グループ宛ての正当なメールが迷惑メールに分類される場合の対応


このページは管理者専用です。自分のアカウントのグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。 ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

Google グループのシステムが正当なメールを迷惑メールとして報告し、管理キューに送信することがあります。このような配信の問題を回避するために、グループの迷惑メールの設定を調整し、迷惑メールの疑いがあっても配信を許可することができます。

: 悪質な迷惑メールの配信を防ぐため、迷惑メールの可能性が高いと判断されたメールは、グループの迷惑メール設定が緩和されても常に拒否されます。

グループの迷惑メールの設定を調整する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] の順にクリックします。
  4. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  5. [スパム メッセージの処理] で [グループ宛の疑わしいメッセージの投稿を許可] を選択します。
  6. [変更を保存] をクリックします。

関連トピック

さらにサポートが必要な場合

Google Workspace サポートへのお問い合わせをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。