データ移行サービスの利用を開始する

どの Google 移行サービスを使用すべきかわからない場合は、移行サービスの一覧をご覧ください

データ移行サービスを使用すると、Google 管理コンソールを使って新しい Google Workspace アカウントに簡単にデータを読み込むことができます。すべての移行対象データがコピーされ、移動または削除は行われないので、移行後も引き続き移行元アカウントのデータにアクセスできます。移行元アカウントによっては、データ移行サービスを使用してメール、カレンダー、連絡先データを移行できます。

データ移行サービスを設定する

  1. 移行先アカウントがサポート対象かどうか確認する

    大部分のシステムから移行できますが、移行先のアカウントおよび設定によっては、移行できるデータに影響が生じることがあります。

  2. 新しい Google アカウントでデータの移行準備を行う

    開始する前に、新しい Google Workspace アカウントでデータ移行の準備が整っていることをご確認ください。

  3. 移行元アカウントを設定する

    データ移行サービスを使用するには、移行元アカウントでいくつかの設定手順を実施する必要があります。

  4. 移行プロセスを開始する

    データ移行サービスを使用すると、管理コンソールの簡単な手動プロセスに沿って設定、移行、トラブルシューティングを実施できます。ほとんどのメールサーバーは自動的に接続できます。

スマート機能とパーソナライズについて

管理者またはユーザーは、Gmail、Chat、Meet のデータを、Gmail、Chat、Meet のスマート機能や、他の Google サービスのパーソナライズ機能のために使用するかどうかを決めることができます。これらの設定は管理者が行うことができますが、ユーザーはいつでも各自で設定を選択できます。詳しくは、Gmail、Chat、Meet のスマート機能とパーソナライズを有効または無効にするをご覧ください。

: データ移行後にスマート機能とパーソナライズを使用するには、移行前に有効にしておく必要があります。有効にしない場合、自動並べ替えなど Gmail の一部の機能が動作しません。

関連トピック

組織にとって適切なデータ移行サービス


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false