ユーザーの Google+ を有効または無効にする

Drive Enterprise エディションをご利用の場合、このサービスを利用するには G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。

Google+ が有効になっていれば、Google+ を会社や学校でのコラボレーションに活用したり、ドメイン外との情報共有に利用したりすることができます。

G Suite 管理者は、組織の管理対象アカウントでどのユーザーに Google+ の使用を許可するかをコントロールできます。Google+ は G Suite のデフォルトで新しいユーザーに対して有効になっていますが、G Suite 管理者は特定のドメイン、組織部門、グループ単位で Google+ の有効と無効を切り替えることができます。Google+ を使用するには、有効な G Suite ライセンスが必要です。

Google+ を有効または無効にする前に、次の要件や注意事項についてよくご確認ください。

Google+ を無効にする前に

ユーザーの Google+ が無効、または有効な G Suite ライセンスが割り当てられていない場合:

  • ユーザーは 新しい Google+ コンテンツを作成したり、他のユーザーの Google+ コンテンツにアクセスすることはできません。 対象のコンテンツには、組織限定のものも含まれます。Google+ を再度有効にし、ユーザーが有効な G Suite ライセンスを取得すると、コンテンツにアクセスしたり新しい投稿を作成したりできます。これには、一般公開の投稿、ドメイン限定の投稿、限定公開で共有された投稿が含まれます。

  • ユーザーの既存の Google+ コンテンツは、そのコンテンツにアクセスできる他の G Suite ユーザーに引き続き表示されます。これには、そのユーザーが作成した Google+ の一般公開コンテンツが含まれます。

  • ユーザーは引き続き自身の Google+ コンテンツにアクセスしたり、アクティビティ ログで削除したりすることができます。

  • ユーザーのすべての表示データを完全に削除するには、ユーザーまたは管理者がユーザーの Google+ プロフィールを削除する必要があります。 自分のプロフィールを削除せずにダウングレード ページにアクセスすると、削除されたデータや削除されていないデータの詳細を確認できます。
    注: ユーザーは、Google+ が有効な場合のみ、自分の Google+ プロフィールを削除することができます。Google+ が無効な場合でも、管理者は Google+ プロフィールを削除することができます

Google+ を有効にする前に

組織単位で Google+ を有効にする前に、有効化の要件と影響についてよくご確認ください。

Google+ がすでに有効になっているかどうかを確認する

新しい G Suite ドメインでは、Google+ が自動的に有効になっています。

既存のドメインで Google+ が有効か無効かを確認する方法は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google+] にアクセスします。
  3. Google+ アイコンの横にステータスが表示されます。
    • オン(すべてのユーザー)
    • オフ(すべてのユーザー)
    • 一部の組織に対してオンにする

たとえば、Google+ のリリース時に次の 2 つに当てはまっていた場合、Google+ は有効になっている可能性があります。

特定のユーザーの Google+ を有効にする
  • 一部のユーザーだけが Google+ を使えるようにするには、そのユーザーのアカウントを組織部門に移動するか、ユーザーをアクセス グループに追加します。
  • 一部のサブドメインのユーザーだけが Google+ を使用できるようにするには、そのドメインの組織部門(組織)にドメイン固有のアカウントを配置し、その組織に対してのみ Google+ を有効にします。詳しくは、複数のドメインの管理組織部門の追加をご覧ください。
  • G Suite ドメインですべてのサブドメインのユーザーが Google+ を使えるようにするには、トップレベル ドメインまたは組織部門で Google+ を有効にします。

Google+ プロフィールが必要

Google+ を使用するには、ユーザーの Google+ プロフィールが必要です。

年齢要件を満たすことが必要

Google+ に参加するには、ユーザーが年齢要件を満たしている必要があります。年齢要件を満たしていないユーザーが Google+ に参加しようとすると、Gmail やその他のサービスなど、そのユーザーのアカウント全体が停止されます。詳細
Google+ の年齢要件を満たしていないユーザーに対して、Google+ を有効にすることがないようにしてください。Google+ は、組織部門内のすべてのユーザーが要件を満たす場合にのみ有効にします。年齢要件を満たさないユーザーが Google+ に登録しようとすると、そのユーザーの G Suite アカウント全体(Gmail やその他のサービスを含む)が無効になりますのでご注意ください。

法的要件

組織のエンドユーザーに Google+ の使用を許可するにあたり、家庭教育の権利とプライバシーに関する法律(Family Educational Rights and Privacy Act、1974 年)や児童インターネット保護法(Children's Internet Protection Act)など、適用されるすべての法令に従う一切の責任は当該組織が負うものとします。

Google+ を有効または無効にする

管理コンソールで Google+ を無効にする
  1. Google+ を無効にする際の注意事項を確認し、変更についてユーザーに通知します。
    1. 削除される Google+ データ、引き続き利用可能な Google+ データについてユーザーに説明します。
    2. 必要に応じて、ユーザーに各自の Google+ プロフィールを削除するよう依頼します(または、ユーザーに代わってプロフィールを削除します)。
  2. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  3. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google+] にアクセスします。
  4. 灰色のボックスの上部にある [サービスを編集] をクリックして [オフ(すべてのユーザー)] をオンにし、すべてのユーザーに対してサービスを無効にします。
  5. [保存] をクリックします。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご覧ください。  

管理コンソールで Google+ を有効にする

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google+ を有効にする際の注意事項を確認します。
  2. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  3. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google+] にアクセスします。
  4. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  5. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、組織部門についてのページをご覧ください。

  6. Google+ を有効にする場合は、チェックボックスをオンにして Google+ の使用条件に同意し、[Google+ を有効にする] をクリックします。
  7. ユーザーに必要なサービスが有効になっていることを確認します。
  8. ユーザーが Google+ を使用できるようになります。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご覧ください。  

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。