Google+ コンテンツのデフォルトの共有制限の設定

組織の G Suite ドメイン外との投稿の共有をデフォルトで許可するかどうかを、管理者が設定できます。制限付きの投稿を受け取った組織内のユーザーは、その投稿を組織外のユーザーと共有することはできません。

投稿の共有を制限すると、他の Google+ コンテンツにも影響があります。たとえば新たに作成されたコミュニティの公開範囲はデフォルトで組織のドメイン内に限定され、投稿への +1 もできなくなります。

ユーザー コンテンツの共有範囲をデフォルトで組織のドメイン内に限定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google+] にアクセスします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [投稿の共有] で [新しい投稿のデフォルト設定を制限付きにする] を選択します。
    デフォルトの共有制限を設定しても、ユーザーは個々の投稿や自身で作成するコミュニティの制限をオーバーライドできます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。