最近削除したユーザーを復元する

削除したユーザー アカウント(管理者アカウントを含む)は、削除後 20 日間以内であれば復元できます。20 日間を経過するとデータは完全に削除され、G Suite サポートでも復元できかねますのでご了承ください。詳しくは、組織からユーザーを削除するをご覧ください。

以前使っていたサービスの利用

組織でご利用の Google サービスが 1 つだけの場合、復元されたユーザーは再び自動的にそのサービスを利用できるようになります。

複数の Google サービスをご利用の場合は、以前そのユーザーに割り当てられていたライセンスで使用できるサービス(自動ライセンス割り当てを有効にしていたサービス)を再び自動的に利用できるようになります。詳しくは、組織内のすべてのユーザーに自動的にライセンスを割り当てるをご覧ください。

自動ライセンス割り当てを有効にしていなかった場合は、手動でライセンスの割り当てをし直す必要があります。詳しくは、ライセンスの割り当てを変更するをご覧ください。

アーカイブ ユーザー ライセンス - アーカイブ ユーザー(AU)ライセンスが割り当てられていたユーザーを復元した場合は、そのユーザーのデータとポリシーが正しく復元されるように、手動でライセンスの割り当てをし直す必要があります。詳しくは、離職した従業員とそのデータを管理するをご覧ください。

G Suite と GCP - G Suite の場合、ユーザーのライセンスが自動または手動で復元されると、そのユーザーは Google Cloud Platform の権限をすべて取り戻し、メールやカレンダーなどの G Suite データに再びアクセスできるようになります。

ユーザーを復元する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストの上にある [フィルタを追加] をクリックし、[最近削除されたユーザー] を選択します。


    このオプションは、ユーザーリストの上部にあります

  4. 復元するユーザーにカーソルを合わせて、復元アイコン "" をクリックします。

    復元するユーザーが表示されている行を参照します
     
  5. 確認のメッセージを確認し 次に [続行] をクリックします。
  6. ユーザーの割り当て先となる組織部門を選択します。

    詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

  7. [復元] をクリックします。

: この変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。

すでに停止されているユーザーまたはデータを譲渡済みのユーザーは、停止中のユーザーとして表示されます。停止中のユーザーにアクセス権を付与するには、停止中のユーザーの再開をご覧ください。

アカウントを復元できない場合

  • ユーザー アカウントを削除してから 20 日以上が過ぎている。
  • そのユーザー名が、他のユーザーのメインのアドレスまたはメール エイリアスとして割り当てられている。またはグループ名に使用されている。
  • 利用できるユーザー ライセンスがない。

ユーザー名が使用されている場合

ユーザーを復元しようとして、そのユーザー名が別のアカウントまたはグループにすでに関連付けられている場合でも、復元できる可能性はあります。

  1. 管理コンソールでユーザー名を検索します。詳しくは、管理コンソールでの検索をご覧ください。
  2. ユーザー名がエイリアス アドレスまたはグループで使用されている場合は、そのユーザー名を変更または削除します。
  3. 上述の手順に沿って、以前にそのユーザー名を使用していたユーザーを復元します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。