G Suite の Gmail の管理

G Suite Gmail は Google の Gmail サービスの拡張版で、あらゆる規模の組織にビジネス品質のパフォーマンス、セキュリティ、機能を提供します。詳しくは、G Suite での Gmail の機能についてのページをご覧ください。

G Suite の管理者は次のことを行えます。

チームのビジネス用メールを Gmail に移行する
G Suite アカウントの各ユーザーは、各自のビジネス用のメールアドレスを Gmail で使用することができます。現在、このアドレスを古いメール プログラムで使用している場合は、移行する時期を決定できます。ドメインの MX レコードを変更しない限り、Gmail アカウントへのメールの配信は開始されず、古いメール プログラムへの配信が停止することもありません。

数人のユーザーで Gmail を試験運用する
試験運用プログラムを実行すると、チーム全体を移行する前に、数人のユーザーで Gmail を評価できます。試験運用によってユーザーのメールサービスが中断されることはありません。また、すべてのユーザーが、引き続き現在のメールアドレスを使用できます。

メールの脅威から保護する
不正業者は、ドメインの差出人アドレスを偽って、迷惑メールがあなたのドメインのユーザーから発信されたかのように装うことがあります。このような不正行為を防ぐには、ドメインから送信されたメールを認証する 3 種類の偽装対策をおすすめします。

以前のメールから Gmail への移行についてチームをサポートする
他のプログラムやウェブサービスから G Suite に移行する場合は、チームの既存のメール、連絡先、カレンダーを移行できます。メールを G Suite に移行するには、組織の規模や移行元のシステムに応じて複数の方法があります。

ユーザー向けに Gmail のビジネス機能を有効にする
管理コンソールの設定で、ユーザー向けのビジネス機能(オフライン アクセス、開封確認メッセージ、Outlook や他のメールクライアントを使用するオプションなど)を有効にします。

メールログ検索を使用してメールフローの問題を分析する
メールログ検索ツールを使用して、見つからないメールを追跡したり、送信者や受信者の IP アドレスを特定したり、メールの配信に関するその他の問題を解決したりできます。

次のステップ: 組織向けに Gmail をセットアップする

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。