限定公開の Android アプリを Google Play で管理する

社内向けの仕事用アプリをユーザーが利用できるようにする

サポート対象エディション: Frontline、Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Essentials、Cloud Identity Free および Premium。 エディションの比較

組織向けの Android アプリを managed Google Play ストアでホストし、そのアプリをダウンロードできるユーザーを制御できます。managed Google Play では、ユーザー認証やマルウェア検出などのセキュリティ チェック機能も利用できます。

限定公開アプリは、Google 管理コンソールまたは Google Play Console から Play ストアに公開できます。管理者が限定公開アプリをアプリのリストに追加すると、ユーザーは各自の Android デバイスの managed Play ストアからそのアプリをダウンロードできるようになります。ユーザーがアプリを利用できるようになるまでには、数時間かかることがあります。

始める前に

アプリの公開方法や重要事項を決定する際には、以下のセクションをご覧ください。

このセクションをすべて開く  |  すべて閉じる

管理コンソールでの限定公開アプリの管理と Google Play Console での限定公開アプリの管理

次のいずれかに該当する場合は、Google Play Console の使用をおすすめします。

  • Google Play Console に既存の限定公開アプリがある。管理コンソールで、既存の限定公開アプリを管理することはできません。

次のいずれかに該当する場合は、管理コンソールの使用をおすすめします。

  • 限定公開アプリを一般公開する予定はない。
  • 25 米ドルの登録料を支払いたくない。
  • 一般公開のモバイルアプリ、SAML アプリ、限定公開アプリなど、すべての管理対象アプリをアプリのリストに含めたい。
  • 特定の組織部門とグループのみがアプリを利用できるようにする。
アプリの公開に関する重要なお知らせ
  • 限定公開アプリとして公開したアプリを、一般公開の Google Play ストアで同時に公開することはできません。同一のアプリ ID を持つアプリが別の組織によって公開されている場合(一般公開または限定公開として)、もう一方のアプリはデベロッパーがアプリケーション ID を変更するまで公開できません。ただし、アプリのリストに一般公開アプリを追加して、管理対象アプリとしてユーザーが利用できるようにすることはできます。この設定を使用すれば、ユーザーは仕事に関連するアプリを 1 か所で簡単に見つけることができます。
  • 一般公開の Google Play ストアにアプリを公開した場合、そのアプリを限定公開アプリに変更することはできますが、管理コンソールで管理することはできなくなります。
  • 限定公開アプリでは課金の機能がサポートされていません。公開ユーザーは限定公開アプリに対する請求を行えません。
  • Google Play Console では、特定のユーザー グループにアプリを公開することはできません。特定の国やデバイスモデルに対象を絞ってアプリを公開することはできます。特定のグループ(Play ストアのユーザー)に対してアプリのベータ版をテストする場合は、アルファ版 / ベータ版テストを設定できます。
  • アプリのサイズはダウンロード サイズの上限未満である必要があります。

方法 1: 限定公開アプリを管理コンソールから公開する

限定公開アプリを管理コンソールにアップロードして公開するのに必要なのは、Android Application Package(APK)とタイトルのみです。管理者が初めて限定公開アプリを公開すると、組織の Play Console アカウントが作成されます。組織の限定公開アプリは自動的に承認され、通常 10 分以内に配布準備が完了します。1 日に最多 15 個の限定公開アプリをアップロードできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 下部にある作成アイコン "" をクリックします。
  5. タイトルを入力します。
  6. [APK をアップロード] をクリックします。
  7. APK を選択して [開く] をクリックします。
  8. [選択] をクリックします。
  9. アプリを検索してダウンロードできるユーザーを設定します。
    • 組織内のすべてのユーザーにアプリのインストールを許可するには、[組織全体] を選択します。
    • 特定のユーザーにのみアプリのインストールを許可するには、[グループの選択] または [組織部門の選択] をクリックします。グループと組織部門の両方を追加することもできます。サポート対象エディション: Frontline、Business Plus、Enterprise、Education Standard と Plus、G Suite Basic および Business、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

      Groups settings are applied at the top organizational unit level and override organizational unit settings. If a user belongs to multiple groups with conflicting configurations, the settings are applied in order of group precedence, which you can set after you add the app.

  10. [続行] をクリックします。
  11. アプリのオプションを設定します。
    • アクセス方法: ユーザーのアプリへのアクセス方法を指定します。アプリを自動インストールする前に設定の管理を適用するには、[利用可能] を選択してアプリの設定を完了し、設定の管理を適用してから、アプリを自動インストールするようにアプリの設定を編集します。
      • ユーザーが自分でアプリをインストールできるようにするには、[利用可能] を選択します。この設定では、アプリを必要としないユーザーはアプリをダウンロードする必要がありません。
      • すべての管理対象デバイスにアプリをインストールするには、[自動インストールする] を選択します。この設定では、すべての管理対象デバイスにアプリが自動的にインストールされて無効にできなくなります。必要に応じて、自動インストールされたアプリをユーザーがアンインストールできないように設定します。

        自動インストールは、Business Plus、Enterprise、G Suite Business、Cloud Identity Premium エディションではモバイルの基本管理でもサポートされています。

    • ユーザーにホーム画面へのウィジェットの追加を許可する - ウィジェットが利用可能な場合に、ホーム画面へのショートカットの作成をユーザーに許可します。
    • 常時接続 VPN アプリとして使用する - オンにすると、仕事用プロファイルまたは管理対象デバイスからのアプリのトラフィックが必ずこのアプリを通過します。Android 7.0 以降が必要です。この設定により、仕事用プロファイルのトラフィック向けにより安全なネットワーク接続が確立されます。
  12. [完了] をクリックします。
アプリによっては、他の設定オプションがある場合もあります。詳しくは、アプリを設定するをご覧ください。

限定公開アプリを管理コンソールから編集、公開停止する

このセクションをすべて開く  |  すべて閉じて先頭に戻る


限定公開アプリのタイトルまたは APK を編集する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 編集する限定公開アプリを選択します。
  5. [編集] をクリックします。
  6. タイトルを更新するか、[編集] をクリックして新しい APK をアップロードします。
  7. [保存] をクリックします。
限定公開アプリの詳細を編集する

説明、スクリーンショット、その他のアプリの詳細を追加する手順は、次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 編集する限定公開アプリを選択します。
  5. [詳細な編集を行う] をクリックします。
  6. [成長] 次に [ストアでの表示] 次に [メインのストアの掲載情報] に移動します。
  7. 編集を行い、[保存] をクリックします。
限定公開アプリを非公開にする

限定公開アプリを非公開にすると、新規ユーザーは managed Google Play でアプリを見つけてダウンロードできなくなります。ただし、既存のユーザーは引き続きアプリを使用できます。

アプリを非公開にする手順は、次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 非公開にする限定公開アプリを選択します。
  5. [詳細な編集を行う] をクリックします。
  6. Google アカウントを使用して Play Console にログインします。以降はこのアカウントを使用して Play Console にログインできます。
  7. [リリース] 次に [設定] 次に [詳細設定] に移動します。
  8. [アプリの公開状況] で [非公開] を選択します。

方法 2: 限定公開アプリを Google Play Console から公開する

手順については、Play Console から限定公開アプリを公開するをご覧ください。注: 登録料なしで公開するには、この記事にある限定公開アプリを管理コンソールから公開する手順を行います。

限定公開アプリを公開および利用できるユーザーを設定する

管理者自身が限定公開アプリを公開するユーザーでない場合は、他のユーザーまたはサードパーティ デベロッパーによる限定公開アプリの公開を許可できます。組織で EMM(旧 Google Play プライベート チャンネル)を使用せずに managed Play を使用して限定公開アプリへのアクセス権を与えている場合は、限定公開アプリの利用とダウンロードをユーザーに明示的に許可する必要があります。手順については、以下のセクションをご覧ください。

このセクションをすべて開く  |  すべて閉じて先頭に戻る

他のユーザーによる限定公開アプリの公開を許可する
担当者が退職しても引き続き公開済みアプリにアクセスできるよう、管理者の方は専用のロールを持つアカウントを作成することをおすすめします。限定公開アプリをアップロードするための管理者ロールを設定することもできます。
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [その他の Google サービス] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 選択した組織部門のユーザーに対して [Google Play Console] をオンにします。
  5. 管理コンソールの左側で、["" デバイス] 次に [モバイルとエンドポイント] 次に [Android の設定] に移動します。
  6. [アプリとデータ共有] 次に [Google Play 限定公開アプリ] をクリックします。
  7. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  8. 選択した組織部門のユーザーに限定公開アプリの公開を許可するには、[ユーザーによる Google Play 限定公開アプリの公開と更新を許可する] チェックボックスをオンにします。
  9. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
サードパーティ デベロッパーによるアプリの公開を許可する

手順については、Play Console から限定公開アプリを公開するをご覧ください。

EMM なし: ユーザーによる限定公開アプリへのアクセスを許可する
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [Android の設定] をクリックします。
  4. [アプリとデータ共有] 次に [Google Play 限定公開アプリ] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. [ユーザーによる Google Play 限定公開アプリへのアクセスを許可する] チェックボックスをオンにします。
  7. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false