Google グループについて

この記事は管理者向けです。ご自身のグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

Google グループには、コミュニケーションやコラボレーションに役立つ次の 2 つのサービスがあります。

これら 2 つのサービスでは、組織のユーザーが Google グループ(groups.google.com)で行える操作の範囲を指定できます。

どちらのサービスも、ユーザー インターフェース上は Google グループと呼ばれます。

注: Google グループのデザインが一新されて、コントロールが更新されました。詳しくは、新しくリリースされる Google グループについてをご覧ください。

この記事の内容

New Google Groups home page


すべて開く|すべて閉じる

2 つの Google グループ サービスの概要

ビジネス向け Google グループ(G Suite コアサービス)

ビジネス向け Google グループは Google Workspace のコアサービスです。管理者は、このサービスに関する組織の設定を Google 管理コンソールで制御します。ビジネス向け Google グループの設定と、ご利用の Google Workspace ライセンスの種類によって、組織内のユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)で行える操作が異なります。

Groups for Business turned on

ビジネス向け Google グループが有効で、いずれかの G Suite ライセンスがある場合:

ビジネス向け Google グループが有効で、G Suite Basic 以上のライセンスがある場合:

Groups for Business turned off

ビジネス向け Google グループが無効にされている場合:

  • 組織のアカウントでは Google グループのインターフェース(groups.google.com)にアクセスできません。
  • 組織のアカウントでは共同トレイを使用できません。共同トレイにアクセスするには Google グループのインターフェースが必要です。
  • 管理者以外のユーザーが、組織内に独自のグループを作成することはできません。
  • 管理者であれば、管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync でメーリング リストを作成して管理できます。
  • 組織内のユーザーは、組織のアカウントを使って外部グループを閲覧できる場合があります。アクセスできるかどうかは、Google グループ(その他のサービス)が有効であるか無効であるかによって異なります。

関連トピック

Google グループ(その他の Google サービス)
Groups logo

Google グループはその他の Google サービスです。

このサービスは、ユーザーが Google グループ(groups.google.com)で使用している組織のアカウントを使って外部グループにアクセスできるかどうかを制御します。外部グループとは、一般ユーザー向けのグループを含む、組織外の任意のグループのことです。このサービスはデフォルトでオンになっていますが、必要に応じてオフにすることができます。

  • オン - 組織内のユーザーは、組織のアカウントを使用して外部のグループにアクセスできます。

  • オフ - 組織内のユーザーは、組織のアカウントにログインしているとき、組織のグループにのみアクセスできます。

: ユーザーは組織外のアカウントからいつでも外部グループにアクセスできます。

関連トピック

管理者が Google グループで行える操作

グループを作成できるユーザーを管理する

ビジネス向け Google グループが有効になっている場合、組織全体の共有オプションを設定できます。

  • 組織のみ - 組織内のすべてのユーザーにグループの作成と管理を許可する
  • 一般公開 - ウェブ上のすべてのユーザーに組織のグループへの参加を許可する
  • 管理者のみ - グループを非公開にして、管理者のみがグループを作成できるようにする

詳しくは、共有オプションに関するページをご覧ください。

また、コンテンツの管理の有効化、メンバーのロールの管理、グループ権限の設定も行うことができます。詳しくは、コンテンツの管理メンバーのロールに関する記事をご覧ください。

グループで共同編集する

グループでは次のことができます。

Mailing list groups
  • シンプルなメーリング リスト グループを作成する - 1 つのメールアドレスでグループの全員にメールを送信できます。詳しくは、メーリング リストを作成するをご覧ください。
Collaborative inbox groups
  • グループを共同トレイとして設定する - グループ メンバー、同僚、顧客からのリクエストまたはサポート チケットの割り当てと管理を行うことができます。組織で共同トレイを使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。
グループを使用してサービスを有効にする、または構成する

次の表に、G Suite のグループ管理者が Google グループでできることを示します。

タスク 説明
すべてのグループを管理する 組織のすべてのグループを、管理コンソールと Directory API で管理できます。詳しくは、グループの管理に関する記事をご覧ください。
組織内のユーザー全員を含むグループを作成する これらのグループを使用して、組織全体にメール通知を送信します。詳しくは、組織全体のグループを作成する方法に関する記事をご覧ください。
共有設定を選択する グループを閲覧できるユーザー、グループに参加できるユーザー、組織内で独自のグループを作成できるユーザーを指定します。詳しくは、ビジネス向け Google グループの共有設定に関する記事をご覧ください。
グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または設定する 所属する組織部門が異なる複数のユーザーに対して、ドライブなどのサービスを有効にするには、グループを作成してそれらのユーザーをまとめ、そのグループに対してサービスを有効にします。詳しくは、グループを使用して G Suite などの Google サービスの利用を柔軟に管理する方法をご覧ください。
LDAP サーバーのメーリング リストを移行または同期する 組織に LDAP サーバーがある場合は、Google グループを使用してそのサーバー上のデータを移行または同期できます。詳しくは、メーリング リストの Google グループへの移行をご覧ください。

関連トピック

グループの作成場所による違い

管理コンソール、Directory API、Google Cloud Directory Sync で作成したグループは、どの種類のグループとしても使用できます。

Google グループ(groups.google.com)で作成したグループは、コミュニケーションとコラボレーションのためのグループとしてのみ使用できます。

次の表に、作成できるグループの種類、作成手段、ビジネス向け Google グループが必要かどうかを示します。

組織内のグループを作成するインターフェース アクセス グループと設定グループ メーリング リスト専用グループ 共同トレイ(内外)
管理コンソール: ホーム 次に [グループ] 可能。ただし、管理コンソールでグループを作成した後、Google グループ(groups.google.com)でグループの種類を選択する必要があります。このインターフェースは、ビジネス向け Google グループがオンの場合のみ利用できます。
可能。ただし、Google グループ(groups.google.com)の機能を使用するには、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。
Google グループ(groups.google.com 不可 可能。組織内のグループの場合、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。
Google Cloud Platform Console のグループ 不可 不可 可能。組織内のグループの場合、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。
グループ インターフェースの場所

次の表は、Google グループのユーザー インターフェースをまとめたものです。

インターフェース 使用者 説明

管理コンソールの [グループ] リスト:

[アプリ] 次に [グループ]

管理者 組織内のすべてのグループが表示されます。[グループ] リストでは、グループを作成、表示、管理できます。Google グループのサービス設定にかかわらず、管理コンソールでは常に [グループ] リストを閲覧できます。ただし、管理コンソールでグループを表示したり、グループにメッセージを送信したりすることはできません。

Google Cloud Directory Sync 経由で追加したグループは、このリストに表示されますが、読み取り専用です。管理コンソールからは変更できません。

管理コンソールのビジネス向け Google グループの設定:

[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ビジネス向け Google グループ]

管理者

Google グループのインターフェース(groups.google.com)で組織のグループの設定を管理できます。

管理者が高度な機能を管理するには、ビジネス向け Google グループを有効化または無効化します。

管理コンソールの Google グループ(その他の Google サービス)の設定:

[アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に [Google グループ]

 

管理者

組織内のアカウントから組織外のグループへのアクセスを管理します。その他のサービスが無効の場合、ユーザーは組織アカウントにログイン中は組織外のグループにアクセスできません。

Google グループ(その他の Google サービス)はデフォルトで有効にされていますが、必要に応じて無効にできます。

Google グループ(groups.google.com

管理者、ユーザー、ウェブ上のすべてのユーザー

組織内外のグループにアクセスできます。グループの公開設定は次の条件によって異なります。

  • ビジネス向け Google グループと Google グループ(その他のサービス)に関する組織の設定。
  • 各グループの公開設定
  • ユーザーのアカウント。ユーザーは組織外のアカウントからであれば常に外部のグループにアクセスできます。

ビジネス向け Google グループが有効にされている場合

概要
Groups for Business turned on

ビジネス向け Google グループが有効にされていて、G Suite Basic 以上のライセンスがある場合:

  • Google グループのインターフェース(groups.google.com)を使用できます。
  • 高度な機能を持つグループを作成できます。ユーザーに対して独自のグループの作成を許可することも可能です。
  • 共同トレイやメンバー管理設定などの高度な機能を使用できます。

ビジネス向け Google グループが有効であれば、管理者は管理コンソールでもグループを作成できます。

メーリング リストと共同トレイを作成する
Mailing list groups

メーリング リスト

グループはメーリング リストとして設定することができます。メーリング リスト グループは、部門、プロジェクト チーム、クラス、事業所、分科会などの単位でやり取りする際に役立ちます。グループのメールアドレスを使用すると、次のことができます。

  • すべてのグループ メンバーにメールを送信する
  • グループのメンバーを会議に招待する
  • グループのメンバーとコンテンツ(ドキュメント、サイト、動画、カレンダーなど)を共有する

作成方法についての詳細

Collaborative inbox groups

共同トレイ

共同トレイとは、オンライン ヘルプグループの一種で、メンバーは次のことができます。

  • 自分が担当するスレッドを引き受ける
  • スレッドを別のグループ メンバーに割り当てる
  • スレッドに重複のマークを付ける
  • 会話に完了のマークを付ける


共同トレイの作成方法をご確認ください

ユーザーが独自のグループを作成、管理できるようにする

誰が組織内にグループを作成できるかは、管理者が指定します。管理者のみがグループを作成できるようにすることも、ユーザーが独自のグループを作成して管理できるようにすることも可能です。また、組織外のユーザーにグループへの参加を許可するかどうかも指定できます。これらのオプションは、管理コンソールのビジネス向け Google グループの共有設定で選択します。詳しくは、ビジネス向け Google グループの共有設定に関する記事をご覧ください。

メンバーにロールと権限を割り当てる

グループ メンバーにロールを割り当てることで、メンバーが Google グループで行える操作と行えない操作を指定できます。デフォルトのロールには、メンバー、マネージャー、オーナーがあります。詳しくは、ユーザーにグループのロールを割り当てるをご覧ください。

コンテンツを検索、フィルタする、ラベルを付ける

検索演算子を使用して Google グループのコンテンツを検索したり、よく使用する検索クエリを保存したりできます。また、スレッドにラベルを付けて整理し、ラベルでスレッドを絞り込むことができます。日付、解決ステータス、担当者などのオプションでグループのスレッドを絞り込むことも可能です。コンテンツにラベルを付ける方法をご覧ください。

会話の履歴を保存する

会話の履歴を有効にすると、メンバーがオンラインでスレッドを閲覧できます。会話の履歴が無効にされている場合、メンバーはメールでのみスレッドを閲覧できます。会話の履歴を有効または無効にする方法をご覧ください。

グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または構成する

管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync で作成されたグループは、次の目的で使用できます。

  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスをオンにする - Google ドライブなどの Google Workspace サービスを、組織部門全体ではなくユーザー グループに対して有効にできます。詳しくは、アクセス グループについての記事をご覧ください。
  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスを設定する - Google Meet などの Google Workspace サービスの設定を、組織部門全体ではなくユーザー グループに適用できます。詳しくは、グループを使用した Google Workspace サービスの設定についての記事をご覧ください。

: 管理コンソールまたは Admin SDK で作成したグループに対してのみ、サービスをオンにできます。Google グループ(groups.google.com)で作成したグループを使用して Google Workspace サービスをオンにしたり設定したりすることはできません。

ビジネス向け Google グループが無効にされている場合

概要
Groups for Business turned off

ビジネス向け Google グループが無効にされている場合:

  • Google グループのインターフェース(groups.google.com)は、組織では使用できません。
  • この場合も管理コンソール、Directory API、または Google Cloud Directory Sync を使えば、グループを作成して管理できます。ただし、グループを共同トレイとして使用することや、ユーザーが組織内で独自のグループを作成することはできません。

 

コミュニケーションとコラボレーションのためにグループを作成する
  • グループでのコミュニケーション - グループ内のユーザー全員に 1 つのメールアドレスでメールを送信できます。メーリング リスト グループは、部門、プロジェクト チーム、クラス、事業所、分科会などの単位でやり取りする際に役立ちます。グループの設定方法について詳しくは、メーリング リストをご覧ください。
  • ドキュメント、サイト、動画、カレンダーの共有 - 個々のアドレスではなくグループのメールアドレスを使用して、チームとコンテンツを共有できます。詳しくは、Google グループを使用してコンテンツを共有するをご覧ください。
グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または設定する
  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスをオンにする - Google ドライブなどの Google Workspace サービスを、組織部門全体ではなくユーザー グループに対して有効にできます。詳しくは、アクセス グループについての記事をご覧ください。
  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスを設定する - Google Meet などの Google Workspace サービスの設定を、組織部門全体ではなくユーザー グループに適用できます。詳しくは、グループを使用した Google Workspace サービスの設定についての記事をご覧ください。

: 管理コンソールまたは Admin SDK で作成したグループに対してのみ、サービスをオンにできます。Google グループ(groups.google.com)で作成したグループを使用して Google Workspace サービスをオンにしたり設定したりすることはできません。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。