検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ユーザーの停止

ユーザーのアカウントを停止することで、組織の Google サービスへのユーザーのアクセスを一時的にブロックすることができます。アカウントを停止すると、そのユーザーが所有するアイテムは次のように扱われます。

  • メール、ドキュメント、カレンダー、その他のデータは削除されません。ただし、アカウントの停止が 30 日以上続いた場合、ユーザーの Google+ の投稿やコメントは削除されることがあります。
  • 共有ドキュメントは共同編集者が引き続きアクセスできます。
  • 新着メールやカレンダーの招待状はブロックされます。
     

ユーザーのアカウントを停止しても、管理者はいつでもそのアカウントを再開することができます。

: アカウントが管理者ではなく Google によって停止された場合、停止に至った事情によっては、メールが引き続き配信されることがあります。

チーム用のアカウントを使用している場合は、チーム アカウントからのユーザーの停止についてのページをご覧ください。

はじめる前に

停止したユーザーのアカウントとデータへの影響

  • G Suite へのアクセス - ユーザーは G Suite サービス(Google ドライブのファイル、Gmail など)を利用できなくなります。
  • ファイルとカレンダー - ユーザーが作成した予定はすべて、招待されたユーザーのカレンダーに残ります。ユーザーは、自身のアカウントの G Suite データを利用できなくなります。これには、あらゆる種類のファイル、Gmail、カレンダーのデータ(共有カレンダーを除く)が含まれます。一部のデータについては、管理者がオーナー権限を別のユーザーに移管することができます。
  • サイトのページ - ユーザーは、自身が作成したページを利用できなくなります。管理者はサイトを削除できます。
  • Google Vault - ユーザーの Vault データは、保持の設定や記録保持の適用状況にかかわらず、利用できなくなります。
  • Google Play - ユーザーは、自身の Google Play デベロッパー アカウントを利用できなくなります。別のデベロッパー アカウントに移管できるアプリもありますが、サブスクリプション サービスを提供するアプリは移管できません。
  • Google Keep - ユーザーは、自身の Keep のメモを利用できなくなります。共有中の Keep のメモについては、共同編集者が引き続き利用できます。
  • Google+ - ユーザーは、自身の Google+ プロフィールとサークルを利用できなくなります。このユーザーがコミュニティ、コレクション、イベントの唯一のオーナーである場合、コミュニティはそのまま残りますが、コレクションやイベントはすべて削除されます。停止された Google+ プロフィールまたはページへの影響について詳しくは、Google+ プロフィールとページの停止をご覧ください。
  • ブランド アカウント - 組織でブランド アカウントを使用している場合、このユーザーが唯一のオーナーであるアセット(Google+ ページ、Google マイビジネスのリスティング、YouTube チャンネルなど)は利用できなくなり直ちに削除されます。他にもオーナーがいる場合、アセットは別のオーナーの G Suite アカウントに移管されます。
  • コアサービス以外のサービス - ユーザーは、コアサービス以外のサービス(YouTube、Blogger など)に保存されている自身のコンテンツを利用できなくなります。

ユーザーのアカウントを停止する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [ユーザー] にアクセスします。
  3. アカウントを停止するユーザーの横にあるその他アイコン Settings をクリックし、[停止] を選択します。
  4. [ユーザーを停止] をクリックして確定します。

従来のハングアウト チャットに参加中のユーザーのアカウントを停止した場合、ユーザーはそのセッションが終了するまで参加し続けることができます。

引き続きライセンス料金が発生します

年間プランとフレキシブル プランのどちらをご利用かにかかわらず、停止されたユーザーについても引き続きライセンス料金が発生します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。