ドキュメント エディタでアドオンを許可または制限する

管理者(およびユーザー)は、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームでアドオンを使用することにより、ファイルで利用できる機能を拡張することができます。アドオンの例として、ドキュメント承認システム、デジタル署名、プレゼンテーション向けの高度な画像編集などがあります。管理者は、ユーザーに代わってアドオンをインストールしたり、ユーザーによるアドオンのインストールを許可したりできます。インストールしたアドオンは、同じ種類のすべてのファイルで使用できます。

アドオンを探してインストールする

ユーザーは Google Workspace Marketplace からアドオンをインストールすることができますが、管理者はユーザーのためにアドオンをインストールしたり、ユーザーがインストールできるアドオンを限定するために特定のアドオンをホワイトリストに登録したりすることができます。詳しくは、下記の「組織向けに Google Workspace Marketplace アドオンをインストールする」をご覧ください。

注: Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム用のアドオンは Google Workspace Marketplace に移行中であるため、アプリ デベロッパーと協力して該当のアドオンを移行してください。移行が完了するまでは、アドオンをアンインストールしないようご注意ください。移行されていないアドオンは、Google Workspace Marketplace で探して再インストールすることができないためです。

組織向けに Google Workspace Marketplace アドオンをインストールする

ユーザーに対して組織外からのアドオンのインストールと使用を許可する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [機能とアプリケーション] をクリックします。
  4. [アドオン] をクリックします。
  5. [アドオンストアからの Google ドキュメント アドオンのインストールをユーザーに許可する] チェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。