管理アカウントで Gmail の有効 / 無効を設定する

Drive Enterprise エディションをご利用の場合、このサービスを利用するには G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。

ここでご紹介するのは、一部のユーザーに対して Gmail を有効または無効にするための手順です。管理コンソールで Gmail サービスを削除する方法について詳しくは、Gmail サービスを無効にするをご覧ください。

G Suite 管理者は、組織内でどのユーザーが Gmail を使用できるかをコントロールすることができます。必要な操作は、Google 管理コンソールで、該当するユーザーに対して Gmail の有効と無効を切り替えるだけです。Gmail が有効になっているユーザーのアカウントには Gmail が表示されます。また、ドメインのメールフローを設定すると、ユーザーは組織のアドレスを使って Gmail でメールを送信できるようになります。

始める前に

G Suite ドメインのビジネス用メールアドレスを Gmail で使用しないようにするには、メールフローを使用するメールサービスにリダイレクトします。ドメインの MX レコードが Google のサーバーを参照している場合は、メールのリダイレクト先として別のサーバーを参照するようレコードを更新します。

注:

  • Google カレンダー - Gmail が無効になると、G Suite ドメイン外のユーザー、または Exchange、Yahoo などの他のサービスからメールで送られたカレンダーの招待状は、カレンダーに自動表示されなくなります。同じ G Suite ドメイン内のユーザーから届く招待状は、引き続きカレンダーに自動的に表示されます。
  • Google サーバーを経由するように MX レコードが指定された状態のまま Gmail サービスを無効にしても、メールはこれまでどおり配信されます。

組織で Gmail を利用できるユーザーを管理するには

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスのオンとオフを切り替えるには、対象ユーザーを組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] にアクセスします。
  3. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  4. 個々の組織部門に設定を適用するには、次の操作を行います。

    • 左側で、設定変更の対象ユーザーが所属する組織部門を選択します。
    • [オン] または [オフ] を選択して設定を変更します。
    • [オーバーライド] をクリックすると、親の設定が変更された場合でも、設定がそのまま維持されます。
    • 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかのオプションを選択します。
      継承 - 親と同じ設定に戻します。
      保存 - 親の設定が変更された場合でも、新しい設定を保存します。

    詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、管理コンソールの設定が更新されないをご覧ください。

多数のユーザーを管理している場合や、LDAP ディレクトリを同期している場合

アクセス グループを使用すると、組織部門のユーザーに対してサービスをオンにすることができます。組織に対してサービスをオフにしてから、サービスがオンになっているアクセス グループにユーザーを追加します。これにより、組織構造を変更することなくサービスへのアクセス権をユーザーに付与できます。詳しくは、アクセス グループについてのページをご覧ください。

Gmail の設定はまだ完了していません

Gmail サービスを有効にするだけでは、ユーザーの Gmail アカウントへのメールの配信は開始されません。まずユーザー アカウントを作成してから、メールが G Suite に配信されるようにメールフローを切り替える必要があります。

詳しい手順については、チーム用に Gmail を設定するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。