帯域幅に関する制限事項

アカウントがロックされた場合: G Suite 管理者は Google 管理コンソールの [ユーザー リスト] で、上限に達した制限の詳細と、再びアクセスできるようになる時期を確認できます。管理者が Gmail の停止をリセットできる場合もあります。

G Suite の帯域幅に関する制限事項

システムの健全性とお客様のアカウントの安全性を維持するために、すべての G Suite アカウントに帯域幅の上限が設けられています。Gmail アカウントをモバイル端末やメール クライアントと同期するなど、大量のデータを短期間に転送する操作を行うと、アカウントの帯域幅の上限に達することがあります。

同期に関する具体的な推奨事項については、同期に関する制限事項をご覧ください。上限に達すると安全機能が働き、一時的にアカウントでの IMAP 経由のアップロードが停止されます。

すべての G Suite エディションに次の制限が適用されます。Google のインフラストラクチャ保護のため、これらの制限値は予告なく変更されることがあります。

帯域幅の制限

制限 1 時間あたり 1 日あたり
ウェブ クライアントでのダウンロード 750 MB 1,250 MB
ウェブ クライアントでのアップロード(Gmail SMTP 経由で送信されたメールを含む) 300 MB 750 MB

 

POP と IMAP の帯域幅に関する制限事項

制限 1 日あたり
IMAP でのダウンロード 2,500 MB
POP でのダウンロード 1,250 MB
IMAP でのアップロード 500 MB

 

IMAP と POP3 の設定について詳しくは、Gmail ヘルプセンターPOPIMAP についての記事をご覧ください。

移行が必要な場合は、メールボックス全体のダウンロードを 1 か月あたり約 3 回行うことができます。

影響

停止中のアカウントにログインしようとすると、ログインページにエラー メッセージが表示されます。この停止状態は、多くの場合 1 時間程度で解消しますが、最長で 24 時間続くこともあります。停止が解除されると帯域幅制限は自動的にリセットされ、ユーザーは再びアカウントにアクセスして使用できるようになります。

原因

IMAP を使用した移行や一括操作

IMAP でのダウンロードの帯域幅制限を超過する場合は、次の推奨事項を確認してください。

  • IMAP を使用する場合は、サイズの大きなアイテムのコピーと貼り付け操作、ドラッグ&ドロップ操作を行わない
  • 移行する場合は、サポートされる移行方法を使用し、IMAP でメールをアップロードしない
  • 大量のデータをダウンロードする必要がある場合は、使用するツールを調整するか、分割してダウンロードする

連続での試行

メール クライアントによっては、失敗した操作を繰り返すことによってアカウントの帯域幅制限を超えることがあります。保留中の操作を再試行しないよう、すべてのクライアントでプロファイルや同期関係を再作成してみてください。

推奨事項

メールのラベル数を減らす

Gmail のラベルの総数と各メールに適用するラベルの数を減らすと、Google アカウントからメール クライアントに転送する必要のあるフォルダやメールの数が少なくなります。使用するラベルは 500 個以下にしてください。

他のリソースを使用してファイルを転送、共有する

サイズの大きな多数のファイルを同時に共有する場合は、メールに代わる手段を試してください。メール アカウントで多くの帯域幅を消費する危険性を減らすために、Google ドライブGoogle サイトGoogle フォトYouTube など、他の Google サービスを使用してください。

IMAP の帯域幅に関する制限事項

以下のガイドラインは IMAP を使用してメールを Gmail と同期する、すべてのアプリケーションに適用されます。これには一般的なメール クライアント、バックアップ ツール、BlackBerry® Internet Service(BIS)が含まれます。他の同期方法について詳しくは、同期の帯域幅制限をご覧ください。

IMAP クライアントを管理する

クライアントを複数利用するとすべてのメッセージが複数回ダウンロードされ、帯域幅の消費もクライアント数に伴って増加します。IMAP クライアントを管理するには、次の操作を行います。

  • 未使用の IMAP クライアントは削除するか無効にする
  • 使用していない IMAP クライアントは終了する
  • すべてのクライアントが推奨される IMAP クライアントの設定に沿って設定されていることを確認する

不要な IMAP クライアントを確認する

G Suite データのバックアップを行うツールやサービスでは、多くの場合、IMAP を使用してメールにアクセスします。このようなサービスを使用している場合は、設定が適切であることをご確認ください。ユーザーや管理者が同期クライアントを設定した後、クライアントの利用停止後も無効にしないままにしていたり、IMAP を使用して G Suite にアクセスするサービスやツールの存在に気付いていなかったりすることもあります。

  • 管理者は、IMAP を使用する G Suite Marketplace アプリがないかどうかを Google 管理コンソールで確認する必要があります。
  • ユーザーは、Google アカウント許可ページを開いて [接続済みのサイト、アプリケーション、サービス] や [アプリケーション固有のパスワード] の不要な項目を取り消します(該当する場合)。
  • G Suite パスワードを変更し、変更前のパスワードで設定した同期クライアントからアカウントにログインできないようにします。次に、必要なクライアントを数時間おきに 1 つずつ有効にして、問題のクライアントを特定します。

IMAP 同期設定を確認する

IMAP でのダウンロードの帯域幅制限を超過する場合は、次の推奨事項を確認してください。

  • Gmail 設定の [メール転送と POP / IMAP] タブで [フォルダサイズの制限] の値を変更して、各ラベルで同期するメッセージの数を減らします。
  • Gmail 設定の [ラベル] タブで [IMAP で表示] チェックボックスを使用して、同期するラベルの数を減らします。同期するラベルは 200 個以下にしてください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。