概要: Google エンドポイント管理でデバイスを管理する

サポート対象エディション: Frontline、Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Essentials、Cloud Identity Free および Premium。 エディションの比較

生産性を最大限に発揮するために、ユーザーは仕事で使用している Google アカウントとサービスを、モバイル デバイス、ノートパソコン、デスクトップ パソコンを使ってどこからでも利用したいと考えています。一方で管理者は、組織のデータを安全に保ちたいと考えています。Google エンドポイント管理を使用すると、ユーザーのモバイル デバイス、デスクトップ パソコン、ノートパソコンなどのエンドポイント間で、組織のデータをより安全に扱うことができます。

デバイス管理の目的

 

モバイルの基本管理

モバイルの基本管理はデフォルトで有効になっており、不正使用の防止など、中核となるセキュリティ機能が提供されています。モバイルの基本管理を使用する場合、ユーザーがデバイス管理アプリをインストールする必要はありません。

設定: 自動的に適用されます。ユーザーによる設定は必要ありません。

管理オプション:

基本管理の詳細

 

モバイルの詳細管理とアプリの管理

組織のデータをより綿密に管理する必要がある場合は、モバイルの詳細管理を使用してください。より安全なパスワードの設定を必須にしたり、デバイスをリモートワイプしたり、iOS アプリを管理したり、Android の仕事用プロファイルを使用したりといったことを行えます。

設定: すべてまたは一部のモバイル デバイス プラットフォームおよび組織部門に対して詳細管理を有効にします。ユーザーは各自のデバイスに管理アプリをインストールする必要があります。

管理オプション:

詳細管理を設定

 

デバイスの安全性の確保

組織のデータへのアクセスを許可するノートパソコンやデスクトップ パソコンなどのエンドポイントを指定し、それらのデバイスの詳細情報の取得、デバイスのブロック、リモートによるユーザーのログアウト、コンテキストアウェア アクセスの使用が可能になります。

パソコンを管理

 

会社所有デバイスの管理

Google Workspace 管理コンソールでは、会社が所有するすべてのデバイス(モバイル デバイス、ノートパソコン、デスクトップ パソコン)を 1 か所で管理できます。

このようなあらゆる種類のプラットフォームとデバイスを会社の資産として調達、登録、管理する方法をご確認ください。

会社所有デバイスを設定

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。