Google グループについて

この記事は G Suite 管理者を対象としています。ご自身のグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

G Suite には、ビジネス向け Google グループGoogle グループという 2 つの Google グループ サービスがあります。どちらのサービスでも、組織内のユーザーが groups.google.com からどのような操作を行えるかを、管理者が指定できます。

The Google Groups interface

この記事の内容


すべて開く  |   すべて閉じる


各サービスについて

ビジネス向け Google グループ(コアサービス)

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

ビジネス向け Google グループは G Suite のコアサービスであり、組織に対する各種設定は、管理者が管理コンソールから行えます。ビジネス向け Google グループが有効であるか、無効であるかによって、組織内のユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)で行えることが異なります。

Groups for Business turned on

ビジネス向け Google グループが有効の場合:

  • 次のアドレスから Google グループのインターフェースを使用できます。
    groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum 
  • 管理者は高度な機能にアクセスできるグループを作成できます。ユーザーに対して独自のグループの作成を許可することも可能です。高度な機能には、ウェブ フォーラム、共同トレイ、メンバー管理設定などがあります。
  • 管理者は、管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync からでもグループの作成および管理を行うことができます。
  • 組織内のユーザーは、組織のアカウントを使って一般ユーザー向け Google グループのインターフェース(groups.google.com/forum)にアクセスできる場合があります。アクセスできるかどうかは、Google グループ(その他のサービス)が有効であるか無効であるかによって異なります。
Groups for Business turned off

ビジネス向け Google グループが無効の場合:

  • 組織のアカウントでは Google グループのインターフェース(groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum)にアクセスできません。
  • 組織ではウェブ フォーラムおよび共同トレイを使用できません。これらにアクセスできるのは Google グループのインターフェースからのみであるためです。
  • 管理者以外のユーザーが、組織内に独自のグループを作成することはできません。
  • 管理者であれば、管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync でグループを作成して管理することができます。
  • 組織内のユーザーは、組織のアカウントを使って一般ユーザー向け Google グループのインターフェース(groups.google.com/forum)にアクセスできる場合があります。アクセスできるかどうかは、Google グループ(その他のサービス)が有効であるか無効であるかによって異なります。

関連トピック

Google グループ(その他の Google サービス)
Groups logo

Google グループはその他の Google サービスです。組織内のユーザーが組織のアカウントを使用して一般ユーザー向け Google グループのインターフェース(groups.google.com/forum)にアクセスできるかどうかを、このサービスで制御します。このサービスはデフォルトでは有効ですが、必要に応じて無効にすることができます

: ユーザーは組織外のアカウントを使えばいつでも一般ユーザー向け Google グループにアクセスできます。

関連トピック

Google グループの機能

グループで共同編集する

グループでは次のことができます。

Mailing list groups
  • シンプルなメーリング リスト グループを作成する - 1 つのメールアドレスでグループの全員にメールを送信できます。詳しくは、メーリング リストを作成するをご覧ください。
Web forum groups
  • グループを作成し、ウェブ フォーラムとして利用する - オンラインのグループでディスカッションをホストしたり、アイデアやドキュメントを共有したりすることができます。組織でウェブ フォーラムを使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。
Collaborative inbox groups
  • グループを共同トレイとして設定する - グループ メンバー、同僚、顧客からのリクエストまたはサポート チケットの割り当てと管理を行うことができます。組織で共同トレイを使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。
Google グループの管理者向け機能

次の表に、G Suite グループ管理者が Google グループでできることを示します。

タスク 説明
すべてのグループを管理する 組織のすべてのグループを、管理コンソールと Directory API で管理できます。詳しくは、グループの管理に関する記事をご覧ください。
組織内のユーザー全員を含むグループを作成する これらのグループを使用して、組織全体にメール通知を送信します。詳しくは、組織全体のグループを作成する方法に関する記事をご覧ください。
共有設定を選択する 誰がグループを閲覧できるか、誰がグループに参加できるか、ユーザーが組織内で独自のグループを作成できるかどうかを指定します。詳しくは、ビジネス向け Google グループの共有設定に関する記事をご覧ください。
グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または設定する 所属する組織部門が異なる複数のユーザーに対してドライブなどのサービスを有効にするには、グループを作成してそれらのユーザーをまとめ、そのグループに対してサービスを有効にします。詳しくは、グループを使用して G Suite などの Google サービスの利用を制御するをご覧ください。
LDAP サーバーのメーリング リストを移行または同期する 組織に LDAP サーバーがある場合は、Google グループを使用してそのサーバー上のデータを移行または同期できます。詳しくは、メーリング リストの Google グループへの移行をご覧ください。

関連トピック

ビジネス向け Google グループが有効の場合

概要
Groups for Business turned on

ビジネス向け Google グループが有効の場合、次のことができます。

  • 次のアドレスでビジネス向け Google グループのインターフェースを使用できます。
    groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum 
  • 高度な機能を持つグループを作成できます。ユーザーに対して独自のグループの作成を許可することも可能です。高度な機能には、ウェブ フォーラム、共同トレイ、メンバー管理設定などがあります。ビジネス向け Google グループが有効であれば、管理者は管理コンソールでもグループを作成できます。
メーリング リスト、フォーラム、共同トレイを作成する
Mailing list groups

メーリング リスト

グループはメーリング リストとして設定することができます。メーリング リスト グループは、部門、プロジェクト チーム、クラス、事業所、分科会などの単位でやり取りする際に役立ちます。グループのメールアドレスを使用すると、次のことができます。

  • すべてのグループ メンバーにメールを送信する
  • グループのメンバーを会議に招待する
  • グループのメンバーとコンテンツ(ドキュメント、サイト、動画、カレンダーなど)を共有する

作成方法について詳しくは、メーリング リストをご覧ください。

Web forum groups

ウェブ フォーラム

ウェブ フォーラムは、インタラクティブなオンライン ディスカッション グループです。グループ メンバーは、Google グループおよびメールでトピックを閲覧、投稿できます。

作成方法について詳しくは、ウェブ フォーラムをご覧ください。

Q&A forum groups

Q&A フォーラム

Q&A フォーラムはウェブ フォーラムと似ていますが、質問と回答を見つけやすくなっています。Q&A フォーラムを使用すると、次のことができます。

  • ユーザーがトピックを作成する際に入力する、デフォルトの質問テンプレートを設定する
  • 質問への回答に「ベストアンサー」マークを付ける

作成方法について詳しくは、Q&A フォーラムをご覧ください。

Collaborative inbox groups

共同トレイ

共同トレイとは、オンライン ディスカッション グループの一種で、メンバーは次のことができます。

  • 自分が担当するトピックを引き受ける
  • トピックを別のグループ メンバーに割り当てる
  • トピックに重複のマークを付ける
  • トピックに解決済みのマークを付ける

作成方法について詳しくは、グループを共同トレイとして使用するをご覧ください。

ユーザーが独自のグループを作成、管理できるようにする

誰が組織内にグループを作成できるかは、グループ管理者が指定します。管理者のみがグループを作成できるようにすることも、ユーザーが独自のグループを作成して管理できるようにすることも可能です。また、組織外のユーザーにグループへの参加を許可するかどうかも指定できます。これらのオプションは、管理コンソールのビジネス向け Google グループの共有設定で選択します。詳しくは、ビジネス向け Google グループの共有設定に関する記事をご覧ください。

メンバーに役割と権限を割り当てる

グループ メンバーに役割を割り当てることで、メンバーが Google グループで行える操作と行えない操作を指定できます。デフォルトの役割は、メンバー、マネージャー、オーナーなどです。詳しくは、ユーザーにグループの役割を割り当てるをご覧ください。

コンテンツを検索、フィルタする、コンテンツにタグを付ける

検索演算子を使用して Google グループのコンテンツを検索したり、よく使用する検索クエリを保存したりすることができます。また、トピックにタグを付けて整理し、タグでトピックを絞り込むことができるほか、日付、解決ステータス、担当者などのオプションでグループのトピックを絞り込むことも可能です。コンテンツにタグを付ける方法もあわせてご覧ください。

会話をアーカイブする

アーカイブを有効にすると、メンバーはオンライン フォーラムでトピックを閲覧できます。アーカイブを無効にすると、メンバーがトピックを閲覧できるのはメールでのみです。詳しくは、グループのアーカイブをオンまたはオフにするをご覧ください。

グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または設定する

管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync で作成されたグループは、次の目的に使用できます。

  • グループ メンバーに対して G Suite サービスをオンにする - ドライブなどの G Suite サービスを、組織部門全体ではなくユーザー グループに対して有効にできます。詳しくは、アクセス グループについての記事をご覧ください。
  • グループ メンバーに対して G Suite サービスを設定する - Hangouts Meet などの G Suite サービスの設定を、組織部門全体ではなくユーザー グループに適用します。詳しくは、グループを使用して G Suite サービスの設定を行うをご覧ください。

: サービスをオンにできるのは、管理コンソールで作成したグループのみです。Google グループのインターフェースである Google グループで作成したグループに対して G Suite サービスをオンにしたり設定したりすることはできません。

ビジネス向け Google グループが無効の場合

概要
Groups for Business turned off

ビジネス向け Google グループが無効の場合:

  • Google グループのインターフェース(groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum)は組織で利用できません。
  • この場合も管理コンソール、Directory API、または Google Cloud Directory Sync を使えば、グループの作成や管理を行うことができます。ただし、グループをウェブ フォーラムおよび共同トレイとして使用することはできず、ユーザーが組織内で独自のグループを作成することはできません。

 

コミュニケーションとコラボレーションのためにグループを作成する
  • グループでのコミュニケーション - グループ内のユーザー全員に 1 つのメールアドレスでメールを送信できます。メーリング リスト グループは、部門、プロジェクト チーム、クラス、事業所、分科会などの単位でやり取りする際に役立ちます。グループの設定方法について詳しくは、メーリング リストをご覧ください。
  • ドキュメント、サイト、動画、カレンダーの共有 - 個々のアドレスではなくグループのメールアドレスを使用して、チームとコンテンツを共有できます。詳しくは、Google グループを使用してコンテンツを共有するをご覧ください。
グループ単位で G Suite サービスを有効にする、または設定する
  • グループ メンバーに対して G Suite サービスをオンにする - ドライブなどの G Suite サービスを、組織部門全体ではなくユーザー グループに対して有効にできます。詳しくは、アクセス グループについての記事をご覧ください。
  • グループ メンバーに対して G Suite サービスを設定する - Hangouts Meet などの G Suite サービスの設定を、組織部門全体ではなくユーザー グループに適用します。詳しくは、グループを使用して G Suite サービスの設定を行うをご覧ください。

: サービスをオンにできるのは、管理コンソールで作成したグループのみです。Google グループのインターフェースである Google グループで作成したグループに対して G Suite サービスをオンにしたり設定したりすることはできません。

Google グループのインターフェース

管理コンソール、groups.google.com

次の表は、Google グループのユーザー インターフェースをまとめたものです。

インターフェース 使用者 説明

管理コンソールの [グループ] リスト:

ホーム次に[グループ]

G Suite 管理者 組織内のすべてのグループが表示されます。[グループ] リストでは、グループを作成、表示、管理できます。Google グループのサービス設定にかかわらず、管理コンソールでは常に [グループ] リストを閲覧できます。

Google Cloud Directory Sync 経由で追加したグループは、このリストに表示されますが、読み取り専用です。管理コンソールからは変更できません。

管理コンソールのビジネス向け Google グループの設定:

[アプリ]次に[G Suite]次に[ビジネス向け Google グループ]

G Suite 管理者

groups.google.com/a/
<ドメイン名>.com/forum
の設定を管理します。

グループ管理者が高度な機能を管理するには、ビジネス向け Google グループを無効または有効にします

管理コンソールの Google グループ(その他の Google サービス)の設定:

[アプリ]次に[その他の Google サービス]次に[Google グループ]

 

G Suite 管理者

組織のアカウントを使用して groups.google.com/forum から組織外のグループにアクセスできるかどうかを制御します。

Google グループ(その他の Google サービス)はデフォルトでは有効ですが、必要に応じて無効にできます

組織内のグループ:

groups.google.com/a/
<ドメイン名>/forum

G Suite 管理者、ユーザー

メーリング リスト、共同トレイ、ウェブ フォーラム、Q&A フォーラムなど、組織のグループにアクセスできます。

このインターフェースは、組織でビジネス向け Google グループが有効になっている場合のみ利用可能です。

組織外のグループ(一般ユーザー向けグループ):

groups.google.com/forum

ウェブ上のすべてのユーザー

一般ユーザー向けグループにアクセスできます。Google グループ(その他の Google サービス)が有効である場合のみ、組織のアカウントでこのインターフェースを利用できます。

Google グループ(その他の Google サービス)はデフォルトでは有効ですが、必要に応じて無効にできます

組織外のアカウントを使えば、いつでもこのインターフェースにアクセスできます。

グループの作成手段

次の表に、作成できるグループの種類、作成手段、ビジネス向け Google グループが必要かどうかを示します。

組織内のグループを作成するインターフェース そのインターフェースで作成できるグループの種類
アクセス グループと設定グループ メーリング リスト専用グループ 共同トレイとディスカッション フォーラム(内部、外部)
管理コンソールホーム 次に [グループ] ○(ただし、管理コンソールでこれらのグループを作成した後、Google グループのインターフェース
(groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum)でグループの種類を選択する必要があります。このインターフェースは、ビジネス向け Google グループが有効である場合のみ利用できます)
○(ただし、これらのグループに groups.google.com/a/<ドメイン名>.com/forum からアクセスするには、ビジネス向け Google グループが有効である必要があります
groups.google.com/a/
<ドメイン名>.com/forum

(ビジネス向け Google グループが有効である場合のみ利用できます)
×

共有設定

管理者は、組織内のグループごとに次の共有設定を管理できます。

  • グループを表示したり、グループに参加したりできるユーザー
  • グループにメッセージを投稿できるユーザー
  • 組織外のユーザーがグループを表示したり、グループに参加したりできるかどうか

ビジネス向け Google グループが有効であれば、組織全体の共有設定を選択できます。詳しくは、共有設定に関する記事をご覧ください。

また、コンテンツの管理の有効化、メンバーの役割の管理、グループ権限の設定も行うことができます。詳しくは、コンテンツの管理メンバーの役割に関する記事をご覧ください。

グループ メッセージの制限事項

メッセージの送受信、グループの規模、招待数、参加できるグループ数には、制限が設けられています。これらのいずれかの上限に達すると、操作を一時的に行えなくなります。詳しくは、Google グループのポリシーと制限をご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。