検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    Google Play の限定公開アプリの管理

    限定公開アプリの使用と公開の詳細については、managed Google Play ヘルプセンターでご確認ください。

    Google Play の限定公開アプリは Google Play ストアの機能の 1 つです。Google Apps ドメイン内のユーザーに Android アプリを配信することができます。

    Google Play ストアを使用して社内アプリをホストすることで、アプリをダウンロードできるユーザーまたはユーザー グループを制御できます。また、ユーザー認証、ウィルスや不正なソフトウェアの検出、端末のターゲット設定などの追加の機能を利用できます。

    限定公開アプリを設定するには、次の 3 つの要件があります。

    1. Google モバイル管理などの EMM に登録し、Android 搭載端末の詳細な管理ポリシーを設定する必要があります。
    2. managed Google Play を登録します。Google モバイル管理を使用し、Android との EMM バインドを有効にしている場合は、自動的に登録されます。
    3. Google Play Developer Console に登録します。これを使用して、限定公開の Android アプリを公開します。

    ドメイン管理者は Developer Console に登録した後、Developer Console へのアクセス権を他のユーザーに与えたり、ドメイン内での限定公開アプリの公開をサードパーティのデベロッパーに許可したりできます。

    限定公開アプリの有効化

    G Suite の管理者は、G Suite、G Suite for Education、G Suite for Government の管理コンソールを使用して限定公開アプリを有効にできます。

    1. Google 管理コンソールログインします。
    2. [アプリ] > [その他の Google サービス] をクリックします。フィルタ をクリックしてフィルタペインを開き、[主なサービスを表示する] チェックボックスをオフにします。設定を行う場所
    3. 限定公開アプリを公開する組織内のユーザーに対して、[Google Play Developer Console] をオンにします。
    4. Nav icon をクリックして [端末管理] を選択します。
    5. [詳細設定] > [他の Google サービス] をクリックします。
    6. ユーザーに限定公開アプリの公開を許可するには、[ユーザーによる Google Play プライベート チャンネルの更新を許可する] をオンにします。注: 限定公開アプリをアップロードするための管理者の役割を設定することもできます。
      これらの設定を組織部門に適用し、特定のユーザー グループが限定公開アプリを利用できるようにします。

    組織で EMM(旧 Google Play プライベート チャンネル)を使用せずに managed Play を使用して限定公開アプリへのアクセス権を与えている場合は、[詳細設定] > [他の Google サービス] で [ユーザーによる Google Play プライベート チャンネルへのアクセスを許可する] をオンにして、限定公開アプリの利用とダウンロードをユーザーに許可する必要があります。

     

    限定公開アプリの公開

    公開するアクセス権を取得するには、ドメインの管理者が Google Play Developer Console のアカウントを https://play.google.com/apps/publish に登録する必要があります。Google では、限定公開アプリの公開専用の役割を持つアカウントを作成することを管理者の方におすすめしています。こうすることで、担当者が退職しても引き続き公開済みアプリにアクセスすることができます。限定公開アプリの公開方法をご確認ください。

    限定公開アプリのダウンロード

    G Suite の管理者が限定公開アプリをホワイトリストに追加すると、ユーザーは各自の端末の Google Play ストア アプリを使用してアプリをダウンロードできるようになります。限定公開アプリを利用するには、Android 搭載端末の managed Play ストアを使用する必要があります。

    よくある質問

    この機能を利用してユーザーの BlackBerry 搭載端末、iPhone、Windows Phone に社内アプリを公開できますか?

    いいえ。サポートされているのは Android 搭載端末上の Android アプリのみです。

    一般公開の Google Play ストアにも、限定公開アプリとして公開することができますか?

    この機能はサポートされていません。しかし、[ビジネス用] タブには組織の限定公開アプリと管理対象アプリの両方が含まれています。ユーザーはこのタブを使用することで、仕事に関連するアプリを 1 か所で簡単に見つけることができます。

    既存のアプリを限定公開アプリとして公開できますか?

    いいえ。Google Play ストアで同じアプリを複数公開することはできません。ただし、一般公開アプリをホワイトリストに追加して managed Google Play ストアから利用できるようにすることで、ユーザーに一般公開アプリの利用を許可することができます。ユーザーは、managed Play ストアから仕事に関連するすべてのアプリ(一般公開と限定公開の両方)を利用できるようになります。

    一般公開のストアにアプリを公開した場合、後で限定公開アプリに変更することはできますか?

    はい。Google Play ストアに一般公開アプリを公開した場合、後で設定を変更して限定公開アプリにすることができます。Google Play Developer Console の [価格と販売/配布地域] で [配布の制限] をオンにする必要があります。

    G Suite ユーザーの場合、公開ユーザー登録手数料 25 ドルは免除されますか?

    いいえ。アプリを一般公開するか限定公開するかにかかわらず、すべての公開ユーザーの権利、機能、責任は同じです。

    サードパーティのデベロッパーに限定公開アプリの公開を委任することはできますか?

    はい。Google Play デベロッパー コンソールの登録後に、このデベロッパー コンソールへのアクセス権限をサードパーティのデベロッパーに付与することができます。権限を付与するには、コンソールからサードパーティに招待状を送信します。招待状を作成するときに、[ドメイン限定のアプリを作成] の権限を割り当てます。これで、サードパーティのデベロッパーが Developer Console にログインして、ドメイン内で限定公開アプリを公開できます。

    公開ユーザーは限定公開アプリに課金できますか?

    いいえ。限定公開アプリでは課金の機能をサポートしていません。

    特定のユーザー グループにアプリを公開することはできますか?

    いいえ。ただし、特定の国や端末の機種に対象を絞ってアプリを公開することはできます。特定のグループ(Play ストアのユーザー)とアプリのベータ版をテストする場合は、アルファ版 / ベータ版テストを設定できます。

    限定公開アプリは、ユーザーの端末の Google Play にいつ表示されるようになりますか?

    ユーザーの端末の managed Play ストアに新しいアプリが表示されるまでに数時間かかることがあります。

    自分の Android 搭載端末の Google Play ストア アプリに限定公開アプリが表示されません。

    Play ストアで適切なタブを選択していることを確認してください。限定公開アプリは managed Play ストアに一覧表示されます。組織で EMM プロバイダーを使用している場合は、管理対象アプリも一覧に含まれます。また、新しいアプリがストアに表示されるまでには数時間かかることがあります。

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。