組織のモバイル端末の管理

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

Google モバイル管理を使用して、組織のモバイル端末を管理、保護、モニタリングできます。スマートフォンやタブレット、スマートウォッチなど、さまざまな端末の管理が可能です。組織の従業員は個人用端末を業務に使用することも(BYOD)、配布された会社所有端末を利用することもできます。

モバイル管理には、基本管理と詳細管理の 2 つのレベルがあります。基本管理と詳細管理では、利用できる機能が異なります。一部の高度な機能(端末監査やルールなど)は、エディションによっては利用できません。詳細については、モバイル管理機能の比較をご覧ください。

モバイルの基本管理

基本管理では、モバイル端末の画面ロックやパスワードを必須にすることで、企業データを安全に保つことができます。紛失や盗難の場合は、端末から企業情報をワイプすることもできます。企業データにアクセスする端末のリストは、Google 管理コンソールで確認できます。

基本管理はデフォルトで有効になっているため、何もする必要はありません。オフにした場合は、基本のモバイル端末管理を設定するをご覧ください。端末を管理するために、ユーザーが何かをインストールする必要はありません。ユーザーは、端末上で自分の会社のメールアドレスを使ってログインするだけです。

: 一部のアカウントでは、基本のモバイル管理がデフォルトで有効になっていない場合があります。詳細については、デフォルトで有効になっているモバイル管理を使ってセキュリティを強化を参照してください。

モバイルの詳細管理

組織のデータにアクセスするモバイル端末をより詳細に管理したい場合、詳細管理を使用します。。

  • 端末により強力なパスワードを適用する。
  • 推奨する仕事用アプリをユーザーがおすすめアプリのカタログから入手できるようにする(Android と iOS)。
  • 仕事用プロファイルを使用して、Android 搭載端末で仕事用アプリと個人用アプリを区別する。
  • モバイル ネットワーク、Wi-Fi、スクリーン キャプチャなどの端末設定や機能へのアクセスを制限する。
  • 設定したポリシーに準拠していることを確認し、ユーザー、端末、OS バージョンに関するレポートを取得する。
  • 詳細管理を有効にする方法については、モバイル端末の詳細管理を設定するをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。