通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

カレンダーのログイベント

監査と調査のページ: Google カレンダーでユーザーの予定に対して行われた変更を確認、追跡する
監査ログページが新たに監査と調査のページに変更されました。この変更について詳しくは、監査と調査をより行いやすくするための変更: Google Workspace の新機能をご覧ください。

監査と調査のページを使用して、カレンダー ログイベントに関連する検索を実行できます。このページでは、カレンダー、予定、登録に対する変更を追跡するアクションの記録を確認できます。関連するメール通知を確認することもができます。この情報は、問題に対処する場合や、ユーザーがカレンダー、共有カレンダー、カレンダー内の特定の予定に不一致や予期しない変更があることに気づいた場合に役立ちます。通常、ユーザーの操作は 30 分以内にログに記録されます。

Google ドライブやユーザー アクティビティなど、調査可能なサービスやアクティビティの一覧については、監査と調査ツールについてをお読みください。

監査と調査のページを開く

カレンダーのログイベント データにアクセスする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 左側にある [レポート] 次に [監査と調査] 次に [カレンダーのログイベント] をクリックします。

データをフィルタリングする

  1. 上述のカレンダーの予定のログイベント データにアクセスするの手順に沿って、ログイベントを開きます。
  2. [フィルタを追加] をクリックし、属性を選択します。
  3. ポップアップ ウィンドウで演算子を選択 次に 値を選択 次に [適用] をクリックします。
  4. (省略可)検索に対して複数のフィルタを作成するには:
    1. [フィルタを追加] をクリックして、手順 3 を繰り返します。
    2. (省略可)検索演算子を追加するには、[フィルタを追加] の上にある [AND] または [OR] を選択します。
  5. [検索] をクリックします。

注: [Filter] タブでは、シンプルなパラメータと値のペアを含めて、検索結果をフィルタリングできます。[条件作成ツール] タブを使用することもできます。このタブでは、フィルタは AND/OR 演算子を使って条件として表されます。

属性の説明

このデータソースでは、ログイベント データの検索時に次の属性を使用できます。

属性 説明
アクセスレベル

カレンダーまたは予定のアクセスレベル(他のユーザーにはどのようなアクセス権があるかということ)。次のいずれかの値を入力します。

  • 編集者 - カレンダーに関しては、完全なオーナー アクセス権ですが、アクセス制御設定は変更できません。予定に関しては、このユーザーは予定を編集できます。
  • 予定の有無 - 時間枠における予定の有無のみを見ることができます。
  • オーナー - カレンダーのプロパティ、アクセス制御、および予定への完全なアクセス権。
  • 読み取り - カレンダーのプロパティ、アクセス制御、および予定への読み取りアクセス権。
  • 最上位 - 完全なオーナー権限と設定へのアクセス権。ドメイン管理者に使用します。
  • なし - カレンダーや予定を表示できません。
アクター 操作を行ったユーザーのメールアドレス
アクター グループ名

アクター グループの名前。詳しくは、Google グループで結果をフィルタするをご覧ください。

フィルタ グループの許可リストにグループを追加するには:

  1. [アクター グループ名] を選択します。
  2. [フィルタ グループ] をクリックします。
    [フィルタ グループ] ページが表示されます。
  3. [グループの追加] をクリックします。
  4. グループ名またはメールアドレスの最初の数文字を入力してグループを検索します。目的のグループが表示されたら、そのグループを選択します。
  5. (省略可)別のグループを追加するには、グループを検索して選択します。
  6. グループの選択が完了したら、[追加] をクリックします。
  7. (省略可)グループを削除するには、 をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
アクターの組織部門 アクターの組織部門
API の種類 ログに記録された操作に使用された API。以下のようなオプションがあります。
  • Android(Google 製とサードパーティ製のカレンダー アプリケーション)
  • CalDAV(通常は Apple デバイス)
  • Calendar API
  • iOS 版カレンダー
  • ウェブ版カレンダー
  • Gmail の ICS パーサー(他のカレンダー システムからの予定に関するメール)
  • Gmail からの予定
  • EWS(カレンダーの相互運用で使用)
予約スケジュールのタイトル 予約スケジュールのタイトル
カレンダー ID ログに記録されている操作が行われたカレンダーの ID(たとえば、予定が入っているカレンダー、ユーザーが登録できるカレンダーなど)。多くの場合、この属性の値はユーザーのメールアドレス(例: user@example.com)です。
クライアントサイド暗号化 カレンダー イベントにクライアントサイド暗号化を適用するかどうかを指定します。
日付 イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)
イベント ログに記録されたイベント アクション([予定の削除]、[カレンダーのタイトルの変更]、[予定からのゲストの削除] など)
予定の終了時間* 予定の終了時間
予定 ID カレンダーの予定の ID
予定の開始時間* 予定が開始された時間
予定のタイトル カレンダーの予定のタイトル
ゲストからの返答のステータス カレンダーの招待状に対するゲストの返答([承諾済み]、[辞退]、[未定] など)
相互運用に関するエラーコード 失敗したリクエストに関連付けられたエラーコード。カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。
IP アドレス ログに記録された操作に関連付けられたインターネット プロトコル(IP)アドレス。通常はユーザーの物理的な位置を表しますが、プロキシ サーバーまたはバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)のアドレスである場合もあります。
新しい値* 属性の新しい値。たとえば、新しいカレンダーのタイトル、新しいカレンダーの説明、新しい場所を入力します。
通知メッセージ ID メール通知の ID
通知方法 通知が送信されるメディア。次のいずれかの値を選択します。
  • アラート - ポップアップ ウィンドウやアラームによる通知
  • デフォルト - カレンダーのデフォルトの通知メカニズム
  • メール
  • SMS
通知の種類 通知セットの種類([カレンダーへのアクセスを許可]、[予定のキャンセル]、[新しい予定] など)
予定の古いタイトル カレンダーの予定のタイトルが変更された場合、予定の以前のタイトルです。
主催者のカレンダー ID この予定の主催者のカレンダー ID
定期的 カレンダーの予定が定期的です。
リモート Exchange サーバーの URL* Exchange Web サービス(EWS)のエンドポイントの URL。この属性は、カレンダーの相互運用が有効になっている場合にのみ使用できます。
リクエストした期間の終了時刻* ログに記録されたアクションがある時間枠に関連付けられている場合、このフィールドにはその時間枠の終了時刻が含まれます。たとえば、カレンダーの相互運用での空き情報の検索の終了時刻などです。
リクエストした期間の開始時刻* ログに記録されたアクションがある時間枠に関連付けられている場合、このフィールドにはその時間枠の開始時刻が含まれます。たとえば、カレンダーの相互運用での空き情報の検索の開始時刻などです。
登録者のカレンダー ID ユーザーがカレンダーに登録している場合、この項目にはユーザーのカレンダー ID が含まれます。
ターゲット* アクセス権が変更された場合、または受信者のメールアドレスが変更された場合に、ゲストのメールアドレスまたはアクセス権の割当先のメールアドレスを指定できます。
ユーザー エージェント カレンダーの予定に関連付けられたユーザー エージェント ソフトウェア
* これらのフィルタを使用してレポートルールを作成することはできません。詳しくは、レポートルールとアクティビティ ルールに関する記事をご覧ください。

ログイベント データを管理する

検索結果の列データを管理する

検索結果に表示するデータ列を設定できます。

  1. 検索結果の表の右上にある、列を管理アイコン をクリックします。
  2. (省略可)現在の列を削除するには、削除アイコン をクリックします。
  3. (省略可)列を追加するには、[新しい列を追加] の横にある下矢印アイコン をクリックしてデータ列を選択します。
    以上の手順を必要なだけ繰り返してください。
  4. (省略可)列の順序を変更するには、目的のデータ列名をドラッグします。
  5. [保存] をクリックします。

検索結果データをエクスポートする

  1. 検索結果の表の上部にあるすべてエクスポート アイコンをクリックします。
  2. 名前を入力し 次に [エクスポート] をクリックします。
    書き出しの結果は、検索結果の表の下にある [「エクスポート」操作の結果] に表示されます。
  3. データを表示するには、エクスポートの名前をクリックします。
    書き出したデータが Google スプレッドシートで開きます。

レポートルールを作成する

レポートルールの作成と管理をご覧ください。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー