カレンダーの監査ログ

Google カレンダーでユーザーの予定に対して行われた変更を確認する

この機能は、従来の無償版 G Suite、G Suite for Government、G Suite Essentials ではご利用いただけません(各エディションの比較)。

Google カレンダーの監査ログでは、カレンダー、予定、登録に対して行われた変更や、関連のメール通知を確認することができます。この情報は、問題に対処する場合や、ユーザーがカレンダー、共有カレンダー、カレンダー内の特定の予定に不一致や予期しない変更があることに気づいた場合に役立ちます。通常、ユーザーの操作は 30 分以内にログに記録されます。

カレンダーの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側にある [監査ログ] で、[カレンダー] をクリックします。
  4. (省略可)確認する項目をカスタマイズするには、右側にある「列を管理」アイコン "" をクリックし、表示または非表示にする列を選択して [保存] をクリックします。

表示できるデータ

データの種類 説明
アクティビティ名 記録された操作(カレンダー、予定、ゲストの追加または削除、予定の通知に対する登録の追加または削除など)。詳しくは、アクティビティ名の詳細をご覧ください。
アクティビティの説明 [アクティビティ名] 欄に記載されているイベントの詳細。
ユーザー ログに記録されている操作をトリガーしたユーザー。
カレンダー ID ログに記録されている操作が行われたカレンダーの ID。
予定のタイトル カレンダーの予定のタイトル。
予定 ID カレンダーの予定の ID。
メッセージ ID メール通知の ID。
送信先メールアドレス メール通知の受信者。
リモート EWS の URL

Exchange Web サービス(EWS)のエンドポイントの URL。カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。

エラーコード 失敗したリクエストに関連付けられたエラーコード。カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。
リクエストされた開始時間 空き情報を検索する期間の開始日時。カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。
リクエストされた終了時間 空き情報を検索する期間の終了日時。カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。
API の種類 ログに記録された操作に使用された API。以下のようなオプションがあります。
  • Android(Google 製とサードパーティ製のカレンダー アプリケーション)
  • CalDAV(通常は Apple 端末)
  • Calendar API
  • iOS 版カレンダー
  • ウェブ版カレンダー
  • Gmail の ICS パーサー(他のカレンダー システムからの予定に関するメール)
  • Gmail からの予定
  • EWS(カレンダーの相互運用で使用)
ユーザー エージェント カレンダーの予定に関連付けられたユーザー エージェント ソフトウェア。
日付 イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)。
IP アドレス ログに記録された操作に関連付けられたインターネット プロトコル(IP)アドレス。通常はユーザーの物理的な位置を表しますが、プロキシ サーバーまたはバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)のアドレスである場合もあります。

アクティビティ名の詳細

[フィルタを追加] でアクティビティ名を選択し、そのイベントのデータをフィルタします。監査レポートには、設定した期間中にイベントが発生するたびにログエントリが表示されます。イベントにはわかりやすい名前が付いています。たとえば、[カレンダーの作成] を選択した場合、ユーザーがカレンダーを作成するたびにレポートにログエントリが表示されます。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。