ユーザーのカレンダーを有効または無効にする

カレンダー管理者は、Google カレンダーを使用できる組織内のユーザーを指定することができます。カレンダーが有効になっているユーザーのアカウントでは、スケジュールの管理や共有を行えます。

外部からカレンダーの招待状を受信し、処理するには、Gmail サービスが有効になっている必要があります。また、Gmail が組織のメインのメールシステムではない場合、カレンダーで処理できる外部からのカレンダーの招待状は、メインのメールシステムから Gmail に転送されたものに限られます。

: カレンダーが無効の場合、統合型 Gmail の [Meet] の [参加予定の会議] に今後の会議予定は表示されません。詳しくは、統合型 Gmail に関する記事をご覧ください。

組織でカレンダーを使用できるユーザーを設定する

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [カレンダー] にアクセスします。
  3. [サービスのステータス] をクリックします。
  4. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  5. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

  6. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご覧ください。  

次のステップ

カレンダーを有効にした後: 共有権限を設定する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。