カレンダーの使用制限を超えないようにする

ユーザーとドメインを不正行為から保護するために、Google カレンダーには使用制限が設けられています。

この上限は高めに設定されているため一般的な使用により到達することはまれですが、これを超えた場合には、数時間 Google カレンダーが閲覧しかできない状態になる可能性があります。この場合でも予定の閲覧は可能ですが、作成と編集はできなくなります。

注: ユーザーが削除しない限り、カレンダーの予定は無期限に保持されます。

使用制限に関するエラー

カレンダーの使用制限を超えると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

  • 予定を保存できませんでした - 編集できる予定数の上限に到達しています。

  • カレンダー使用の上限を超えています - API 呼び出しが原因で発生します。

  • 変更の保存中に問題が発生しました。数分後にもう一度試してください - メッセージに続き、到達した制限に関する情報が表示されます。

制限を超えないようにする

Google カレンダーの制限を守るために、次のガイドラインに沿ってください。

避けるべきこと 制限

作成する予定が多すぎる

  • 短期間にカレンダーで作成した予定の数が 100,000 個を超えた場合、数時間にわたりカレンダーを編集できなくなることがあります。
  • このような種類の制限が完全にリセットされるまで、数か月かかることがあります。
予定(100,000 個)*

作成するカレンダーが多すぎる

  • 短期間に作成した新しいカレンダーの数が 60 個を超えた場合、数時間にわたりカレンダーが読み取り専用モードになることがあります。
  • このような種類の制限が完全にリセットされるまで、数時間かかることがあります。
カレンダー(60 個)*

外部のゲストに送信する招待状が多すぎる

  • Google カレンダーでは、スパム行為を防ぐために、ユーザーが外部のゲストに送信できる招待状の数が制限されています。ユーザーが短期間に招待状を 10,000 通以上送信した場合、そのユーザーのカレンダーが読み取り専用モードになることがあります。
  • プライマリ ドメインまたはセカンダリ ドメイン内の G Suite ユーザーに宛てた招待状の数は、この制限にはカウントされません。G Suite 用ではないドメインのユーザーは、外部ユーザーとみなされます。
  • この種の制限が解除されるまでには数日かかることがあります。
招待状(10,000 通)*

Google カレンダーの予定で招待するゲストが多すぎる

  • Google カレンダーでは、スパム行為を防ぐために、ユーザーが [ゲストにメールを送信] 機能を使用して外部のゲストに送信できるメールの数が制限されています。
  • プライマリ ドメインまたはセカンダリ ドメインの G Suite ユーザーに対して [ゲストにメールを送信] 機能を使用しても、この種類の制限にはカウントされません。
  • この制限は、24 時間以内に徐々にリセットされます。
メール(2,000 通まで)*

カレンダーの共有相手が多すぎる

  • ユーザーが短期間に複数のカレンダーを多数のユーザーと共有した場合は、数時間にわたりカレンダーを共有できなくなることがあります。
  • このような種類の制限が完全にリセットされるまで、数時間かかることがあります。
共有相手(750 人)*

*この数値は、ユーザーの制限が完全にリセットされている場合にのみ該当します。ユーザーが上記の操作を頻繁に行っている場合、実際の使用制限は異なる可能性があります。

無償版と無料試用版のアカウントに対する追加の使用制限

無償版 G Suite無料試用版 G Suite のアカウントの使用制限は、上述の制限よりも低く設定されています。

無料試用期間が終了してドメインに対する請求額が累計 30 米ドル(またはご利用通貨での同等額)に達すると、カレンダーの使用制限が自動的に上がります。Google からドメインを購入した場合は、請求額が 30 米ドルとドメイン利用料の合計額に達していれば使用制限が上がります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。