管理者による GSMMO の設定

G Suite Migration for Microsoft Outlook

この記事は G Suite 管理者を対象としています。GSMMO の使用を開始するにあたっては、GSMMO のユーザー向けヘルプセンターの記事をご覧ください。

組織内のユーザーに対して G Suite Migration for Microsoft® Outlook®(GSMMO)を設定することで、ユーザーは Microsoft Exchange アカウントまたは PST ファイルからメール、予定表、連絡先データを読み込むことができるようになります。

すべて開く   |   すべて閉じる

概要とシステム要件

概要

GSMMO を使用すると、ユーザーは各自のメール、予定表、連絡先データを、Microsoft Exchange またはローカルの Personal Storage Table(PST)ファイルから G Suite アカウントに移行することができます。管理者は、コマンドライン版のユーティリティを使用して、個々のユーザーの代わりにデータを移行することもできます。

: 移行されるのは、各ユーザーの個人の連絡先のみです。ユーザーがグローバル アドレス一覧(共有の連絡先を含む)を使用できるようにするには、最初に管理者が Google Cloud Directory Sync(GCDS)などのユーティリティを使用してデータを移行する必要があります。

各ユーザーのパソコンのオペレーティング システムと Outlook の要件

: Microsoft® によるプラットフォームのサポートが基本的に行われなくなったため、Windows® XP と Server 2003 のサポートを 2018 年 12 月 31 日に終了します。詳細

移行ユーティリティを実行する各ユーザーのパソコンは、以下の最小要件を満たしている必要があります。

オペレーティング システムの要件

  • Windows Vista(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 7(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 8(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 10(32 ビットと 64 ビット)

ご利用の Windows のバージョンに関係なく、そのバージョンの最新の修正プログラムにアップグレードしておくことをおすすめします。

: GSMMO は Apple® Mac® ではサポートされていません。Google アカウントを Outlook for Mac と同期する方法については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

Outlook の要件

  • Microsoft Outlook 2003 SP3
  • Microsoft Outlook 2007 SP2(または修正プログラムが適用された SP1)
  • Microsoft Outlook 2010(32 ビットと 64 ビット)
  • Microsoft Outlook 2013(32 ビットと 64 ビット)
  • Microsoft Outlook 2016(32 ビットと 64 ビット)
  • Microsoft Outlook 2019(32 ビットと 64 ビット)

: Microsoft による Microsoft Outlook 2003 と Microsoft Outlook 2007 のサポートはすでに終了しているため、サポート対象バージョンの Microsoft Outlook にアップグレードすることをおすすめします。

GSMMO の設定とインストール

手順 1: G Suite でユーザー アカウントを作成する

ユーザーがデータを移行する前に、管理者は G Suite でそのユーザー用のアカウントを作成する必要があります。詳細

また各ユーザー(G Suite 管理者を含む)は、少なくとも一度は自分の G Suite アカウントにログインし、Google の利用規約に同意しておく必要があります。

管理者は G Suite でのユーザー アカウントの作成以外にも、次のことができます。

  • Exchange Server で使用していたエイリアスと一致するニックネームをユーザー向けに作成する
  • Exchange Server のメーリング リストと一致するグループを作成する
  • ドメイン エイリアスを追加する
手順 2: (省略可)共有の連絡先を移行する

ユーザーがデータを移行する前に管理者が G Suite に共有の連絡先を移行しておくことで、ユーザーはすぐに全アドレスのリストを利用できるようになります。

連絡先の移行については、次をご覧ください。

手順 3: G Suite Migration for Microsoft Outlook をインストールする

各ユーザーのパソコンのシステム要件を確認し、G Suite でユーザー アカウントを作成して、必要に応じて共有の連絡先を移行したら、次は各パソコンに GSMMO をインストールします。

インストールには次の 2 つの方法があります。

方法 1: MSI ファイルをユーザーにプッシュする

この方法を使用するには、GSMMO のダウンロード ページから MSI ファイルをダウンロードします。ユーザーが使用している Outlook のバージョンに応じて適切なエディション(32 ビットまたは 64 ビット)を選択してください。

その後、組織のアプリケーションの導入と保護に使用しているソフトウェアを使って、MSI ファイルをユーザーにプッシュできます。

ユーザーはこちらの手順に沿ってファイルをインストールできます。

方法 2: ユーザーが自分で GSMMO をダウンロードしてインストールする

ユーザーは、GSMMO のダウンロード ページから EXE ファイルをダウンロードできます。

次に、こちらの手順に沿ってファイルをインストールできます。

インストール場所

各ユーザーのパソコンでのデフォルトのインストール場所は、C:\Program Files\Google\Google Apps Migration です。

データの読み込み

移行を実施する

GSMMO は各ユーザーのパソコンで 1 インスタンスのみ実行してください。また、ユーザーごとに 1 インスタンスのみ実行してください。

GSMMO を使用した移行について詳しくは、GSMMO のユーザー向けヘルプセンターの記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。