通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

メールログ検索を使用してメールを検索する

これらの機能に対応しているエディション: Frontline、Business Starter、Business Standard および Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Fundamentals、Education Standard、Teaching and Learning Upgrade、Education PlusNonprofits、G Suite Business および G Suite Basic。 エディションの比較

この記事は Google Workspace 管理者を対象としています。

この記事は、職場や学校といった組織のメールシステムを管理する管理者やその他のユーザーを対象としています。個人用 Gmail アカウントをお持ちで Gmail のメールが見つけられない場合は、Gmail のメールが見つからないをご覧ください。

メールログ検索(ELS)を使用すると、組織内のユーザーが送受信するメールを検索、確認できます。すべてのメールを検索することも、送信者、日付、メッセージ ID で特定のメールを検索することも可能です。ELS の結果は、必要に応じて Google スプレッドシートまたは .csv ファイルにダウンロードできます。

ELS では、事前に定義されたデフォルトの検索条件を使用した定義済み検索でメールを検索できるほか、独自の条件を使用したカスタム検索も行えます。

お客様の Google Workspace サブスクリプションを管理している販売パートナーは、ELS を利用できません。詳しくは、Google Workspace 販売パートナーについての記事をご確認ください。

ELS を使用したメールの検索

ELS を使用すると、見つからないメールを探し、メールが想定どおりに配信されない原因をトラブルシューティングできます。また、メッセージ配信後のステータス、メールラベル、メールの場所、メールが迷惑メールに分類されたかどうか、メールが配信後に削除されたかどうかなどの情報も確認できます。

ELS を使用すると、さまざまなタイプの条件でメールを検索できます。

  • 組織内の送信者または受信者
  • メールアドレス、IP アドレス、ドメイン
  • 事前定義された期間内、指定したカスタムの期間内
  • 組織内で Google グループに送られたメール、組織内で他のメーリング リストに送られたメール
ELS を使用して検索するためのヒント

ELS を使用したメールの検索に役立つヒントをいくつかご紹介します。

30 日を過ぎたメール

30 日以上経過したメールを検索する場合、ELS ではいくつかの制限があります。

検索結果の上限

ELS を使用した 1 回の検索で取得できる件数は、以下のとおりです。

  • 1,000 件のメール
  • メール 1 件あたり 15,000 件のログエントリ

メールのログエントリには、メールの配信ステップのステータスが表示されます。通常、メールのログエントリ数は受信者あたり 5~7 件です。このため、多数の受信者が含まれる大規模なグループに送信されたメールには、15,000 件を超えるログエントリが含まれる場合があります。

検索結果の取得にかかる時間は、検索で返されるメールの数によって異なります。メールの数が多い場合は、ELS で結果が表示されるまでに最長で 1 時間ほどかかることがあります。

検索の絞り込み

受信者の多いメールを ELS を使用して検索すると、「検索結果の一部のみを表示しています。検索条件を絞り込んでください。」というメッセージが表示されることがあります。

検索結果を絞り込むには、メールの受信者のみを検索条件として使用します。多数の受信者に送信された特定のメールを検索する場合は、メッセージ ID と特定の受信者を指定して検索します。

他の検索条件を追加するか検索対象期間を短くすることで、検索結果を絞り込むこともできます。

定義済みの ELS を使用したメールの検索

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [レポート] 次に [メールログ検索] にアクセスします。
  3. [定義済み検索] タブをクリックします。次に ELS を使用する際は、デフォルトで [定義済み検索] タブが選択されます。
  4. [定義済み検索] タブで、[定義済み検索] メニューからオプションを選択します。
     
    オプション 説明
    今日のすべてのメール 現地時間の午前 0 時を起点に、組織内の全ユーザーが当日送受信したすべてのメールを検索します。
    昨日以降のすべてのメール 過去 48 時間以内に組織内の全ユーザーが送受信したすべてのメールを検索します。48 時間の起点は、前日の午前 0 時(現地時間)です。
    過去 7 日間のすべてのメール

    過去 7 日間に組織内の全ユーザーが送受信したすべてのメールを検索します。7 日間の起点は、当日の 7 日前の午前 0 時(現地時間)です。

    昨日以降にドメインから送信されたすべてのメール 過去 48 時間以内にドメインから送信されたすべての送信メールを検索します。
    昨日以降にドメインで受信したすべてのメール 過去 48 時間以内にドメイン内の受信者に送信されたすべてのメールを検索します。
  5. [検索] をクリックします。検索結果に含まれるメールの数にもよりますが、検索結果は 1~60 分で表示されます。

ELS のカスタム検索を使用したメールの検索

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [レポート] 次に [メールログ検索] にアクセスします。
  3. [カスタム検索] タブをクリックします。次に ELS を使用する際は、デフォルトで [カスタム検索] タブが選択されます。
  4. [カスタム検索] タブで、1 つ以上の項目で検索条件を入力します。期間で [30 日以上] を選択しない限り、[日付] を除くすべての項目を省略できます。
    項目 説明
    日付

    検索の期間オプションを選択します(必須)。

    • 現在
    • 昨日以降
    • 過去 7 日間
    • 範囲を指定: カスタムの期間を過去 30 日の間で指定します。
    • 30 日以上経過: このオプションを選択した場合は、受信者の完全なメールアドレスとメッセージ ID を入力する必要があります。
    送信者

    送信者のメールアドレス全体、メールアドレスの一部、または Return-Path のメールアドレスを入力します。Return-Path のメールアドレスは、メッセージ ヘッダーに表示されます。メールのヘッダーの詳細

    次の点にご注意ください。

    • この項目ではワイルドカードを使用できません。
    • メールアドレスの一部を使用して検索するには、3 文字以上を入力する必要があります。
    • 完全に一致する送信者を検索するには、メールアドレス全体を引用符で囲んで入力します(例: "john@solarmora.com")。
    受信者

    特定の受信者または Google グループに送信されたメールを検索します。

    受信者を検索する場合は、受信者のメールアドレス全体または一部を入力してください。

    • この項目ではワイルドカードを使用できません。
    • メールアドレスの一部を使用して検索するには、3 文字以上を入力する必要があります。
    • 完全に一致する送信者を検索するには、メールアドレス全体を引用符で囲んで入力します(例: "john@solarmora.com")。

    グループを検索する場合は、メッセージ ID を使用して、グループのメールアドレスに送信されたメールを検索します。グループのメールアドレスを使用した ELS の検索結果には、個々のグループ メンバーへのメール配信に関する情報は含まれません。

    送信者の IP

    メッセージの送信者の完全な IP アドレスを入力します。この項目ではワイルドカードを使用できません。

    注: 送信者の IP アドレスで検索した場合、ELS の結果にドメインのパブリック送信 IP アドレスではなく、Google の送信 IP アドレスが表示される場合があります。Gmail の送信メールは Gmail サーバーを経由しますが、これらのサーバーは Google の送信 IP アドレスを使用しています。

    受信者の IP

    メッセージ受信者の完全な IP アドレスを入力します。この項目ではワイルドカードを使用できません。

    件名

    メールの件名または件名の一部を入力します。この項目では大文字と小文字は区別されません。

    メッセージ ID

    メッセージ ID を入力します。

    メッセージ ID を使用して検索した場合、選択した期間はすべて無視されます。選択した時間外であっても、一致するメッセージはすべて検索結果に表示されます。

    各メールには固有のメッセージ ID があります。メッセージ ID は、メールのヘッダーで確認できます。「Message-ID」というラベルが付いています。メールのヘッダーの詳細
  5. [検索] をクリックします。検索結果に含まれるメールの数にもよりますが、検索結果は 1~60 分で表示されます。

次のステップ

ELS の結果の解釈については、メールログ検索の結果を理解するをご覧ください。

ELS の結果の書き出しについては、ELS の結果を書き出すをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
13821698091161324583
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010