検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ユーザー向けに Google+ を有効または無効にする

G Suite 管理者は、組織内のどのユーザーに対して、管理対象である各自のアカウントからの Google+ の使用を許可するかを設定できます。新しい G Suite ユーザーの場合 Google+ はデフォルトで有効になっていますが、管理者がドメインまたは組織部門内のユーザー向けに Google+ を有効または無効に変更することもできます。

Google+ が有効になっているユーザーは、Google+ を会社や学校用のソーシャル ネットワークとして活用したり、ドメイン外部との情報共有に利用したりすることが可能です。

組織で Google+ の使用を開始する前に、次の要件と考慮事項についてよくご確認ください。

Google+ を無効にする前に

注:

  • Google+ を無効にすると、ユーザーは新たに Google+ コンテンツを作成することはできなくなりますが、直接リンクを使用すれば既存のコンテンツに引き続きアクセスすることが可能です。これには、組織限定のコンテンツも含まれます。
  • Google+ を無効にすると、ユーザーは Google+ にログインできなくなりますが、ユーザーがその前に Google+ プロフィールを削除していない限り、一部の Google+ データは引き続き閲覧可能です。たとえば、ユーザーが Google+ プロフィールを削除していない場合、そのユーザーが作成した一般公開の Google+ コンテンツは引き続き表示できます。ドメイン限定のコンテンツは、Google+ が無効にされたドメインでも引き続き表示されます。また、ユーザーが新しいコンテンツを作成したり、既存のコンテンツを変更したりすることはできません。

変更についてユーザーに知らせる

  • ユーザーの Google アカウントからの Google+ へのログインができなくなる日時を知らせます。Google+ を無効にすると、ユーザーは新たに Google+ へ投稿することはできなくなりますが、直接リンクを使用すれば、既存のコンテンツに引き続きアクセスすることが可能です。これには、組織限定のコンテンツも含まれます。
  • Google+ を再び有効にすると、すべてのコンテンツにアクセスできるようになり、ユーザーは新しい投稿を行えます。これには、一般公開の投稿、ドメイン限定の投稿、限定公開で共有された投稿が含まれます。
  • 閲覧可能なすべての Google+ データを完全に削除するには、ユーザーか管理者がユーザーの Google+ プロフィールを削除する必要があります。この場合、Google+ サービスを再び有効にしても、プロフィールのデータにはアクセスできなくなります。
注: ユーザーは、Google+ が有効な場合のみ、各自の Google+ プロフィールを削除できます。管理者は、Google+ が無効な場合でも、Google+ プロフィールをいつでも削除できます。

Google+ を無効にした後も閲覧可能なデータ

ユーザーは各自のプロフィールを削除することなく、ダウングレード ページにアクセスして削除されたデータや削除されていないデータを確認できます。次に例を示します。

Google+ が無効にされたときにユーザーの Google+ プロフィールが削除されていない場合、他のユーザーは次の Google+ データを引き続き閲覧できます。

  • Google+ プロフィール: ユーザーのプロフィールのうち、一般公開されている項目はウェブ上で誰でも見ることができます。
  • 投稿: ユーザーのすべての投稿(文章、写真、動画)は共有相手が見ることができます。

ユーザーの Google+ プロフィールが削除されている場合でも、一部のデータは引き続き閲覧できます。次に例を示します。

  • Google フォト経由で共有された写真や動画は、ユーザーが各自の Google+ プロフィールを削除した場合でも削除されません。
    • 管理者が Google フォトのサービスを無効にしない限り、ユーザーは各自の写真や動画に引き続きアクセスできます。
    • 管理者が Google フォトを無効にした場合でも、ユーザーの写真は削除されません。ユーザーが写真を共有した相手であれば誰でも、これらの写真を引き続き見ることができます。
    • Google フォトを無効にした場合でも、ユーザーの写真には Google アルバム アーカイブからアクセスできます。このアーカイブ サービスは、無効にすることができません。

Google+ を有効にする前に

組織に対して Google+ を有効にする前に、その要件と有効化による影響を理解するために次の情報をご確認ください。

Google+ が既に有効になっているかどうかを確認する

新しい G Suite ドメインでは、Google+ が自動的に有効になっています。

既存のドメインで Google+ が有効または無効になっているかどうかを確認するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google+] にアクセスします。
  3. Google+ アイコンの横にステータスが表示されます。
    • オン(すべてのユーザー)
    • オフ(すべてのユーザー)
    • 一部の組織に対してオンにする

たとえば、Google+ のリリース時に次のすべてに当てはまる場合、Google+ が有効になります。

特定のユーザーに対して Google+ を有効にするには、組織部門を使用します。
選択したユーザーのグループに対してサービスを有効または無効にするには、それらのユーザーのアカウントを組織部門に追加します。

ユーザーは Google+ プロフィールを持っている必要がある

Google+ を使用するには、ユーザーが Google+ プロフィールを持っている必要があります。

ユーザーは 13 歳以上である必要がある

Google+ に参加するには、ユーザーは 13 歳以上である必要があります。この年齢の要件を満たしていないユーザーが Google+ に参加しようとすると、Gmail やその他のサービスを含む、そのユーザーのアカウント全体が停止されます。詳細
Google+ の年齢の要件を満たしていないユーザーには、Google+ を有効にしないでください。要件を満たしているユーザーのみが属する組織部門に対してのみ、Google+ を有効にします。必要な年齢に達していないユーザーが Google+ に登録しようとすると、そのユーザーの G Suite アカウント全体(Gmail やその他のサービスを含む)が無効になりますのでご注意ください。

Google+ ではユーザーの実際の名前を使用する必要がある

Google+ でユーザーがお互いを見つけやすくするために、ユーザーは実際に使用している名前で Google+ に登録する必要があります。詳細

セキュリティ上の考慮事項

ドメイン外の他のユーザーと情報を共有できる

Google+ を使用するには、ユーザーは Google+ プロフィールを作成する必要があります。このプロフィールはウェブ上で誰でも見ることができます。プロフィールは検索エンジンによるインデックス登録を制限することによって見つけにくくすることができますが、ユーザーの名前のみを含む管理者が作成した基本的な Google+ プロフィールは、ユーザーのプロフィールの URL を知っていれば誰でも見ることができます。

プロフィールの検索エンジンによるインデックス登録を制限できる

その他の情報の公開設定

ユーザーが任意でプロフィール写真、キャッチフレーズ、カバー写真を追加した場合、その情報もユーザーのプロフィールの URL を知っていれば誰でも見ることができます(これらの項目の公開範囲は、組織のドメインに制限できません)。その他のプロフィール項目の公開範囲は、組織のドメインや、ドメイン内の特定のユーザーに制限できます。詳しくは、Google+ for Work プロフィールを管理するをご覧ください。

ドメイン外部とコンテンツを共有できる

ユーザーはテキスト メッセージ、写真、動画などのコンテンツをドメイン外の Google+ ユーザーと共有できます。また、ユーザーはあらゆるコンテンツをウェブ上で一般公開できます。ただし、管理者は新しい投稿をドメイン内に制限するようにデフォルト設定を指定することができます。詳しくは、投稿の制限についてのページをご覧ください。

ユーザーはサードパーティ製のアプリケーションにログインできる

Google+ ログインを使用すると、ユーザーは既存の Google の認証情報を使用して、サードパーティ製のアプリケーションに安全にログインすることができます。こうするとユーザーは、サークルを介してオンライン アクティビティを共有するかどうかを選択できます。詳細

ユーザーは Google+ データを書き出しまたは転送することができます

管理者がユーザーのアカウントに対して Google+ を無効にしても、ユーザーのアカウントで Google データエクスポートが使用可能になっていれば(デフォルトでは使用可能になっています)、ユーザーは Google データエクスポートを使用して Google+ データの書き出しまたは転送を行うことができます。このデータには、プロフィール、ストリーム、サークル、連絡先、写真が含まれます。詳細

注: Google データエクスポートを使用するかどうかは、管理コンソールから設定できます。オンとオフの設定は、[アプリ] > [その他の Google サービス] > [Google データエクスポート] にあります。詳しくは、その他の Google サービスのオンとオフの切り替えをご覧ください。

法的要件

組織のエンドユーザーへ Google+ の使用を許可するにあたり、Family Educational Rights and Privacy Act of 1974(FERPA)や Children's Internet Protection Act(CIPA)など、適用されるすべての法令に従う一切の責任がお客様にあります。

Google+ を有効または無効にする

管理コンソールで Google+ を無効にする
  1. Google+ を無効にする前の考慮事項を確認し、変更についてユーザーに知らせます。
    1. 削除される Google+ データ、引き続き利用可能な Google+ データについてユーザーに説明します。
    2. 必要に応じて、ユーザーに各自の Google+ プロフィールを削除するよう依頼します(または、ユーザーに代わってプロフィールを削除します)。
  2. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  3. 管理コンソールのダッシュボードから [アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google+] にアクセスします。
  4. 灰色のボックスの上部でその他アイコン その他、[オフ] の順にクリックし、すべてのユーザーのサービスを無効にします。
  5. もう一度クリックして確定します。
管理コンソールで Google+ を有効にする

開始する前に: 特定のユーザー グループに対してのみサービスのオンとオフを切り替えるには、対象ユーザーのアカウントを組織部門に配置します。

  1. Google+ を有効にする前の考慮事項を確認します。
  2. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  3. 管理コンソールのダッシュボードから [アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google+] にアクセスします。
  4. 灰色のボックスの上部にあるその他の設定アイコン Settings をクリックし、次のいずれかを選択します。
    • オン(すべてのユーザー): サービスをすべてのユーザーに対してオンにします。確定するにはもう一度クリックします。
    • オフ: サービスをすべてのユーザーに対してオフにします。確定するにはもう一度クリックします。
    • 一部の組織に対してオンにする: 一部のユーザーのみ設定を変更します。
  5. [一部の組織に対してオンにする] を選択した場合:
    1. 設定変更の対象ユーザーがいる組織を選択します。
    2. [オーバーライド] か [継承] をクリックします。他の設定によっては一方が無効になっていることがあります。
    3. [オーバーライド] を選択した場合は、[オン] Turn on icon か [オフ] Turn off icon をクリックして設定を切り替えます。

      [継承] を選択した組織では、親組織と同じ設定が利用されます。[オーバーライド] を選択した組織では、親組織の設定にかかわらず、設定のオンとオフを切り替えられるようになります。

    4. [適用] を 2 回クリックして確定します。

    詳しくは、組織構造についてのページをご覧ください。

  6. チェックボックスをオンにして Google+ の使用条件に同意し、[Google+ を有効にする] をクリックします。
  7. ユーザーにとって必須となるサービスも有効になっていることを確認します。
  8. ユーザーに Google+ の使用を開始してもらいます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。