G Suite Password Sync について

G Suite Password Sync(GSPS)は、ユーザーのパスワードを自動的に Microsoft® Active Directory® のパスワードと同期します。ユーザーの Active Directory のパスワードが変更されると、変更内容がすぐに Google にプッシュ送信されます。

重要: GSPS によって Active Directory のパスワードが変更されることはなく、Active Directory のパスワードが変更されたときにのみ組織の Google アカウントとの同期が行われます。

G Suite と Cloud Identity の管理者は GSPS を利用できます

始める前に

GSPS のシステム要件

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

GSPS を使用するには以下が必要です。

  • Microsoft Windows® Server 2008、2012、2016 以降。Windows Server Core のインストールはサポートされていますが、コマンドラインからインストールと設定を行う必要があります。詳細
  • Microsoft Active Directory DS。Active Directory Lightweight Directory Services(AD LDS)はサポート対象外です。

:

  • GSPS は現在、セキュアブートを使用した追加の LSA の保護には対応していません。
  • ドメイン コントローラで、サポート対象の Windows Server も実行されている必要があります。Windows Server のバージョンがサポート対象であれば、Active Directory® のスキーマ バージョンや機能レベルは重要ではありません。
ドメイン コントローラを設定する

すべてのドメイン コントローラに GSPS がインストールされている必要があります。ドメイン コントローラから次の正しい URL とポートにアクセスできることをご確認ください。

  1. G Suite ホスト名のホワイトリストを設定するのステップ 1 を完了します。
  2. ステップ 2 の最上位 URL を完了します。
  3. ステップ 3 と 4 を完了します。

GSPS をダウンロードする

ご利用のサーバーのアーキテクチャに適した MSI をダウンロードしてください。

サーバーを再起動する

GSPS をインストールまたはアップグレードした後は、必ずサーバーを再起動してください。

次へ

G Suite Password Sync を設定する詳しい手順を確認します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。