Google Workspace for Education の保存容量

4. 保存容量の上限を設定する

Google Workspace for Education の各種エディションを対象とする新しいストレージ ポリシーでは、100 TB のストレージ プールを基本容量として提供するほか、保存容量を追加するオプションもご用意しています。教育機関のストレージ プールを割り当てるには、組織部門またはグループ内のユーザーに保存容量の上限を設定します。

保存容量の上限設定に関するヒント

  • 最初に組織部門の上限を設定する:  まず、最上位の組織部門に基準値となる保存容量の上限を設定し、すべてのユーザーにこの上限が適用されるようにします。次に、子組織部門の保存容量上限を設定して、基準値を上書きします。親組織部門を優先するよう設定されている場合、新しい組織部門には親組織部門の上限が継承されます。それ以外の場合は、最上位の組織部門の上限が継承されます。
  • 追加の保存容量が必要なユーザーのグループを作成する: ユーザーによっては、特定のプロジェクトに携わるときなど、状況に応じて保存容量の上限を柔軟に設定する必要があります。このような一時的なニーズに対応するために、追加の保存容量が必要なユーザー向けに設定グループを作成します。必要な期間、このグループに追加することで、組織部門の保存容量上限の適用対象外にすることができます。
  • 生徒と教師に異なる上限を設定する: 手始めに、たとえば生徒(グループまたは組織部門ごと)には 3 GB、教師には 10~15 GB の保存容量上限を設定します。ただし、現在のストレージ使用量を分析し、校内や学内での一般的な使用量を確認することをおすすめします。
  • ストレージ ポリシーの変更を通知する: 保存容量上限の適用を開始することをユーザーに知らせます。メール通知のテンプレートについては、ポリシーの変更をユーザーに通知するをご覧ください。

その他のおすすめの方法については、管理者向けストレージ ガイド をダウンロードしてご確認ください。

保存容量の上限を設定する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [ストレージ] にアクセスします。
  3. [ストレージの設定] で [管理] をクリックします。
  4. 左側で、保存容量の上限を適用するエンティティをクリックします。
    • 組織部門 - 目的の組織部門をクリックします。
    • グループ - [グループ] をクリックします。検索フィールドをクリックし、グループ名の入力を開始して、目的のグループをクリックします。

      グループの保存容量の上限は、常に組織の上限よりも優先されます。グループの設定で互いに優先するグループを指定することもできます。設定グループに関する記事で詳細をご確認ください

  5. [ユーザーの保存容量の上限] で [オン] を選択し、保存容量を設定します。
  6. [保存] をクリックします。

ユーザーが保存容量の上限を超えた場合

保存容量上限の適用後にユーザーが上限を超えると、Google Workspace で次のような影響を受けます。

  • 新しいファイルや画像を Google ドライブにアップロードできなくなります。
  • コンテンツ共同作成アプリ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard など)で新しいファイルを作成することはできません。ストレージ使用量を減らさない限り、影響を受けたファイルの編集やコピー、そのユーザーが所有するフォームの送信は、どのユーザーも行えなくなります。
  • 写真と動画を Google フォトにバックアップできなくなります。
  • Google Meet で新しい会議を録画できなくなります。
  • Google Workspace for Education アカウントへのログインとアクセス、ファイルの閲覧とダウンロード、メールの送受信は、引き続き行えます。注: Google Workspace for Education 以外のライセンスを持つユーザーは、保存容量の上限を超えるとメールの送受信ができなくなります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false