G Suite Password Sync について

G Suite Password Sync(GSPS)は、ユーザーのパスワードを自動的に Microsoft® Active Directory® のパスワードと同期します。ユーザーの Active Directory のパスワードが変更されると、変更内容がすぐに Google にプッシュ送信されます。

重要: GSPS によって Active Directory のパスワードが変更されることはなく、Active Directory のパスワードが変更されたときにのみ組織の Google アカウントとの同期が行われます。

GSPS is available to G Suite and Cloud Identity administrators.

始める前に

GSPS のシステム要件

従来の G Suite(無償版)をご使用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしてください。

Microsoft Active Directory 2008、2012、2016 のいずれか(ただし、AD LDS ではなく AD DS サーバーであること)

: GSPS は現在、セキュアブートを使用した追加の LSA の保護には対応していません。

ドメイン コントローラを設定する
  • すべてのドメイン コントローラに GSPS がインストールされている必要があります。
  • ドメイン コントローラから次のサイトやポートに接続するためのインターネット接続が必要です。

     

    目的 URL ポート番号
    認証 https://accounts.google.com
    https://www.googleapis.com
    443
    API アクセス https://www.googleapis.com 443
    証明書失効リスト、オンライン証明書ステータス プロトコル http://crl.geotrust.com/crls/secureca.crl
    http://g.symcb.com/crls/gtglobal.crl
    http://pki.google.com/GIAG2.crl
    http://g.symcd.com
    http://clients1.google.com/ocsp
    http://ocsp.pki.goog/gsr2
    80

     

    : 認証局の URL は随時変更されることがあります。CRL または OCSP の最新の URL リストについては、上記の API および認証ホストの証明書情報をご覧ください。

GSPS をダウンロードする

ご利用のサーバーのアーキテクチャに適した MSI をダウンロードしてください。

サーバーを再起動する

GSPS をインストールまたはアップグレードした後は、必ずサーバーを再起動してください。

次へ

G Suite Password Sync を設定する詳しい手順を確認します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。