データ エクスポートの監査ログ

ユーザーによる Google データ エクスポートの操作を確認する

データ エクスポートの監査ログを確認することで、組織内のどのユーザーが Google データ エクスポートを使って自分のデータのコピーをダウンロードしたかを把握することができます。この監査ログには、ユーザーによる書き出しの開始日時、書き出しの完了日時などの情報が記録されます。

他のサービスおよびアクティビティ(Google ドライブやユーザー アクティビティなど)の監査ログについては、利用可能な監査ログのリストをご確認ください。

データ エクスポートの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [監査ログ] で、[データ エクスポート] をクリックします。
  4. (省略可)表示するデータをカスタマイズするには、右側の列を管理アイコン "" をクリックします。表示または非表示にする列を選択 次に [保存] をクリックします。

 

表示できるデータ

データの種類 説明
イベントの説明 操作に関する詳細情報(データ エクスポートを開始したユーザーの名前、イベントの名前など)
リクエストされたサービス ユーザーデータの書き出しが行われた Google のサービス
ジョブ ID ユーザーの書き出しジョブに対する一意の識別子
日付 イベントの発生日時(お使いのブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)
IP アドレス

データ エクスポート イベントを実行したユーザーの IP アドレス。IP アドレスは、通常はユーザーの物理的な場所を表しますが、プロキシ サーバーまたは VPN アドレスである場合もあります。

: IP アドレスはデフォルトでは表示されません。IP アドレスを表示するには、列を管理アイコン "" 次に [新しい列を追加] の下矢印アイコン "" 次に [IP アドレス] 次に [保存] をクリックします。

イベント名と説明の詳細

[フィルタを追加] で [ユーザー名] を選択すると、指定したユーザーのデータのみを表示することができます。設定した期間中のそのユーザーに関する各イベントのログエントリが、監査レポートに表示されます。ほとんどのイベントにはわかりやすい名前が付いています。たとえば、書き出しの完了を示すイベントには、[ユーザーのデータ エクスポートが完了しました] と表示されます。

ただし、[ユーザーのデータ エクスポートを行いました] のように、より詳細なログデータが表示される場合もあります。このデータには、ユーザーによる書き出しの開始日時、書き出し対象として指定されたサービスのリスト、ジョブ ID が記録されます。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。