従来の無償版 G Suite

ビジネス機能の数が通常版よりも少ない無償版 G Suite(別称「従来の無償版」)は、2012 年 12 月 6 日をもって、新規のお客様への無償版の提供は停止いたしました。

G Suite へのアップグレード

現在は従来の無償版 G Suite を使用していて、ビジネス向けの追加サービス(24 時間年中無休のサポートなど)を希望する場合は、別の G Suite エディションにアップグレードしてください。G Suite Basic、G Suite Business、G Suite Enterprise のいずれかから選ぶことができます。G Suite の各エディションの比較 | G Suite のお支払いプラン

具体的な手順: 従来の無償版 G Suite からのアップグレード

 

アップグレードに関する変更点(2019 年 11 月より適用)

従来の無償版 G Suite から G Suite Basic、G Suite Business、G Suite Enterprise のいずれかにアップグレードする場合:

  • すぐに有償版の G Suite Basic サブスクリプションに切り替わります
  • アカウントを従来の無償版 G Suite にダウングレードすることはできません

注: この変更の適用前にアップグレードした場合は、10 日間の試用期間中であればダウングレードが可能です。

引き続き従来どおりの数のビジネス機能を無料で使用する

2012 年 12 月 6 日より前に G Suite にお申し込みいただき、現在も無償版を使用されている場合は、引き続きこのサービスを無料でご利用いただけます。新規のお客様に対する無償版の提供は停止されましたが、既存のお客様への影響はありません。

無償版の機能

基本的なサービスと機能
  • メッセージ機能: Gmail、カレンダー、コンタクト
  • ストレージとコラボレーション: ドライブ、ドキュメント、ハングアウト
  • その他の Google サービス: Blogger、YouTube など
使用とサポート
メールの使用
  • メールの保存容量(ドキュメントおよび写真と共用): 15 GB
  • 添付ファイルのサイズ制限: 25 MB
  • メールあたりの受信者数の上限: 500 人
  • ユーザーあたり 1 日の受信者数の上限(ドメイン外): 500 人
アドレスとメーリング リスト
ブランディング
  • 独自のメールアドレス([ユーザー名]@[会社名].com)
  • Gmail での広告の無効化
  • 複数ドメインのアドレス([ユーザー名]@[会社名 2].com)
    設定できるのはドメイン エイリアスのみで、セカンダリ ドメインは対象外です
セキュリティとビジネス向け機能 メールのセキュリティとビジネス向け機能
  • 迷惑メールフィルタとウィルス ブロック
  • Gmail での広告の無効化
連絡先、リスト、グループ
アクセス オプション
移行サービス
その他のメール配信オプション

学校、非営利団体、政府機関

G Suite for Education、G Suite for Government、G Suite for Nonprofits にアップグレードすることにより、G Suite Basic の機能を無料で利用できる場合があります。すでにいずれかを無料で使用されている場合は、サービスを変更することなく引き続きご利用いただけます。詳しくは、特別エディションについてのページをご覧ください。

無料のメールアドレスを得る別の方法

個人の Google アカウントがあれば、Gmail を無料で使用できます。ただし、[ユーザー名]@[会社名].com のようなカスタム メールアドレスを取得することはできず、末尾が @gmail.com のメールアドレスとなります。また、組織でのメール利用に関する管理機能は利用できません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。