行を開始するにあたって、ユーザーは規約に同意する必要があります。規約の詳細については、ユーザーのデータへの影響をご覧ください。

ユーザーのステータスは「リクエスト受け入れ」に変わります。プルダウン リストで [リクエスト受け入れ] を選択すると、これに該当するユーザーが表示されます。

ユーザーが移行を拒否した場合

ユーザーが [リクエストを拒否します] をクリックした場合、管理者がそのユーザー用に新しい G Suite アカウントを作成すると、そのユーザーには個人アカウントの変更を求めるメッセージが表示されるようになります。

ツールに表示されるユーザーのステータスは [リクエスト拒否] に変わります。プルダウン リストで [リクエスト拒否] を選択すると、これに該当するユーザーが表示されます。ユーザーが誤って拒否した場合は、管理者が新しい移行リクエストを送信できます。

ユーザーがリクエストを無視した場合

管理者は、ユーザーが使っている同じメールアドレスで新しい G Suite アカウントを作成できます。新しい G Suite アカウントが作成されたユーザーには、古いアカウント名の変更を求めるメッセージが表示されます。

ユーザーのデータへの影響

移行リクエストをユーザーが受け入れた場合、管理者は次の操作を行うことができます。

  • アカウントを管理する。

    : 移行前にユーザーが作成したサイトおよび予備カレンダーは、G Suite ドメインの管理対象ではありません。

  • アカウント内のデータにアクセスし、削除する。
  • Google サービスへのアクセスを制限する。

アカウントの移行リクエストをユーザーが拒否または無視した場合、そのユーザーが次にログインするときにアカウントのメールアドレスの変更を求めるメッセージが表示されます。

ユーザーがアカウントのメールアドレスを変更した場合は次のようになります。

  • 個人アカウント内のすべてのデータは、そのアカウント内に残ります。
  • 個人アカウント内のデータは引き続き保護され、本人以外がアクセスすることはできません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。