ユーザーを管理者にする

G Suite アカウント内の他のユーザーを管理者にして、そのユーザーが Google 管理コンソールで管理タスクを実施できるようにします。そうすることで、管理者が対応できないときに、別のユーザーがパスワードの再設定などの一般的なタスクを行うことができます。

管理者権限を持つユーザーが Google アカウントにログインすると、管理コンソールが表示されます。

ユーザーを特権管理者にする

ユーザーに管理コンソールへのフルアクセスを許可する方法は次のとおりです。

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストでユーザーを探します。検索のヒントについては、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [管理者ロールと権限] をクリックします。

    管理者ロールのリンクにカーソルを合わせる

  6. [特権管理者] のロールをクリックします。

    各役割の横にスライダーが表示されます。

  7. [特権管理者] の横にあるスライダーをクリックし、割り当て済み "" にします。
  8. [保存] をクリックします。

    ヒント: 下の [権限] には、そのユーザーが持つすべての権限が表示されます。

  9. 重要: 新しい管理者には自分のアカウントに再設定オプションを追加してもらいます。

通常、ユーザーは数分以内に管理者になりますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。

特権管理者ロールを持つ管理者がアカウントにログインすると、管理コンソールのホームページが表示されます。このページに、組織のユーザー アカウントとサービスを管理するためのすべてのコントロールが表示されます。

ビジネス向けの詳細オプション

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。