検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google Apps は G Suite として生まれ変わりました。サービスの内容はこれまでと同じで、名称のみの変更です。

Apple Push Certificate の使用

この機能は、G Suite のすべてのエディションでご利用いただけます。

Apple® iOS® 端末から高度な管理を行うには、Apple Push Certificate を使用する必要があります。この証明書は、端末とドメイン間での信頼できる接続を確立するものです。証明書は毎年更新されることをおすすめします。なお、基本管理を行う場合には、Apple Push Certificate を使用する必要はありません。

モバイル端末管理機能の設定を終えているかご確認ください。モバイル端末管理機能の設定は、一連の iOS 端末の設定の一環として行います。iOS のモバイル端末管理機能の設定手順に沿って、この設定を行ってください。

Apple Push Certificate の作成と更新

iOS モバイル端末を管理するには、Apple Push Certificate を作成し、毎年更新してください。

すべて開く   |   すべて閉じる

Apple Push Certificate の作成

Apple Push Certificate を作成するには、まず G Suite の管理コンソールで証明書署名リクエストを生成します。生成されたリクエストを Apple Push Certificates Portal から送信して、受け取った証明書を管理コンソールで確認すると、作成の手順が完了します。

この手順を完了するには、Apple ID とパスワードを使用する必要があります(Apple ID とパスワードがない場合は、この処理の中で作成することができます)。

新しい証明書のリクエストを生成するには:

ブラウザ ウィンドウを再読み込みしたり、表示されているページから移動したりしないで、次の手順を行うことをおすすめします。再読み込みやページの移動をしないことで、送信する証明書署名リクエストと受け取る署名済み証明書が確実に一致します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [セットアップ] > [Apple Push Certificate] の順にクリックします。
  4. [Apple Push Certificate を設定] リンクをクリックします。
  5. [iOS 証明書を設定] ページで [ダウンロード] をクリックし、後でアクセスしやすい場所に証明書署名リクエスト ファイル(.csr)を保存します。このファイルは一度だけダウンロードしてください。
  6. 確認のチェックボックスをオンにします。次の手順がページに表示されます。
  7. 次の手順に進み、新しい証明書を受け取ります。

新しい証明書を受け取るには:

  1. (省略可)Apple ID を作成するには、iOS 証明書のページで [Apple ID を作成] をクリックし、開かれたタブ上のフォームに記入します。Apple ID を G Suite のドメイン名と関連付けることをおすすめします。Apple ID を入手した後、この ID を使用して証明書を受け取ることができます。
  2. iOS 証明書のページで [Apple Push Certificates Portal] をクリックします。Apple ID とパスワードを入力してログインし、Apple のウェブサイトに移動します。
  3. Apple Push Certificates Portal で次の手順を行い、証明書署名リクエストを送信します。
    1. [証明書を作成] をクリックし、利用規約に同意します。
    2. [ファイルを選択] をクリックし、前の手順で保存した証明書署名リクエスト ファイル(.csr)を選択して開きます。この操作を行うと、[ファイルを選択] の横にファイル名が表示されます。
    3. [アップロード] をクリックしてリクエスト ファイルを送信します。
      Apple がリクエストを承諾すると、[確認] ページが表示されます。[確認] ページには、サービスの種類、ベンダーのドメイン、証明書の有効期限がリストされます。
  4. [確認] ページで [ダウンロード] をクリックし、後でアクセスしやすい場所に署名済み証明書ファイル(.pem)を保存します。これで Apple Push Certificates Portal からログアウトできますが、他のページは開いたままにしておいてください。
  5. ページを再読み込みしないで、[管理コンソール] のタブまたはウィンドウを再表示します。これで iOS 証明書のページに戻ります。
  6. 確認のチェックボックスをオンにします。次の手順がページに表示されます。
  7. [証明書ファイルを選択] をクリックし、Apple の [確認] ページで保存した証明書ファイル(.pem)を選択して開きます。この操作を行うと、ページにファイル名が表示されます。
  8. 確認のチェックボックスをオンにします。[確認] ボタンが表示されます。
  9. [確認] をクリックします。
    新しい証明書がシステムで確認されます。問題があるときは、送信した証明書署名リクエストが、その日に Apple からダウンロードしたものであることを確認してください。ご使用のシステムに複数の署名リクエストがあるときは、すべてのリクエストを削除して、この手順を最初からやり直してください。
  10. [設定作業を続行] をクリックし、モバイル端末管理機能を設定するの手順に沿って設定を続けます。
  11. [端末管理] > [セットアップ] > [Apple Push Certificate] の順にクリックし、Apple ID を入力して保存します。あとで Apple ID を参照する際に便利です。証明書を更新する際にこの情報が必要になります(更新時にこの情報がお手元にない場合は、代わりに新しい証明書を作成する必要があります。一部の設定作業を組織内の iOS 端末ユーザーが再度行う必要があります。ユーザーが G Suite のデータを同期するには、この再登録を行っておくことが必須となります)。
Apple Push Certificate の更新

iOS モバイル端末を継続的に管理するために、Apple Push Certificate を毎年更新してください。

この手順を正常に完了するには、既存の証明書の設定に使用したものと同じ Apple ID とパスワードを入力する必要があります。この情報がお手元にない場合は、代わりに新しい証明書を作成する必要があります(ただし、既存の証明書を更新せずに新しい証明書を作成した場合、一部の設定作業を組織内の iOS 端末ユーザーが再度行う必要があります。ユーザーが G Suite のデータを同期するには、この再登録を行っておくことが必須となります)。

更新リクエストを生成するには:

ブラウザ ウィンドウを再読み込みしたり、表示されているページから移動したりしないで、次の手順を行うことをおすすめします。再読み込みやページの移動をしないことで、送信する証明書署名リクエストと受け取る署名済み証明書が確実に一致します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [セットアップ] > [Apple Push Certificate] の順にクリックします。

    このページでは、既存の証明書の一意の ID(UID)や有効期限など、現在の証明書の設定を確認できます。この画面で Apple ID を入力しておくと、Apple ID も同時に確認できるようになり便利です。

  4. [証明書を更新] をクリックします。
  5. [iOS 証明書を更新] ページで [ダウンロード] をクリックし、後でアクセスしやすい場所に証明書署名リクエスト ファイル(.csr)を保存します。このファイルは一度だけダウンロードしてください。
  6. 確認のチェックボックスをオンにします。次の手順がページに表示されます。
  7. 次の手順に進み、更新された証明書を受け取ります。

更新された証明書を受け取るには:

  1. iOS 証明書のページで [Apple Push Certificates Portal] をクリックします。Apple ID とパスワードを入力してログインし、Apple のウェブサイトに移動します。
  2. Apple Push Certificates Portal を使って、次の手順で証明書署名リクエストを送信します。
    1. (省略可)複数の証明書が表示されている場合は、各証明書の横にある [i] ボタンをクリックして、更新する証明書の UID を確認します。
    2. 更新する証明書の横にある [更新] をクリックし、利用規約に同意します。
    3. [ファイルを選択] をクリックし、前の手順で保存した証明書署名リクエスト ファイル(.csr)を選択して開きます。この操作を行うと、[ファイルを選択] の横にファイル名が表示されます。
    4. [アップロード] をクリックしてリクエスト ファイルを送信します。
      Apple がリクエストを承諾すると、[確認] ページが表示されます。[確認] ページには、サービスの種類、ベンダーのドメイン、証明書の有効期限がリストされます。
  3. [確認] ページで [ダウンロード] をクリックし、後でアクセスしやすい場所に署名済み証明書ファイル(.pem)を保存します。これで Apple Push Certificates Portal からログアウトできますが、他のページは開いたままにしておいてください。
  4. ページを再読み込みしないで、[管理コンソール] のタブまたはウィンドウを再表示します。これで iOS 証明書のページに戻ります。
  5. 確認のチェックボックスをオンにします。次の手順がページに表示されます。
  6. [証明書ファイルを選択] をクリックし、[確認] ページで保存した証明書ファイル(.pem)を選択して開きます。この操作を行うと、ページにファイル名が表示されます。
  7. 確認のチェックボックスをオンにします。[確認] ボタンが表示されます。
  8. [確認] をクリックします。
    更新された証明書がシステムで確認されます。問題があるときは、送信した証明書署名リクエストが、その日に Apple からダウンロードしたものであることを確認してください。ご使用のシステムに複数の署名リクエストがあるときは、すべてのリクエストを削除して、この手順を最初からやり直してください。
  9. [端末管理] > [セットアップ] > [Apple Push Certificate] の順にクリックし、Apple ID を入力して保存します。あとで Apple ID を参照する際に便利です。証明書を次回更新する際にこの情報が必要になります(更新時にこの情報がお手元にない場合は、代わりに新しい証明書を作成する必要があります。一部の設定作業を組織内の iOS 端末ユーザーが再度行う必要があります。ユーザーが G Suite のデータを同期するには、この再登録を行っておくことが必須となります)。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。