限定公開の Android アプリを Google Play で管理する

社内向けの仕事用アプリをユーザーが利用できるようにする

サポート対象エディション: Business Plus、Enterprise、Education Fundamentals および Plus、G Suite Basic および Business、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

managed Google Play ストアを使用して組織向けの Android アプリをホストすることで、アプリをダウンロードできるユーザーを制御できます。また、ユーザー認証、不正なソフトウェアの検出などのセキュリティ チェック機能も利用できます。限定公開アプリは、Google 管理コンソールまたは Google Play Console から Play ストアに公開できます。

管理者が限定公開アプリをアプリのリストに追加すると、ユーザーは各自の Android デバイスの managed Play ストアからそのアプリをダウンロードできるようになります。ユーザーがアプリを利用できるようになるまでには、数時間かかることがあります。

始める前に

管理コンソールでの限定公開アプリの管理と Google Play Console での限定公開アプリの管理

次のいずれかに該当する場合は、Google Play Console の使用をおすすめします。

  • 将来的にアプリを一般公開する予定がある。Play Console から限定公開アプリを公開した場合は、後で設定を変更して一般公開アプリにすることができます。Google 管理コンソールから限定公開アプリを公開した場合は、一般公開アプリにすることができません。
  • Play Console に既存の限定公開アプリがある。管理コンソールで、既存の限定公開アプリを管理することはできません。

次のいずれかに該当する場合は、管理コンソールの使用をおすすめします。

  • 限定公開アプリを一般公開する予定はない。
  • 25 米ドルの登録料を支払いたくない。
  • 一般公開のモバイルアプリ、SAML アプリ、限定公開アプリなど、すべての管理対象アプリをアプリのリストに含めたい。
  • 特定の組織部門とグループのみがアプリを利用できるようにする。

アプリの公開に関する重要なお知らせ

  • 限定公開アプリとして公開したアプリを、一般公開の Google Play ストアで同時に公開することはできません。ただし、アプリのリストに一般公開アプリを追加して、管理対象アプリとしてユーザーが利用できるようにすることはできます。この設定を使用すれば、ユーザーは仕事に関連するアプリを 1 か所で簡単に見つけることができます。
  • 一般公開の Google Play ストアにアプリを公開した場合、そのアプリを限定公開アプリに変更することはできますが、管理コンソールで管理することはできなくなります。
  • 限定公開アプリでは課金の機能がサポートされていません。公開ユーザーは限定公開アプリに対する請求を行えません。
  • Play Console では、特定のユーザー グループにアプリを公開することはできません。ただし、特定の国やデバイスモデルに対象を絞ってアプリを公開することはできます。特定のグループ(Play ストアのユーザー)とアプリのベータ版をテストする場合は、アルファ版 / ベータ版テストを設定できます。

限定公開アプリを管理コンソールから公開する

限定公開アプリを管理コンソールにアップロードして公開するために必要なのは、Android アプリケーション パッケージ(APK)とタイトルのみです。管理者が初めて限定公開アプリを公開すると、組織の Play Console アカウントが作成されます。組織の限定公開アプリは自動的に承認され、通常 10 分以内に配布準備が完了します。1 日に最多 15 個の限定公開アプリをアップロードできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 下部にある作成アイコン "" をクリックします。
  5. タイトルを入力します。
  6. [APK をアップロード] をクリックします。
  7. APK を選択して [開く] をクリックします。
  8. [選択] をクリックします。
  9. ユーザー アクセスとアプリの設定を行います。詳しくは、サードパーティ製アプリの追加に関する記事をご覧ください。

限定公開アプリのタイトルまたは APK を編集する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 編集する限定公開アプリを選択します。
  5. [編集] をクリックします。
  6. タイトルを更新するか、[編集] をクリックして新しい APK をアップロードします。
  7. [保存] をクリックします。
限定公開アプリの詳細を編集する

説明、スクリーンショット、その他のアプリの詳細を追加する手順は、次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 編集する限定公開アプリを選択します。
  5. [詳細な編集を行う] をクリックします。
  6. Google アカウントを使用して Play Console にログインします。以降はこのアカウントを使用して Play Console にログインできます。
  7. [ストアの掲載情報] ページで編集を行い、[アップデートを送信] をクリックします。
限定公開アプリを非公開にする

限定公開アプリを非公開にすると、新規ユーザーは managed Google Play でアプリを見つけてダウンロードできなくなります。ただし、既存のユーザーは引き続きアプリを使用できます。

アプリを非公開にする手順は、次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次に [限定公開の Android アプリを追加] をクリックします。
  4. 非公開にする限定公開アプリを選択します。
  5. [詳細な編集を行う] をクリックします。
  6. Google アカウントを使用して Play Console にログインします。以降はこのアカウントを使用して Play Console にログインできます。
  7. [ストアでの表示 [価格と配布] を選択します。
  8. [アプリの公開状況] で [非公開] を選択します。

限定公開アプリを Play Console から公開する

  1. まだ登録していない場合は、Play Console アカウントに登録して 1 回限りの登録料(25 米ドル)をお支払いください。登録料なしで公開するには、限定公開アプリを管理コンソールから公開します。
  2. 管理者が限定公開アプリを公開するユーザーでない場合は、他のユーザーまたはサードパーティ デベロッパーによる限定公開アプリの公開を許可します。
    1. 他のユーザーによる組織の限定公開アプリの公開を許可します。担当者が退職しても引き続き公開済みアプリにアクセスできるよう、管理者の方は専用のロールを持つアカウントを作成することをおすすめします。限定公開アプリをアップロードするための管理者ロールを設定することもできます。
    2. サードパーティ デベロッパーによる公開を許可します。
  3. 限定公開アプリを Play Console から公開します。
  4. 組織で EMM を使用していない場合は、ユーザーによる限定公開アプリへのアクセスを許可します。

他のユーザーによる限定公開アプリの公開を許可する
開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ次に [その他の Google サービス] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 選択した組織部門のユーザーに対して [Google Play Console] をオンにします。
  5. Nav icon をクリックし、[デバイス] をクリックします。
  6. [設定] 次に [詳細設定] 次に [他の Google サービス] をクリックします。
  7. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  8. 選択した組織部門のユーザーに限定公開アプリの公開を許可するには、[ユーザーによる Google Play 限定公開アプリの公開と更新を許可する] チェックボックスをオンにします。
  9. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

EMM なし: ユーザーによる限定公開アプリへのアクセスを許可する

組織で EMM(旧 Google Play プライベート チャンネル)を使用せずに managed Play を使用して限定公開アプリへのアクセス権を与えている場合は、限定公開アプリの利用とダウンロードをユーザーに許可する必要があります。

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [設定] 次に [詳細設定] 次に [他の Google サービス] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [ユーザーによる Google Play 限定公開アプリへのアクセスを許可する] チェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。