グループ宛ての正当なメールが迷惑メールに分類される場合の対応

グループ宛てに送信された正当なメールが迷惑メールに分類され、管理キューに送信されることがあります。配信の問題を回避するには、グループの迷惑メールの設定を調整して、疑いがあるメールが配信されるようにします。この設定はグループの「ホワイトリスト登録」と呼ばれるものです。

: 悪質な迷惑メールの配信を防ぐため、迷惑メールの可能性が高いと判断されたメールは、グループがホワイトリストに登録されている場合でも常に拒否されます。

グループの迷惑メールの設定を調整する

この操作を行うには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

  1. グループのオーナーまたは特権管理者のアカウントで http://groups.google.com/a/[ドメイン名].com にログインします。
  2. ホワイトリストに登録するグループを見つけて、そのグループの名前をクリックします。
  3. 画面の上隅にある [管理] をクリックします。
  4. [設定] > [管理] をクリックします。
  5. [スパム メッセージ] で [管理キューをスキップしてグループに投稿] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

グループ宛てのメールの配信の問題が引き続き発生する場合は、一括メール送信のガイドラインについてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。