チーム用に Gmail を設定する

組織の G Suite チームで Gmail を利用しましょう。G Suite に申し込んでドメインの所有権を確認したら、職場や学校のメールアドレスを Gmail で利用できるようになります。利用を開始する方法は次のとおりです。

G Suite 管理者による操作

  1. Gmail サービスを有効にする
    Google 管理コンソールにログインし、Gmail サービスを有効にします。
  2. ユーザー アカウントを作成する
    Gmail を使用する組織内のすべてのユーザーに、各自の G Suite アカウントが必要です。
  3. ドメインのメールフローを Google サーバー経由にする
    Gmail に移行する準備ができたら、ドメインの MX レコードを Google サーバーにリダイレクトします(試験運用の場合など、既存のメールサービスと並行して Gmail を導入する場合は、高度な配信オプションをご覧ください)。
  4. 送信者を SPF で認証する
    職場のアドレスから迷惑メールを送信したように偽装され、そのドメインから実際に送信した正当なメールが迷惑メールと誤認されることを防ぐため、DNS 設定に SPF レコードを追加します。

    SPF レコードを追加しないと、ユーザーが Gmail から送信したメールが受信者側の迷惑メール検疫に入れられてしまう可能性があります。今すぐ SPF レコードを追加

  5. 他のドメイン名を追加する
    複数のドメイン名を所有している場合は、Google Cloud アカウントにすべて追加できます。これにより、ユーザーは複数のドメインでアドレスを利用できます。
  6. Gmail のウェブアドレスをカスタマイズする
    ユーザーが mail.yourdomain.com から Gmail ページにアクセスできるようにします。
  7. ユーザー向けのビジネス オプションを有効にする
    オフライン アクセス、開封確認、Gmail Labs など、ユーザーが使用する Gmail の機能を有効にします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。