組織向けの Google グループの設定

管理者は、チームによるグループの使用方法を管理できます。

Turn on Groups for Business

1. 組織での Google グループの使用方法を決定する
管理コンソールでのみグループを作成するか、ビジネス向け Google グループでユーザーが独自にグループを作成できるようにするかを選択します。後者の場合、ビジネス向け Google グループをオンにします(Google Cloud アカウントで新しいサービスが自動的にオンになるよう設定されていない場合)。詳しくは、ビジネス向け Google グループをオンまたはオフにする方法をご覧ください。

2. ビジネス向け Google グループの共有オプションを設定する
ビジネス向け Google グループをオンにしている場合は、共有オプションを設定してグループ サービスで何が行えるかを指定します。サービスを使用できるユーザー、グループを作成できるユーザー、外部ユーザーを追加できるユーザーなどのオプションを指定します。

3. グループ サービスのウェブアドレスをカスタマイズする
ビジネス向け Google グループを使用する場合は、ユーザーが簡単にグループ ディレクトリを見つけられるように、ウェブアドレスを覚えやすいものに変更できます。たとえば、デフォルトの groups.google.com/a/[ドメイン名].com という長いアドレスではなく、groups.[ドメイン名].com でグループ ディレクトリにアクセスできるようにします。

4. LDAP サーバーからメーリング リストを移行する
メーリング リストが LDAP サーバーにある場合は、Google Cloud Directory Sync(GCDS)を使用して Google グループに移行できます。このツールを使用すると、LDAP サーバー上のメーリング リストのグループを作成できます。GCDS で同期できるのはグループとそのメンバーのみで、グループのコンテンツや設定は同期されません。詳しくは、GCDS の詳細をご覧ください。

5. グループを作成する
メーリング リストウェブ フォーラムQ&A フォーラムなど、組織のグループを作成します。ビジネス向け Google グループを有効にしている場合は、共同トレイのグループを作成できます。このグループは、テクニカル サポートやカスタマー サービスを担当するチームで有用です。

Support your users

6. ユーザーをサポートする
ビジネス向け Google グループを有効にした場合は、サービスについてユーザーに周知してください。Google グループについてユーザーに知らせる際に使用できるメール テンプレートをご用意しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。